ザ グスタビアン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (56)ザ グスタビアン

純正統派ヨーロピアン料理

THE GUSTAVIAN (ザ グスタビアン)

【アクセス】バニラッド交差点より徒歩2分
【アドレス】No1 Paseo Saturnino, Banilad, Cebu City
【Open】 8:00am-11:00pm
【TEL】+63-32-344-7653


 そろそろ『食はセブに在り』と言う表題がまったくの大風呂敷であることを読者の方々もうすうす感づき始めているのではないかと戦々恐々とする日々を送っているのですが、まあほら、皆さんもいい大人なわけですしね、そうガンガン理詰めで来ないで温かい目で見守っていただくと、ここは一つそういう方向でお願いしたいと思うわけですよ。まあでもその代わりと言ってはなんですけどね、今日はちょっとまっとうなレストランでもご紹介させていただこうじゃありませんか。
 で、以前紹介したジュゼッペオラ エスパーニャの並びに位置するこのレストラン、ご存知の方も多いかと思います。むしろ、なぜ今まで取り上げられなかったのかが不思議なくらいですかね?まあ以前は席数が少なかったことと、単品で頼んでいくと結構一人当たりの値段が高かったのが主な理由だったんですけどね。でも席数も増えましたし、セットメニューも充実した内容のわりにはリーズナブルなお値段ですんで、満を持してのご紹介と相成ったわけですよ。
 
このレストランで是非頼んで欲しいのがアーティチョークとラクレットのクリームディップ。開店当初からの人気メニューです。ん~、まあチーズフォンデュの亜流だと思ってください。中に入ってるアーティチョークの所為なのか、ちょっと酸味がある辺りもいい感じです。一緒についてくるトーストしたフランスパンをこのソースにどっぷしつけて食べると相当にイカしています。止まりません。ヤバイです、はい。
 
あ、そうそう、パンといえば、このレストランでは料理を頼むとパンが取り放題です。レジの近くにパンとそれに付けるチーズなどのスプレッド類をおいたコーナーがありますので、好きなだけとってきましょう。ガーリックチーズ黒胡椒のチーズなど、常時4,5種類が置いてあるはずです。料理が来るまでにパンばっかり食べ過ぎておなか一杯にならないように注意しませう。
 
パンつながりでもう一つ言うなら、ローストビーフサンド。これ、ローストビーフが好きならとりあえず頼んでおいてください。安いのにデカイ、そしてウマイ。つーかでかすぎて普通の成人男性でもこれを丸々一個食べ切れる人、そうはいないでしょうね。それくらいでかいのよ。パンも分厚きゃ、肉も大量。サンドウィッチというよりは立派な肉料理。ちなみにこのサンドウィッチ、あまりにも大きいので半分に切ってくれてはいるんですが、私は半分に切った片方の具だけをもう片方に移植して、パンの端っこから肉片を大量に溢れさせながら食べることにしています。具の無くなった側のパンは置き去りにするっていう寸法ですよ。いや、それでもまだちょっと多いかなって気がしますけどね。私はローストビーフ自体も好きなんですが、それよりなによりホースラディッシュの奴隷なので、いつもホースラディッシュを余分に貰います。それをマスタードと一緒にサンドウィッチに塗りたくりながら食べるこの法悦。鼻が馬鹿になるくらいツ~ンとくるあの香り、最高っすよ。
 
あとはここの週替わりのセットメニュー。これ、かなりお得だと思います。前菜(スープ、もしくはサラダ)、メイン(3種類の中から選べます)、デザートもしくはコーヒー・紅茶などの飲み物、というセットが基本系で、それぞれ結構なボリュームがありますし、味もなかなか。ただ、メニューによって美味しかったりちょっと外れたりすることもあるのが残念ですが、基本的に有機野菜を多用するサラダは比較的はずれませんし、メインも多少好みに合わなかったとしても熱々のお皿に料理がきれいに盛り付けられて出てくるだけで幸せな気分になれますね。この雰囲気で、そしてこの値段で、このレベルの料理を出してくれる店って、セブでは他にないですよ
 と、このようにレストランの中で食べるものも充実していますが、テイクアウト用の料理や材料も何気に揃っています。パン、チーズ、ソーセージに始まって、パン用のスプレッド、サラダ、魚のマリネ、味付けをした肉類、有機野菜など、家に持って帰ってそのまま、もしくは少し手を加えるだけで食べられるものも多く、家でワインを飲みたい、でもおなかペコペコだし今から材料色々買って料理をするのはめんたヴぃあnどくさい、という時などにはとても重宝します。
 
このレストランの奥には英国式のパブも併設されていて、ここではカレーのビュッフェとかやっちゃったりしてるのですが、そこの話はまたの機会にでも。
 
Double Decker
P230
Baked Artichoke
P460
週替わりのセットメニュー メイン
P650
前菜(サラダorスプ)、メイン(3種類)、デザートもしくわコーヒーor紅茶が選べます
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone