セブのリゾート・ホテルで働く 日本人女性に聞きました!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

セブのリゾート・ホテルで働く日本人女性に聞きました!


 

1509work01Marco Polo Plaza Cebu 村松 直美さん(2015年6月より就労)

接客のプロを目指すために、英語圏で働く
++++++++++++++++++++++++++++++

前任のマルコポーロのGMの知り合いから、こちらのホテルで日本人スタッフを探していることを知り、直接ホテルへアプライしました。
仕事で使える英語を学びたく、セブの語学学校に留学してました。英語に関しては初心者レベルでしたので、日本から近く、マンツーマンで学べるセブを留学先に選びました。しかし、学校では、特にビジネスに特化した英語を習得するのには限界があると感じ、実際働きながら英語を取得しようと思い、そのままセブで仕事を探しました。私の目的は、仕事で使える英語の習得ですので、マルコポーロはビジネスマンのお客様が多いことから、私にはこのホテルで働くことが目的を達成できるのではないかと思い、ここの仕事を選んだわけです。
実際働いてみて思うことは、フィリピン人と日本人の間の文化の違いです。例えば、日本人のお客様をご案内する時、ちょっとした気遣いが違いますね。小さい気遣いが、お客様へスムーズに対応できるのになぁと思うことが、よくあります。でも逆に、フィリピン人のホスピタリティーは素晴らしい才能を持っていますので、見習うところも多くあるなと感じています。
雇用形態は、6ヶ月トレーニング、その後正社員となります。マルコポーロは、マクタン島のようなビーチリゾートではありませんが、静かな環境の中、山の景色やセブ市内を見渡せるプールでゆっくり寛ぎ、屋上階のblubarで素敵な時間を過ごせるホテルと思っております。

 

1509work0123Jpark Island Resort & Waterpark Cebu 山田 愛さん(2014年9月より就労)

海外で働きたい願いと人柄に惹かれセブで就職
+++++++++++++++++++++++++++++++++

学生時代に、こちらのホテルへ研修に来ました。そのときに、他の学校から来てる学生さんが、インターンとして働いているのを知り、私もアプライしたのがきっかけです。
小さい頃から、海外で働きたいとずっと思っていました。研修でセブに来たときに、フレンドリーな人柄に惹かれたのが、セブを選んだ理由ですね。サイパン、グアム、オーストラリアなどへも行きましたが、セブが一番気に入りました。
仕事の内容は、VIPや日本人ゲストのケアやチェックインのお手伝い。レストランの予約などもサポートしますよ。お客様と話すことは、とても楽しいですが、気を使うことも多々ありますね。お誕生日などサプライズのアレンジをした時に、お礼に手紙をもらったり、「ありがとう」と言われた時は、とても感激します。
この職場では、スタッフとのやり取りが多いので英語80%、日本語20%くらいの割合で言語を使います。こちらに来たときは、英語学校に3ヶ月ほど通ったレベルでしたが、今では実地で学んだ甲斐あって英語にも自信ができました。
雇用形態は、6ヶ月インターン、その後正社員です。勤務時間は、午後3時から夜11時までで、週1日のお休み。でも、何かあれば朝や休日でも働くこともあります。リゾート内のスタッフハウスに住んでおり、休日はリゾートも利用できるのですが、みなスタッフを知ってるのでプライベート感がないのがちょっと残念です(笑)

 

1509work012Movenpic Hotel Mactan Island Cebu 山田 花恋さん(2015年4月より就労)

セブ大好きで、就職!! 
+++++++++++++++++

小学生の時から海外で働きたいと思っていました。父が貧しい国の子供のテレビ番組を見ながら「お前も子供たちを助けてこい!」って語るような父でした。最初はアメリカで英語を学ぼうと思っていましたが、父がフィリピン留学が流行っているみたいだよ、と教えられ、2014年にセブ語学学校に留学しました。
そこで、セブのフレンドリーな人々とセブが気に入ったこともあり、留学後そのままセブに滞在。長く滞在するなら仕事をしたいと思い、インターネットで「セブ 求人」で検索したら、ジョブポットにこちらのホテルの情報が載っていて、アプライしました。
仕事では、60%英語と40%日本語を使います。韓国人やフィリピン人とは英語で話しますね。仕事は、ゲストのチェックイン・アウトや日本人ゲストへのサポート。お客様から「ありがとう」といわれるのがうれしいです。がんばってきてよかったなと思います。日本人は英語をあまり話せないので日本人スタッフが必要なのです。日本人としてのレベルを落とさずクオリティを保ちながら、仕事をしたいと思っています。
勤務時間は、朝8時45分から夜10時~夜中まで。2週間に3日休みがあります。
フィリピン人は、みんなフレンドリー。私の肌に合うのか、いつの間にかセブ語も話せるようになりました。ジプニーに乗っていても知らないじいちゃんばあちゃんとも仲良くなれる。そんなセブが大好きです♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top