必見!!オスロブのジンベイザメを見に行こう!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

必見ao1rtop0224!!オスロブのジンベイザメを見に行こう!

日帰りツアー紹介

セブ島・南部の小さな町「オスロブ」。 セブ市から車で2時間半のこの町は、2011年、世界で初めての“ジンベイザメの海上餌付け”に成功しました。 ここでは、シュノーケリングはもちろん、海に浮かんでいるだけでも、舟の上からでも、たくさんの“ジンベイザメ”を見ることができます。 何とその確率は、ほぼ100%。 そんな田舎町オスロブで、日本人夫婦が経営するペンション「T2ゆかり」さんの“日帰り・ジンベイツアー”をご紹介します。

 

 

突如!フィリピンで、世界で話題沸騰! ジンベイザメが『ウジャウジャ!』

 

オスロブで暮らす“T2ゆかり”のオーナー梅澤さんご夫妻のお話・・・ 

20081月からオスロブに住んでいますが、ダイビングしていると、結構ひんぱんにジンベイザメに出遭うんですよ、あの《世界中のダイバーの憧れ》巨大魚・ジンベイですよ』

 

『それが海岸からすぐの海に・・・・・』

 

『なんか、ここの海は《スゴイと云うか、オカシイ?》と思っていました』

 

『そうこうするうちに、2011年ですか、ウチの近くで“ジンベイザメの餌付け”が、始まったんです』

 

『驚きましたね~、でも本当に驚いたのはその後でした』

 

『かつてない快挙に、世界中のテレビ局の取材陣が、ワンサカと押し寄せてきました、もちろん、日本のテレビ局各社も来ましたよ』

 

『そして今に至り、現在は、世界の国々の人がジンベイを見にオスロブに来ます』
『小さな漁師町・オスロブが、世界の注目・オスロブに変わり、ビックリです』
『オスロブ町民の日本人一家としては、なにか、とても誇らしい気分です』

 

『まぁ、でもウチ(T2ゆかり)なんかは、日本人夫婦と地元オスロブの田舎娘達でやっていまして、旅行業者と提携していませんから、お客さんは少ないですョ~』

 

『ですから、数の問題じゃないですね。来ていただいたお客さんは、全員でしかも日本式でおもてなしして、喜んで笑顔で帰っていただけるように、ガンバッテます』

 

『おかげ様で、ウチの小さな日本男児2人も、毎日元気に暮らしています』

 

*ご夫婦で日本人の梅澤さんは、お二人ともダイビングインストラクター。
長いあいだ、フィリピン各地のビーチリゾートで仕事をして、2008年セブ島・オスロブで起業し、“T2ゆかり”を営んでいます。

 


 

■□オスロブのジンベイザメについて・・・

オスロブを“ジンベイのふるさと”とネーミングしたのは、先のT2ゆかりの梅澤さんです。 

“ジンベイ鮫は、餌を求めて広く大洋を回遊する”

 『定住しない』というのが、これまでの定説でした。
 (しかし、オスロブの海には、年間を通してジンベイザメが生息する。)

“回遊”をしないジンベイザメもいるということです。

その生態を解明すべく、オスロブでは、海洋生物の研究・保護を目的とする多国籍NGO団体、あの“LA.MA.VE”のスタッフが、連日フィールドワークに励んでいます。

今まで過去26ヶ月間で、1日平均9~15匹、最低で4匹、最高で24匹のジンベイザメ(LA.MA.VEの調査による)が集まっています。

多数の自然のジンベイザメが、皆さまの前に現われますので、探したり、泳ぎ回ったりする必要はありません。

したがって、小さなお子様からシニアの方まで楽しめます。

 

その一方、

“ジンベイは夜どこで何をしているか?”

“繁殖行動・繁殖地は?”

“知能は?”

“寿命は?”

“稚魚・幼魚のジンベイの生活圏は?”

etc・・・・・・etc
ジンベイザメについては、ほとんどまだ、何も判っていません。

このような様々な『?』があります。

 

このロマンは、将来、ここオスロブの地から明らかになるかもしれませんね。

最後に、『海で遊んで半世紀以上』の梅澤さんのひと言です。

『あのですね、ジンベイザメを見てますとね、地球は、海ってやつは、人間の為だけにあるんじゃないぞ、とつくづく感じます』

 


 

【ジンベイザメ日帰りツアー】

 

時間
5AM 専用車でのお迎え。ご宿泊ホテルのロビーで、担当ハイヤーのドライバーがお待ちしております。“T2ゆかり”まで、他のお客様の同乗はありません。
7:30AM頃 “T2ゆかり”に到着。お座敷レストランにて、休憩、ご朝食(コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター無料)後、ジンベイウオッチングの説明、着替えや準備。
9AM ジンベイウオッチングにご出発。現地オスロブ在住の日本人スタッフと、オスロブ村娘スタッフがお供いたします。
11AM頃 “T2ゆかり”に戻り、お座敷レストランでご休憩&ご昼食。 (オプションの“神秘の滝ツアー”も行かれるお客様は、“T2”に戻る時間が12時ごろとなります。)
2PM前後 チェックアウトし、お車でホテルへ向かいます。お帰りは、セブ市内まで2時間半、マクタンエリアまで3時間ほどかかります。
(ホテルでなく、モールやショッピングセンターに行きたいお客様は、ご希望の場所までお送りさせて頂きます。)

 

ジンベイザメ、透明度の高い海、大満足の美味しいお食事、T2ゆかりさんのアットホームなおもてなしを十分に味わえるツアーは、お子様からお年寄りまで楽しめる内容になっております。

 

【料金】
おひとり様11,500円(3名様以上参加の場合)
おひとり様14,500円(2名様で参加の場合)
(*税、サービス料込みのお値段です)

 



七つの約束(日帰りジンベイツアー)

1.T2では、複数のジンベイザメを、目の前にお見せいたします。

2.T2では、“ジンベイウオッチ”、“神秘の滝”ともに、現地:オスロブ在住の知識豊富な日本人スタッフが、ガイドとして同行いたします。

3.T2では、お食事は朝食・昼食とも、作り立てだけを供します。 作り置きの食品の車内食・船上食はございません。日本人料理人が、吟味した食材を使用し丁寧にお作りした料理を、施設内のお座敷レストランで召し上がっていただきます。

4.T2では、清潔で綺麗なトイレ・シャワーをご提供いたします。

5.T2では、送迎車は整備された政府観光省・登録車両と運転手のみを使い、他のお客様との相乗りはございません。

6.T2では、濡れた水着、衣類はお預かりし、ゆすぎ・脱水・乾燥の後、お帰りの際にお返しいたします。

7.  T2では、現地在住の日本人夫婦とオスロブの村娘達がおもてなしし、お客様全員の安全と快適さを保証いたします。

 


 

 

”T2ゆかり”ジンベイザメの最新情報!!はこちらから。
http:/ /t2yukari.blog.so-net.ne.jp/

T2ゆかりさんのツアー詳細、お申し込みは、こちらから。

http://cebupot.com/activity/t2yukari

 

日本人夫婦のペンション”T2ゆかり”
Lagunde, Oslob, Cebu Philippines

+63-32-481-9464 / 0977-697-7810
t2yukari@gmail.com

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top