セブの保険コラム Vol4 【知りたかった外貨の持ち方!為替について】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


 

「保険コラム」第4段では、為替について

今回も” insurance110 ”フィリピン支店長の高橋さんが、分かりやすく教えてくださいます!

 

 

こんにちは。 insurance110 の高橋です。

今回のテーマは「為替」。基本的な考え方は、「一つの通貨に偏るのは好ましくない」ということになります。

つまり幾つかの通貨に分散して持っているのが理想的であり、円高になっても円安になっても大丈夫な資産構成を築く、という事が大切です。

これまで為替(円とドル)がどんな動きをしてきたかを振り返ってみましょう。

 

 

以前は円とドルは固定相場でした(1ドル=360円)

1948年~この固定相場制度が始まり、1973年2月~現在のような変動相場制度となりました。現在(2017年6月)は1ドル=110円前後に落ち着いています。

ちなみに、1年間で最も動いたのは1985年~1986年、1ドルが238円⇒168円、と70円も動きました。

短期間にこれだけ円高になっても、日本経済はまだまだ成長を続けていたので、今考えると当時はとんでもない成長力だったんだな・・・と改めて感じることが出来ます。

円高が最も進んだのが、2011年10月31日。1ドル=75.8円まで高くなりました。

多くの書籍では「もっと円高になる」「60円までいく」「いや、50円だ」、などという話も出ましたが、結局その時点をピークに円安になり、いったん125円まで円安になりましたが、今は110円あたりを推移しています。

つまり、「為替は読めない」というのが、専門家達の結論なのです。

 

 

ではどうすれば良いのか?

為替を読むのはあきらめて守りを固める、つまり通貨を分散して持つ、ということが重要なポイントになってきます。

基軸通貨であるUSドル、収入通貨である日本円、生活国の現地通貨(ここではフィリピンペソ)を、4:4:2くらいの割合で保有すると良いバランスになると言われています。

 

無料相談はいつでもお受けしております。

 

ph@hoken110intl.com  担当:高橋広幸

 


insurance110

マニラ支店  

02-552-3688
Unit 206 One Corporate Plaza, 845 Passy Rd. Makati City

セブ支店  

0919-951-0000
Cebu Doctor’s Hospital Osmeña Blvd, Cebu City

ph@hoken110intl.com
http://www.hoken110intl.com

※お電話は日本語でご対応

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone