【セブ島の観光スポットまとめ】半日で市内観光!セブの歴史を巡る!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

セブ島といえば、ビーチやマリンアクティビティが定番!
ですが、セブ市内やマクタン島にはセブの歴史を知ることができる観光スポットがいくつかあるんです♪

 

リゾートホテルが立ち並ぶエリアのマクタン島から、セブ市内までは車で約1時間ほど。(渋滞状況によって変動あり)

今回紹介するセブ島の観光地は半日で周れるので、少し空いた時間にセブの観光地巡りをしてみてはいかがでしょうか。

 


9:30~10:00 ラプラプ像・マクタンシュライン


 

朝9時ごろにマクタン島のホテルを出発して、車移動約30分。

 

 

ラプラプ像とは、1521年にマゼランとマクタン島のラプラプ王との戦いで、ラプラプが勝利したことを称えるもの。

 

 

また、同じ場所には「マクタンシュライン」というお土産屋さんが立ち並んでいます。

 

 

ここでは、セブのお土産定番のキーホルダーなどが約5ペソ~と格安で購入できます。

セブ島らしい南国ワンピースや、サンダル、カゴバッグなども売っているので、お土産を買うのにもおすすめの観光地です♪

 

 

Lapu-Lapu Monument & Mactan Shrine
ラプラプ像・マクタンシュライン


9:00 – 21:00(変更あり)
Barangay Mactan, Lapu-Lapu City

 

 

 


10:10~10:30 ギター工場


 

 

次に、マクタンシュラインから車で約10分のところにある「Alegre Guitars」へ。

 

実は、フィリピンは世界的にギターの産地として知られており、特にセブ・マクタン島マリバゴエリアにはギター工場が集中しています。

その中でも有名なこちらのギター工場は、観光地として多くの観光客が訪れます。

 

 

ギター職人のおじさんたちが、1つずつ丁寧にギターを手作りで作っている工程を見ることが出来ます。

ここで作られたギターを購入することも可能!

 

予約なしで誰でも入れるので、ギター好きの方や、時間に余裕のある方は覗いてみてください。

 

 

Alegre Guitars
アレグレ ギター工場


8:00 – 18:00(変更あり)
Pajac-Maribago Rd, Lapu-Lapu City

 

 

 


11:40 セブ ヘリテージ モニュメント


 

 

マクタン島から車で移動すること約70分、セブ市のコロンという地域に到着。

 

ここには、セブ島の歴史の中で最も影響を及ぼした出来事である、セブの君主”ラジャ・フマボンが”、殉教者”ペドロ・カルンソッド”を授福している様子を現したものです。

 

公園の広場の様な場所で、入場料などはかかりません。

 

Cebu Heritage Monument
セブ ヘリタージ モニュメント


Colon Street, Parian Plaza, Cebu City

 

 
 


11:40~11:50 ヤップさんの家


 

 

セブヘリテージモニュメントから徒歩1分ほど、すぐ近くにあるのが「ヤップさんのお家」。

 

 

今から300年以上前に建てられた中国貿易商人Yapさんの家で、「フィリピン最古の家」としてセブ島の観光地となっています。
フィリピン人の観光客からも人気の観光地!

 

中には、当時のインテリアなどビンテージのものが多く飾られています。

 

Yap sandiego heritage house
ヤップさんのお家


入場料 P50
9:00 – 24:00
155 Mabini St. Parian, Cebu City

 

 

 


12:00 マゼランクロス


 

 

先ほどのヤップさんの家から、車で約5分のところにある「マゼランクロス」。

 

キリスト教布教のためにセブ島に訪れた冒険家”マゼラン”が、 フィリピンで最初にキリスト教徒となった”フマボン王”と王女”ファナ”、 そして400人の臣下が洗礼を受けた地に建てたと言われる木製の十字架。

万病に効くと信じ、十字架を削り取って持ち帰る人が絶えなかったため、 全壊を防ぐために 1984年に八角堂が造られ、十字架の外側も複製になりました。

 

 

Magellan Cross
マゼランクロス


月~木土日 5:00 – 18:45
金曜日 4:00 – 21:30
Santo Nino Chapel Lane, Cebu City

 

 
 


12:10 サントニーニョ教会


 

 

マゼランクロスのすぐそばにある「サントニーニョ教会」は、1565年に建てられたフィリピン最古の教会です。

 

 

教会の守護聖人サント・ニーニョ(幼きイエス・キリスト像)はマゼランがファナ女王に贈ったもので、人々が奇跡の守護神として崇拝しており、毎週土日は今もセブ島の現地の人が列をなすほど多くの信者が訪れています。

 

 

サントニーニョ教会が位置する場所は、セブ島のコロンストリートという地域で、物乞いや盗難が多い少し危ない場所なので、観光客や留学生は手荷物などに十分気をつけましょう。

 

 

Sant Nino Church
サントニーニョ教会


月~木土日 5:00 – 18:45
金曜日 4:00 – 21:30
Santo Nino Chapel Lane, Cebu City

 

 

 


12:15~12:30 サンペドロ要塞


 

 

サントニーニョ教会から車で約5分、大きな広場にある「サンペドロ要塞」。

 

フィリピン最古、かつ最小の三角形の要塞で、フィリピンがスペインの植民地時代にスペイン人入植の拠点としてセブ島に建設されました。

 

 

Fort Sanpedro
サンペドロ要塞


入場料P30
7:00 – 19:00
A.Pigafetta, Cebu City

 

 

 

 


13:00~13:15 道教寺院


 

 

サンペドロ要塞から車で移動すること約30分。

セブ市の北西、「ビバリーヒルズ」にある寺院「道教寺(タオイストテンプル)」。

 

中国の思想家「老子」の教義が保存されており、道教の儀式が毎週水曜日と日曜日に行なわれています。

 

セブ島の丘の上に位置するので、眺めが良い場所です。

 

 

Taoist Temple
タオイストテンプル


8:00 – 18:00
Beverly Hills, Cebu City

 

 


ランチ Jollibee


 

 

半日の観光が終わったら、ランチにフィリピンNo.1のファストフード店「Jollibee」に挑戦してみましょう♪

赤いミツバチのキャラクターとの記念撮影も忘れずに!

 

詳しくは、「マクドナルドよりも大人気!?フィリピンのファストフードとは!で・・・

 

 


夜景 トップス


 

 

セブ島の夜景と言ったらココ!

TOPS」は、海抜2,000ftの高さにありセブ市内からマクタン島、ボホール島までを眺めることが出来ます。

 

小さなカフェの様なお店が少し並んでいるので、お酒やスナックが買えます。

(トップスまで行くのに、タクシーを使うと距離が遠いため追加料金を要求される場合があります。)

 

 

 

撮影協力:KSBトラベル&ツアーズ

 

※2018年8月の記事です。
営業時間や、入場料金は変更している可能性がございます。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone