エンリッチドエアーでコンティキビーチを潜る!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

imageエンリッチドエアーでコンティキビーチを潜る!

初体験!!エンリッチドエアータンクでダイビング


 ブの海を気軽にダイビングしたぁい!秘密のポイントをプロのダイバーさんと一緒に潜って見たい!そしてそして、ダイビングがこんなに楽しいものだとノンダイバーやダイバーの皆さんと分かち合いたい~!というスバラシイこの企画。

今回は、私も初体験となりますエンリッチドエアータンクを使って潜ってきました~。 今回のポイント名は、浅瀬からエントリーしてすぐドロップオフになっている、コンティキビーチ。今までのばはらなダイビングとちょい違うのは(私にとっては大きな違い!)、エンリッチドエアーナイトロックス(EANx)で潜ると言うもの。ダイビング体験者なら、エンリッチドエアーまたはナイトロックスという言葉を聞いたことがあると思います。簡単に説明しますと、通常私たちが使うエアータンクには酸素が21%含まれているのに対して、酸素の割合を21%以上40%未満に設定してあるのがEANxと言うことになります。これを使うことによって、減圧不要限界時間の延長(素晴しい、へ~)、減圧症のリスクが減る(へ~)、その反面酸素中毒になる確率が増える(え~)、潜れる深度がいくらか浅くなる(え~)と言う事です。でもダイビング計画をきっちり立てて潜れば、こんなに便利でスゴイエアーってないですよね。ふむふむ、私は感心しながらEANxの話に釘付け。 このEANx、世界中のダイバーの間ではスタンダードになっているようですが、残念なところ日本はまだ普及率が低いとのこと。しかし、EANxのお楽しみは潜る前の潜水計画を立てるところから始まってるから驚き!!へ~。最大深度を何mまで潜りたいから、酸素配合は今日は何%で、最大深度が何分潜れるうんぬん。

余談ですが、この酸素濃度を調合する「ガスブレンダー」という資格もあるからビックリ~!

と言うことで、本日は酸素配合33%で、最大30m、減圧不要限界時間はダイブテーブルによると29分という素晴しく驚きの計画をたて、EANxを背負って、いざエントリー!ドロップオフ目がけてさぁ~30m潜行。この日は海がとっても穏やかで透明度もバッチリ♪砂地の穴にはニチリンダテハゼのカップルが、かわいいハコフグのお子様、オドリハゼスパインチークアネモネフィッシュ、名前の分からないハゼ大勢などゆったり観察できました。

ダイビング暦15年で、ダイビングの奥深さを改めて感じました。海中の世界を楽しむことはもちろんですが、その世界を「どのように」楽しむかをEANxが教えてくれました。本日のばはらなダイビングもこれにて終了~。

日は愛するサンミゲルビールに代わっておいしいエンリチッドエアーに乾杯

EANxを使いたいダイバーの皆さんは、基本的にエンリッチドスペシャリティーカード提示が必要です。D-ダウンでは1日で取得可能!インストラクターと一緒のファンダイビングなら、あなたもトライできますヨ!!


お世話になったショップ ダイブセンター D-ダウン さん

今回お世話になったダイビングショップは昨年マクタンにオープンしたばかりのダイブセンターD-ダウン、一緒に潜っていただいた海大好き、Diving大好きの島田さん♪今までのDivingをさらに楽しむためのサービスをたくさん揃えて待ってるショップです!!さあ、あなたもENAxのとりこになってみては♪♪
◆ナイトロックスSPコース:1ビーチダイブ(ナイトロックスタンク使用)¥16,000(tax、教材費等は含まれません)
Phone:(032)494-0617    Kontiki Beach Resort Datag, Maribago, Lapu-Lapu city Mactan. Map P35-C2
潜る前に酸素濃度チェック ニチリンダテハゼ ダイアナウミウシ
スパインチークアネモネフィッシュ イントラの島田さんとEANxの
説明に釘付けの私。カードが気になる
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone