フィリピン最後の秘境 パラワン 【前編】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 フィリピン最後の秘境 パラワン 【前編】 プエルトプリンセサとアンダーグラウンドリバー


世界的に定評ある高級旅行誌 ”コンデナスト・トラベラー ” のリーダーズ・チョイス・アワードにて
近年、「世界最高の島」と発表された場所があります。

それはセブから飛行機でわずか1時間、

フィリピン最後の秘境として名高い「パラワン島」。

多くの人々を魅了してやまない、そんなパラワン島の魅力を、今回は2号に渡ってたっぷりとご紹介します。


 セブからパラワンへの行き方 WIMG_5875

マクタン国際空港から パラワン島のプエルトプリンセサ国際空港まで飛行機で約1時間かけて移動します。

Philippine Airlines、Cebu pacific ともに、往復航空券の価格は 約P8000。(シーズンによって異なります)
Cebu pacificは国内線のプロモの取り扱いが多いので、そのタイミングでチケットを取っておくのがお得です。

プエルトプリンセサ国際空港を出るとすぐに観光案内所が見えます。
そこでは様々なツアーに申し込みができるだけでなく、 パラワン島の主要エリアのマップをもらえる事ができるので早速立ち寄ってみましょう。

ツアーの申し込みはホテルにツアーデスクがある場合もありますが、シーズンによっては定員オーバーで参加できない場合もあるため、早めの申し込みがおすすめです。IMG_5880
(特にアンダーグラウンドリバーは人数制限がかかりやすいので要注意!)

空港前にはエルニドやアンダーグラウンドリバー行きのVハイヤーやホテル送迎の案内をする人達で賑わっています。

プエルトプリンセサの主要観光地は車で10分~30分程度の範囲内で周れてしまうので、市内の移動はトライシクルやレンタルバイクなど、自分のプランに合ったものを選ぶと良いですね


 その1 15種類の蝶とパラワンのみに生息する動物たちに会いに行こう! 

”Butterfly Eco Garden With Tribal Village” では15種類の蝶と、パラワンのみに生息するベアキャット、パラワンピーコックなどが飼育されています。

蝶は朝に活動する習性があるので、9:00-11:00に行くのがおすすめ。また、サソリや大ヤツデなど、珍しい昆虫類とも触れ合えるので、昆虫好きのお子様にはぴったりですね。

庭園の横にはトライバルビレッジが併設されており、パラワンの山岳民族の生活を垣間見ることができます。
山岳民族の楽器、狩猟道具などは普段見れないものばかりで必見です。

WIMG_5929 WIMG_5924 IMG_5947 IMG_5934

Butterfly Eco Garden With
Tribal Village
0917-597-5544
Santa Monica Puerto Princesa City, Palawan
入場料 : 大人 P50 子供 P35


 その2 源泉60℃の天然温泉で心身ともに癒されよう! 

パラワン市内から車で15分の場所にある”Kay’s Hot Spring” では、源泉60℃の天然温泉を楽しむことができます。

温泉の種類は様々で、大衆向けのタイプや個室タイプ、温泉後に仮眠もできる2階建てタイプなど、様々なニーズに合わせての利用が可能となっています。

ショッピングで歩き疲れた後や、アイランドホッピングで遊んだ後にいかがですか?

WIMG_5894 WIMG_5916 IMG_5911 IMG_5899

Kay’s Hot Spring
0910-372-9628
Puerto Princesa North Road, Palawan
入浴料: 5人用 P500(4時間)
10人用 P1400(5時間)
15人用 オープンプール P1200


 その3 大聖堂と平和記念公園で歴史に迫ろう! 

