魅力たっぷりのボホール島で「ターシャ」に出会おう!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

DSC_7061ボホール島(Bohol Island)は、セブ島からフェリーに乗ってたったの2時間で行くことのできる、国内で10番目に大きな島です。綺麗な海はもちろん、「チョコレート・ヒル」と呼ばれる丘や、「ターシャ」という世界最小のメガネザルの生息地としてとても有名です。ここ数年、日本のメディアにも取り上げられ、エコツアーが盛んなセブ島には無い大自然の息吹が残った、ネィチャーアイランドです。


世界最小のメガネザル「ターシャ」


DSC_7097 ボホールには世界最小のメガネザル、ターシャが生息しています。体重は120g、体長20~30cmと手乗りサイズ。顔の半分はあろうかという程の大きな目が印象的な夜行性の動物です。きょとんとした大きな目が愛らしく、とっても人気!(カメラを向けるときは、フラッシュは使わないようにご注意ください。)

 


チョコレート・ヒル


DSC_7100チョコレート・ヒルは島のちょうど真ん中あたりにあり、高さ30m~40m程の円錐型の丘が約1000個も連なる幻想的な光景が広がっています。4~6月の乾季には、緑の丘が枯れて茶色になり、見た目がチョコレートみたいなので、この様な呼び名がついたそうです。貝殻が多く出土していて、大昔は海底だったと言われていますが、いまだに形成時期や理由はまだはっきりと分かっていないそうです。地元のお土産はカラマイというココナッツともち米そしてブラウンシュガーを練ってココナッツの殻に入れたお菓子があります。少し重いのですがほんのり甘くて美味しい餅菓子です。

 


ボホールツアー詳細


セブ島からフェリーに乗ってたった2時間!
チョコレート・ヒルや世界最小のメガネザル、ターシャなどで人気なボホール島へ行きませんか?
屋形船で川を下りながらのリバークルーズ・ランチ付きで1日楽しめるパッケージプランをご用意しました。

 

《7:00-8:30 》    ホテルお迎え

《8:40             セブ港着

9:20             セブ港を出発(高速艇)

11:20           タグビララン港に到着

11:30           ロボックリバーに向けて出発

12:40           リバークルーズランチ

13:50           ターシャ保護地域に向けて出発

14:10           ターシャ

14:40           チョコレートヒルズアドベンチャーパークに向けて出発

15:15           チョコレートヒルズ

15:45           バクラヨン教会に向けて出発

16:45           バクラヨン教会

17:00           血盟記念碑に向けて出発

17:10           血盟同盟記念碑

17:20           タグビララン港に向けて出発

17:35           タグビララン港に到着

18:30           タグビララン港を出発(高速艇)セブ港着

21:30           ホテル到着

 

こんなに魅力たっぷりのボホール島。セブ島に来たなら、一度は訪れてみてください!!!

 

名前 詳細 価格
座席:エコノミークラス 大人(10歳以上) USD 120
座席:エコノミークラス 子供(4~9歳) USD 100
座席:エコノミークラス 幼児(0~3歳) 無料
座席:ビジネスクラス 大人(10歳以上) USD 155
座席:ビジネスクラス 子供(4~9歳) USD 135
座席:ビジネスクラス 幼児(0~3歳) 無料
ボホール島発着プラン 大人(10歳以上) USD 80
ボホール島発着プラン 子供(4~9歳) USD 70
ボホール島発着プラン 幼児(0~3歳) 無料

toiawase

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top