SPインタビュー Vol.1 株式会社ネオキャリア代表取締役 西澤亮一

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (1)SPインタビュー Vol.1

株式会社ネオキャリア代表取締役 西澤亮一

セブで出会った著名人にセブについてインタビューを行うジョブポットスペシャルインタビューシリーズ!記念すべき1回目は、ベンチャーの人材サービス業として勢い抜群の株式会社ネオキャリアを率いる西澤社長さんにインタビューをさせていただきました!セブに印象や、海外で活躍する(したい)若者へのメッセージをいただきました!


なぜセブに注目したんですか?

2020年、東京オリンピックの後、日本の経済は停滞が予想されます。その為にも、海外拠点が重要だと考えています。2020年、海外に31拠点、日本に30拠点を作り、2000人規模の組織にし、そのうち500人を日本人以外の外国人にしたいと思っています。
その一歩として、 マニラに拠点を開きました。すると、現地担当の弊社の日本人スタッフが

「セブでもBPOをやりたい!」

と提案をしてきたので、

「やりたいなら、やってみたら良いよ!」

と、伝えました。弊社は、現場責任者のやる気を尊重します。責任者がやりたい!という気持ちが強ければ、即実行です。

 

セブにいる日本人の印象はどうですか?

みんな良い人ですね。パートナーシップも持っていて、同業だとしても隠さずいろいろと教えてくれる。マニラにはなかった、セブの特徴ですね(笑)どんどんノウハウのシェアをしてくれる。 一緒にセブを盛り上げようという気持ちが強いように感じました。

それに、セブで働く若い人たちが、素晴らしい!教養も高く、「日本を飛び出す」という挑戦する気持ちも持っている。
今後日本人は世界に出ざる終えなくなると思うので、その先発隊として、リスペクトできますね。

 

世界に一歩踏み出し始めた日本の若者にメッセージをお願いします。

日本を出るというこは、日本を捨てたと思われることがあるかもしれませんが、それは違います。日本を出たから日本の良さが分かる。さらに、日本人が海外で活躍することが、日本の価値になります。 

今、このサイトをご覧になっているということは、もう既に一歩踏み出している、ということです。

「今見える未来」を見ていきましょう!未来を見るということは、成長分野、成長市場で働くとわかることです。ここアジア、セブには「今見える未来」があります。

成長分野で勝負しよう!若い今だからできることです!

 

西澤社長、ありがとうございました。


【 プロフィール 】

株式会社ネオキャリア 代表取締役 西澤亮一
1978年生まれ、北海道出身。

大学卒業後、2000年4月に投資会社へ入社。同年11月、新卒9名で株式会社ネオキャリアを設立。2002年4月代表取締役就任。
人材サービス会社として新卒・中途採用、就職・転職支援の他、医療・介護分野の採用支援など社会が抱える雇用に関する課題を解決すべく、幅広い事業を展開。海外5拠点を含め国内外23箇所に拠点を置き、更なる拡大を予定。
「成長し続ける」という全社で掲げる思想の下、「人材・IT・グローバル」領域にて、世界を代表するサービスカンパニーの実現を目指す。
世界最大級の起業家組織「Entrepreneurs Organization(起業家機構)」に加盟するEO Japanでは、2012年7月より第17期会長を務めあげた。「アジアへ挑戦している100人」に選抜される(「AERA」2013年12月20日発売)。 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top