パラワン1の規模を誇る”Immaculate Conception Cathedral” は、お城のような美しさを持つカトリック大聖堂です。

建物自体は1950年に建設されましたが、今の大聖堂となったのは2003年のことです。
日曜のミサには入り口まで行列ができるほど大勢の人で溢れています。

そしてこの大聖堂から道を挟んで向かい側にあるのが ”Plaza Cuartel” という歴史的建造物と平和記念公園。

ここは戦時中、日本の軍隊がパラワンの軍隊を閉じ込め、火を放ち燃やしてしまったという悲しい過去があります。

歴史の背景を綴ったモニュメントや慰霊碑が立ち並ぶ場所ですが、公園自体は芝生がとても美しく綺麗で、今では若者たちがピクニックをしたり談笑したりと落ち着ける人気のスポットとして使われているようです。

WIMG_6119 WIMG_6125 WIMG_6127 IMG_6121

Immaculate Conception
Cathedral
Rizal Ave, Puerto Princesa, Palawan

Plaza Cuartel
Rizal Ave, Puerto Princesa, Palawan


 その4 とれたて新鮮なシーフードを格安で食べよう! 

パラワンは美しい海に囲まれている為、魚貝類の宝庫。新鮮な海の幸が気軽に手に入るぶん、値段もセブに比べると格段に安いのです。

買い出しなら ”San Jose New Market” がオススメ

魚だけでなくお肉やフルーツも多数揃っていて見ているだけで楽しくなります♪

食事をするなら ”Bay Walk” が一押し

夜になると、とれたての魚介類を調理してくれるお店が続々とオープンし、まるでお祭りのような賑わいを見せるんです。
特に、新鮮なマグロのキニラウやイカのフライがプリップリで絶品!!

Bay Walkの手前には観覧車などの簡易遊園地があり、奥にはレンタサイクルがあるので子供と一緒に楽しむことができます。

WIMG_5987 WIMG_5989 IMG_5990  IMG_5982

San Jose New Market
Port Barton, Puerto Princesa City, Palawan

Bay walk 
Sandoval St Puerto Princesa City, Palawan


 その5 その他、オススメのレストランはココ! 

料理もお酒も安くて美味しいカジュアルなお店

”KINABUCHS grill & Bar” は、開放的でオシャレな
ダイビングバーで、なんとワニが食べれます!

どの料理も値段が比較的に安く、量も多いのでみんなでワイワイ食事するのにぴったりの場所です。

海辺が見渡せる、雰囲気のいいお店

”Badjao Seafront Restaurant” は、マングローブ林を抜けた場所にある海辺のレストランで、シーフードを使った料理がおいしいと評判です。

お店の雰囲気も良く、ゆったりとした時間の流れる中で料理を楽しむことができます。

WIMG_6008 IMG_6009 WIMG_6282 IMG_6290

KINABUCHS grill & Bar
048-433-2580
369 Rizal Avenue, Puerto Princesa City, Palawan

Badjao Seafront Restaurant
048-433-9912
Abueg Road, Puerto Princesa City, Palawan


 その6 可愛いお土産も買える、お洒落なカフェ! 

センス抜群のオーナーさんが手掛けるこのカフェには、ハンドメイドのアクセサリーや雑貨がズラリ。
クオリティが高いのに値段がお手頃なので、ついついお買い物に熱中してしまいます。

ドリンク類は入り口でオーダーしてから中に案内されます。

アジアの雰囲気が漂うインテリアは真似したくなるほど可愛いので、女の子はきっと気に入るはず。

WIMG_6564 IMG_6557  IMG_6563

KAINGUD Arts and Crafts
Puerto Princesa, Palawan, Philippines


 その7 ホンダベイでアイランドホッピングを楽しもう! WIMG_6033

プエルトプリンセサからほどよく近場にあるホンダベイには、数々の美しい島が点在しています。
アイランドホッピングをする為には事前にツアーを申し込んでおく、もしくは港で直接申し込む必要があります。
価格は島を3つ周るプランでP1300-1500ほど。( 船によって価格が変動します )

グループで船をチャーターし、行きたい島を伝えて自由に周ることも可能ですが、その場合は
ある程度の人数がいないと割高になるので注意して下さいね。

アイランドホッピング1日の流れ

今回、私たちは事前にツアーデスクで申し込んだ為、朝7:30にホテルまでVハイヤーが迎えにきて、途中でシュノーケリングやシューズのレンタルショップに立ち寄りました。WIMG_6054
※レンタル料がなかなか高いので、自前で持ってる方は必ず持ってくるようにしましょう!

トライシクルで直接行く場合は市内からホンダベイまで約P400。港に到着したら早速バンカーボートに乗り込みます。

帰りは14:30 – 15:00に各ホテルに送迎してくれました。
島を3つ周った割に帰りの時間がそこまで遅くないので、アイランドホッピングの後に左記ページで紹介した温泉などに行っても良いかもしれませんね。

ホンダベイにある5つの島

ホンダベイには上陸できる島が5つあります。WDSCN1200
そのうち、Starfish Island、Luli Island、 Cowrie Island の3つの島に上陸しましたが、どの島も砂浜とのコントラストが美しい島でした。

 Starfish Island 
その名の通り、ヒトデや多数の魚たちを見ることが出来る島。
シュノーケルに夢中で時間を忘れてしまいます。

 Luli Island 
カラフルな旗と細長く伸びた砂浜が印象的な島。WIMG_6071
岸の両サイドに美しい海が広がり、のんびりと過ごすのにぴったりです。

 Cowrie Island 
他の2つの島より施設がしっかりしていて、食事やシャワーはこちらを使いました。
ビーチバレー用のコートや写真スポットなどがあり、遊ぶのにはもってこいです。

 Pandan Island 
パドルボートやバレーボール、フリスビーなどがレンタルでき、大人数でわいわい騒げるような設備が整っています。WIMG_6063

 Pambato reef 
大きな亀が乗っかった船着き場には驚くこと間違いなし!
元気なサンゴと魚達が待っています。

ランチタイム

ツアーではランチがセットになっていて、カウリーアイランドで頂きました。

ビュッフェ形式で、パラワンらしいシーフード料理や、セブでも親しまれているメニューなど種類は様々。WIMG_6092
もちろんビールも売っているので、海辺で飲みながらのんびり過ごすのもいいですね。

☆カウリーアイランドで写真撮影!

カウリーアイランドには写真撮影用の砂で作られたモニュメントや貝などが置かれていて、現地の方がトリックアートのようなちょっと変わった写真を撮ってくれます!

++++++++++++++++++++

Honda Bay Port
Puerto Princesa, Palawan, Philippines


 その8 世界遺産、アンダーグラウンドリバーの壮大さを肌で感じよう! WIMG_6240

プエルト・プリンセサから車で2時間弱の場所に位置するプエルト・プリンセサ地下河川国立公園、 通称アンダーグラウンドリバーは、パラワン島の洞窟内に流れる地下川を保護する目的で指定された国立公園です。

1999年、ユネスコの世界遺産に登録され、観光名所として常に賑わいを見せています。

アンダーグラウンドリバーまでの道のり

最初のページでも記載しましたが、人数制限があるので予約は必ず早めにとっておきましょう!
(ツアー、個人手配、どちらにしても予約は必須です)

アンダーグラウンドリバーのある島へ渡るため、まずは専用の船着き場に向かいます。
プエルト・プリンセサから山を越えて向かいますが、途中の景色も美しく、つい立ち止まってしまうほどでした。

船着き場に到着したらまずは受付。
グループごとに付けられる順番待ちのナンバーを聞いてから船を待ちます。

いざ、洞窟へ!

順番が来たら船に乗り込み、アンダーグラウンドリバーへ!と、言いたいところですが、まずは洞窟のある島へ移動、その島でもまたカヌーを待つことになります。
なので実際に洞窟に入るまで、かなりの待ち時間を覚悟しておかないといけません。

しかしいざ洞窟に入ると、その壮大さに圧倒されます。
大自然が作り上げた鍾乳洞の間をコウモリが飛び交い、探検家になった気分を味わえます。写真では伝わらない、実際に見ないとわからない凄みがあります。

WIMG_6179 WIMG_6234i WIMG_6256

☆待ち時間は近くのお店をチェック!

船着き場には、スムージーの屋台や売店、お土産やさんなどが連なっているので、船の待ち時間に寄ってみるといいかもしれません。
ビュッフェ形式のレストランもあるので、ランチにぴったりです。

++++++++++++++++++++

Under Ground Rever
02-523-6023
Sabang, Puerto Princesa, Palawan


 その9 ホタルが造り出す自然のイルミネーションを観よう! 

”Iwahig Firefly Watching Details” では、広大なマングローブ林の間をカヌーで渡りながら、ホタルを観ることが出来ます。

ホタルはマングローブの花を好む習性があるため、花の多いマングローブには多数のホタルが集まり、まるでクリスマスツリーのよう。
そんな自然のイルミネーションに感動すること間違いなしです。

しかし美しいのはホタルだけではありません。この辺り一帯は全く明かりがなく真っ暗闇なので、観える星空も格別なんです。
ただ、やはり曇っていると綺麗な星空も観えないので、せっかく行くなら断然、晴れた日を狙って行くことをおすすめします。

WIMG_6164 IMG_6169

Iwahig Firefly Watching Details
0916-780-9118 / 0929-616-5990
Barangay Iwahig, Palawan, Philippines
入場料 : カヌー(3人乗り) P600


プエルトプリンセサ周辺で泊まる!とっておきのホテル情報

プエルトプリンセサ周辺のおすすめホテルをご紹介します♪

++++++++++++++++++++

2016年1月NEW OPEN!! 高台の景色を見渡せるリゾートホテル

プエルトプリンセサ最新リゾートが、2016年1月中旬オープン!
中庭にプールがあり、2階立てのプライベート感が嬉しいホテルです。
ホンダベイを見渡せる高台に建つリゾートなので、 心地よい風と、美しい眺めが 各お部屋で楽しめます。
近くには、Bakers Hill、Mitra’s Ranchがあり、ホンダベイのアイランドホッピングはもちろん、観光、ショッピングに出かけるにも便利。

 オープン記念プロモ 
Suite Room  P6500 → P3900
Deluxe Room P5200 → P3120Wfull view
2016年1月20日~2016年4月30日まで

Panya Resort Hotel
Panya Resort, Interior Road, Tagburos, Puerto Princesa City 5300
ご予約は  +639065938698(globe) / +639982702995(smart)
Email : adventureplustour@gmail.com (日本語対応可能)

++++++++++++++++++++

パラワンらしさを感じるならココ!民族テイストのお洒落なペンションWIMG_6147
有名旅行サイト「トリップアドバイザー」で2015年トラベラーズチョイスに選ばれたこのホテルは、空港から車で10分ほどの場所にあり、観光地にアクセスしやすい立地にもかかわらず、 宿泊料金P1900~とリーズナブル。
パラワンらしい民族テイストの装飾は旅の気分を盛り上げてくれること間違いなしです♪
夜のライトアップも素敵。

Puerto Pension
(048) 433 2969
35 Malvar Street, Brgy. Matiyaga, Puerto Princesa City Proper, Puerto Princesa City 5300

palawan1601.indd

palawan1601.indd


 2017年、パラワンに新しい国際空港が開港予定! Wpalawan-international-airport

世界遺産があることや、近年観光客の数が増加が著しいことから、パラワンでは新しい国際空港の建設が決まりました。

韓国の経済開発協力基金からの融資により、1億200万ドルの資金で2014年から着工が始まっており、2017年初旬に開港が予定されています。(現在の空港から車で10分程度の位置)

新しい国際空港はサービスの質をより高め、国際民間航空機関の安全基準に適合するように設計されており、また空気ナビゲーションシステムにおいてもアジアの中で最新のものを用います。

旅客ターミナルビルは、既存の3000平方メートルよりもはるかに大きい13000平方メートルの底床面積。年間200万人の集客を見込んでいるとのことで、2017年以降のパラワンに更に期待が高まります


ー 取材協力 -
Adventure Plus Tour
プエルトプリンセサにある旅行会社。 市内観光からマリンアクティビティまで何でも揃っています。
日本語対応可能なのでパラワン旅行の際は気軽にお問い合わせください♪
0906-593-8698(globe)/ 0998-270-2995(smart)
interior mitra road tagburos, puerto princesa city 5300, palawan

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top