セブの保険コラム Vol5 【 「72の法則」 と 「ドルコスト平均法」】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


 

「保険コラム」第5段では、”お金を2倍にするために、どのくらいの時間が掛かるの?” という疑問にお答えする、「72の法則」 と 「ドルコスト平均法」について

今回も” insurance110 ”フィリピン支店長の高橋さんが、分かりやすく教えてくださいます!

 

 

こんにちは。 insurance110 の高橋です。

今回のテーマは「72の法則」 と 「ドルコスト平均法」。

 

まず、「72の法則」というのをご存知でしょうか。これはお金を2倍にするために、どのくらいの時間が掛かるかを簡単に導き出せる計算方法です。

その計算式がこちら、72÷年利=そのお金が2倍になるのに掛かる時間(年)です。

つまり年利10%の場合は、72÷10=7.2年となり、この場合は元本を2倍にするためには約7年掛かるということなのです。

 

ちなみに、現在のフィリピンの金利は4.2%(5年定期以上 )ですので約17年、日本は0 .001%ですので、72÷0.001=72000年(汗)ということになります。

このように72の法則を知っておくと金利(利回り)を身近に感じることが出来ます。

 

 

 

もうひとつ、ドルコスト平均法「時間の分散」もあわせて知っておきましょう。

これは、個数を決めて買う方法と、金額を決めて買う方法と、どちらの方が長期的に有利かというお話です。

世界の経済(株価)は上げ下げを繰り返し、人口増加に伴い長期的には緩やかな右肩上がりを続けています。

しかし株式を購入するその時点では、今が高値なのか安値なのかは分かりません。

 

ちなみに日経平均株価の過去最高値は1989年に記録していますが、その当時は誰もが今後も株価は上昇し続けると信じて買い続けていました。

もしこの時に、株価にとらわれずにずっと毎月決まった額を購入していく「ドルコスト平均法」を使っていたのなら、やがて落ちた株価は徐々に回復し、利益を平準化させることで価格変動のリスクを減らすことができたでしょう。

このドルコスト平均法は株式購入だけでなく外貨積み立て預金にも利用が出来、こうする事で為替リスクの回避にもつなげられます。

 

 

今回ご紹介した「72の法則」と「ドルコスト平均法」、今後の資産運用にぜひお役立て下さい。

 

無料相談はいつでもお受けしております。

 

cebu@insurance110ph.com  担当:高橋広幸

 


insurance110

マニラ支店  

02-552-3688
Unit 206 One Corporate Plaza, 845 Passy Rd. Makati City

セブ支店  

0919-951-0000
Cebu Doctor’s Hospital Osmeña Blvd, Cebu City

ph@hoken110intl.com
http://www.hoken110intl.com

※お電話は日本語でご対応

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone