セブ島留学しよう!自分に合った語学学校の探し方、選び方とは

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

セブ島留学は、欧米諸国への留学と比べ価格帯が安く、また日本から近いこともありとっても人気です。

しかし、いざセブ島留学をしようと思っても「自分に合った語学学校ってどこ?」
「どうやって語学学校を選ぶのが良いの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、セブ島留学で失敗しないための”語学学校の探し方”をお教えします♪

 


0.セブ島語学学校の基本


 

セブ島留学では様々な語学学校があり、学校の経営資本、運営方針、規模などは学校によって様々です。
それぞれの特徴は以下の通りです。

 

学校資本

◆日本人経営

日本人比率が半分以上。
また、食事にこだわっている語学学校が多く、施設も綺麗です。
もちろん、日本人スタッフがいるので、日本語で対応してくれます。

値段は少し高いですが、留学初心者でいろいろと不安な方は、日本人経営の学校をおすすめします。

 

◆韓国人経営

韓国人比率が非常に高いため、日本人が少なく日本語を話す機会が少なくなります。
韓国人、日本人以外にもベトナムや台湾などのアジア国籍の方がいる語学学校が多いです。

食事は韓国スタイルが多く、値段は日本人経営の語学学校に比べると安いです。
日本人スタッフがいるかどうかは確認しないと分からないので、要チェック。

 

 

学校の立地

・マクタン島

マクタン島の語学学校は海から近く、いつでも海に行けるので海が好きな方にはおすすめです。
しかし、学校の周りにスーパーなどコンビニがないので、そういった面では不便な場所になります。

 

・セブ市内

セブ市内の語学学校は、周りにスーパーやコンビニ、レストランが多く立ち並び外出の際とても便利です。
海が近くにはないので、海に行く際はタクシーやバスなどを使用しなければなりません。

 

 

学校の運営方針

・スパルタ
・セミスパルタ
・自由な学校

主にこの3種類に分類されます。

内容の違いとしては、平日の外出禁止、EOP(校内で英語しか使ってはいけない制度のこと。English Only Policyの略)、毎日のテストなどです。

 

 

学校規模

100名以下の小規模校、250名以上の大規模校の2つに分かれます。

 

 

セブ島語学学校の基本が分かった上で、語学学校を選ぶ準備をしましょう。

 


1.語学学校に求める条件を明確に


 

 

何かを買うとき、食べるときと同じです。
ラーメンを食べるか、ピザを食べるか・・・
予算はいくらなのか・・・

自分が何を求めているのか、その条件を満たしているかを基準に語学学校を選びましょう。

 

例えば・・・

◆日本人比率の低い語学学校
◆マンツーマンレッスンのコマ数
◆ネイティブティーチャーがいるか
◆1人部屋がある
◆学生が少ない語学学校
◆予算は1ヶ月あたり15万円

 


2.条件に優先順位をつける


 

 

語学学校へ求める条件を出したら、次はそれに優先順位をつける。

絶対に譲れないものはどれなのか、それほど重要でないものはどれか、自分にとってどの条件が大切なのかを考えましょう。

 

【例】

1.予算は1ヶ月あたり15万円
2.日本人比率の低い語学学校
3.マンツーマンレッスンのコマ数
4.1人部屋がある
5.学生が少ない語学学校
6.ネイティブティーチャーがいるか

 


3.ネットで語学学校を検索!


 

 

ここまで出来たら、自分の条件を基にネットで語学学校を検索します。

最初から留学エージェント(語学学校紹介サイト)に頼むのではなく、まず自分で下調べしましょう。

 

語学学校のHPをチェックするのはもちろん。
語学学校の日本人マネージャーさんがやっているブログや、体験記事などをチェック

直接語学学校へ問い合わせることでさらに詳しい情報が聞けることも。

 

他には、InstagramやTwitterで語学学校を調べてみたりすると、ブログや体験記事には載っていない生の留学生の生活が見えることも!

 

下調べをした中で、自分の条件を満たすかどうかをチェックし何校かリストアップします。

そのリストアップした語学学校のメリット・デメリットを各校ずつ箇条書きで書き上げましょう。
そうすると、各校自分の条件に合ったメリット・条件を満たさないデメリットが数で明確に分かります。

 


4.エージェント・語学学校に問い合わせ


 

 

自分で下調べができたら、セブ島留学エージェントや、直接語学学校に問い合わせます。

※語学学校の中には、エージェントを通さず直でしか行けない学校もあります。

 

エージェントに問い合わせる場合は、1つではなく、いくつものエージェントに問い合わせましょう。

 

エージェントへの問い合わせ方は・・・

初めまして、○○と申します。
セブ島留学を検討しており、下記条件に合う語学学校をいくつかご提案願います。

 

・○月から○ヶ月間
・予算は1ヶ月○○円
・1人部屋希望
・日本人比率○○%以下

 

このように条件を箇条書きし、条件に合う語学学校をいくつか提案してもらいます。
各エージェントで同じような語学学校が提案されるので、それと自分が事前に選んでいたものを比べます。

エージェントによっては、割引やサポート特典などもあります。

 


注意事項!


 

 

●悪質な留学エージェントには気をつけよう!

一部のエージェントでは、紹介料を多くもらえる語学学校ばかりをおすすめしてくることがあります。
そういったことを避けるためにも、必ず自分の目的と条件を明確にしておくこと。
自分で下調べをしておくことが大切です。

そこがしっかりしておらず、人の言葉に流されてしまうようでは、後悔する結果になりかねます。

 

 

 

●先生の質や特徴は、学校の方針によって様々。

例えば、カリキュラムを重視している学校では、どの先生も安定して一定レベルの授業を行なえる事ができます。
逆に、カリキュラムを自由にしている学校は先生が独自に生徒に合った授業を行なってくれたりと、メリットも多種多様です。

語学学校探しの際に、”先生の質”という部分に注目するより、先生を教育している”学校側の方針”を知ることの方が自分に合った学校を見つける近道になるはずです。

 

 

 

●インターネット環境は日本に比べ良くない!

日本人にとってインターネット大切ですよね。
しかし、セブ島ではインターネットの速度が日本に比べて非常に遅く、時には天候によっても変動します。

語学学校も例外ではなく、インターネット環境は基本的には良くないところが多いのが事実です。
日本のようなインターネットの速さを想像しているとがっくりきますので、そこを覚えておきましょう。

※最近では、一部の学校で高速インターネット回線を利用できるところも徐々に増えてきたので、ネット環境に重点を置く人は事前に回線速度を聞いておくのも手です。

 

 

 

●最終的にはあなた次第!

どこの語学学校に行ったとしても最終的には自分次第です。

スパルタ校を選んで、ついていけなくなって落ち込むのも自分。
自由な学校を選び、周りが遊んでいて流されて遊んでしまうのも自分。

どんな語学学校に行っても、勉強するのはあなたです。
自分の目的を忘れずセブ島留学生活をいいものにしましょう。

 


 

これも合わせてチェック!

 

【セブ島留学特集第1弾】こだわりのユニークカリキュラムがある語学学校とは?

【セブ島留学特集第2弾】ホテル滞在型留学からネイティブティーチャーのいる学校まで!まだまだあるセブの語学学校!

留学生必見!セブ島留学に必要な持ち物リスト

【観光も留学も】セブに来るなら知っておきたい!セブ島留学あるある!

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone