ぶらり釣り日誌vol.6

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (60)ぶらり釣り日誌vol.6

セブスポーツフィッシングクラブ


 

ぶらりつり日誌ファンの皆様こんにちは!え、いつになったら釣れるんだって?そりゃお客さん、セブで釣りなんて酷な事言わないでくださいよ。

セブで釣りをしているやつなんていないんじゃないかって?いやいや、れっきとした釣具屋だってあるんですよ!セブ唯一?の貴重な釣具屋でH氏と情報収集をしていると、なんとセブの釣りバカが集まり、同好会を作るという話が!もちろん私もH師匠もメンバーになりました!!その名も、「スポーツフィッシングクラブオブセブ」。この会では仲間同士で釣りツアーを催したり、大会を開催したり、政府と一緒にスポーツとしての釣りを広める、という目的だそうな。 「どうせセブで釣りしている人なんて少ないんでしょ」と思ったら、な、なんとメンバーは30人!ちょっと驚きです。ちなみに我がH師匠が広報役員に抜擢されました、笑。
毎月第一土曜日のミーティングに今まで何度か参加したのですが、何が釣れた、あのスポットはいい!など日本と変わらない、興味のない人から聞けば全く他愛もない釣りバカ話で盛り上がります、笑。その中でも、カルカルのダムにブラックバスを放流し、ブラックバス釣りスポットを作ろう!という意見や、海岸清掃で環境保護に貢献しようなど、まともな話し合いもしています。フィリピン人の会に実行力がどれほどあるのか・・・乞うご期待!!この会の活動は、今後釣り日誌でご報告させていただきます。もし、万が一クラブに入りたい人がいましたら、直接上記の釣りショップ(TCE)に行って、店長のレイニアさんに話しを聞いてみてくださいね。 @編集部員T
 
店内は以外にも?!豊富な品揃え もちろん、セブで魚の釣れるポイントを探して、H師匠と編集部員Tのあくなき探求は続いてます。でもちょっとたそがれちゃってる感じの背中が状況を物語ってますかね?そのりはお察しください。。。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone