私の店自慢 その5「 空海(旧海舟)」

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

ao1rtop0224私の店自慢 その5「 空海(旧海舟)」

セブポット マガジン2012年9-10月号から始まった企画「私の店自慢」。毎号、セブポットが1店舗ピックアップし、お店自慢をしてもらいます。今回は、新鮮な海鮮と本格日本料理が楽しめる「空海」さんです。 


今年で11年目を迎える空海

今年の8月28日で11年目を迎える空海。観光客の方からセブ在住の日本人、フィリピン人の方まで愛され、日本食レストランとして営業を続けて参りました。新鮮な海鮮類を中心とした本格的日本料理を皆様にお楽しみいただきたいと思っています。

現地で獲れた新鮮な魚介類を中心にした海鮮と刺身が自慢

現地で獲れた新鮮な魚介類はもちろん、日本からハマチ、オーストラリアからまぐろを中心に仕入れています。中心は、セブで獲れた材料をきちっと使いお客様に喜ばれるお料理を出すよう心がけています。  伝統的日本料理に加え、創作料理にも力を入れています。空海のメインシェフは、フィリピン人2名と日本人1名の3名。日本料理を基礎にフィリピン人シェフのアイディアを織り交ぜたオリジナル創作料理も楽しめるのが魅力ですね。他のお店では味わえない棒寿司は、空海一押しとのことです。

入り口にある板長オススメ料理ボードは要チェック!!

レストランを入ると、板長おすすめ料理のボードが目に付きますので、ぜひこちらをチェックしてオーダーしてください。 また、メニューにないお料理も、できる限りお出しするよう努めているそうですので、横山さんに気軽に日本語で尋ねてみてね。  空海では、個室も充実。友人や家族とのお食事はもちろん、パーティーや接待などの利用にもOK。ゆっくり好きな時間が、気兼ねなく過ごせますね。  さらにケータリングサービスも用意していて、会社でのイベントなどにも利用価値大のお店です。

 
写真右から:日本人シェフのマコトさん、寿司担当シェフのBoyetさん、シェフのカルロスさん、そして空海を取り仕切る横山さん まぐろ腹身焼き(P850~)、
うなぎ棒寿司(P700  ) ここをチェック

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone