マリバゴグリル

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (52)

マリバゴグリル

南国気分を満喫

 Maribago Grill(マリバゴグリル)

【アクセス】マリバゴブルーウォーターから徒歩1分
【アドレス】Bagumbayan, Maribago, Lapu-Lapu City
【Open】10:00-22:00(月~金)/14:00-22:00(日)
【TEL】(032)495-8187


 
このレストランね、マリバゴブルーウォーターから徒歩1分という立地条件のせいか、観光客の皆さんの間ではけっこう利用されているようなんですよね。そんでもって皆さん概ね好評のようです。ま、そういうレストランを見逃しておくのもあれなんで、早速行ってきましたよ。
中に入ってみてちょっと驚いたのが、そのインテリア。テーブルごとに小さなコテージのような作りになっていて、あらあら雰囲気満点じゃございませんか。あー、こりゃあ南国に初めてきましたよーなんていう観光客は一撃でやられちまうよなあ、と大きく納得。
このコテージ、屋根はあるけど、オープンエアーなので蚊が結構寄ってきます。日本の優秀な蚊避けスプレーは必須です。テーブルの下では蚊取り線香も焚かれていますが、セブの蚊はすでに蚊取り線香に耐性が出来ているのか、それともこのフィリピン産の蚊取り線香の製造業者が、コストダウンを追求した結果、有効成分をまったく含まない商品開発に成功してしまったのかはわかりませんが、まったく効きやがりません。それでもこの煙、『金鳥の夏、日本の夏』で『蚊取り線香=夏』のイメージを刷り込まれた日本人にとって、ムード作りに一役買っていないこともないですね。
らに、蚊取り線香のみならず、このレストランにはそんな『日本の夏』を思い出させる一品料理がございます。
その名も『シニガン ナ ヒポン ウィズ パクワン』。パクワンってスイカのことなんですけどね、まあ海老入りの酸っぱいスープの中にぶつ切りのスイカがごろごろ入ってるスープです。まあそういう風に聞くと、「え~?スイカいりのスープゥ~?カオリン、それってどんなあじなのかあ、そーぞーもつかな~い」って、東京都江戸川区在住ちょっとそろそろギャル系の格好としゃべり方には無理があるんじゃないかと母親の真理子さんに心配されている秋川香織さん(28才)は仰ると思うんですよ。うんうん、カオリンにもわかるように具体的に説明しましょうね。
え~と、突然ですが皆さんは、カブトムシって飼ったことあります?男子であればカブトムシを夜のうちに蜜を塗っておいた近所のクヌギから直接採集してきたり、デパートの屋上で地面にひっくり返って泣きながら親にねだって買ってもらったりした、甘酸っぱい思い出の一つもあるはずですね?
でね、今じゃどうか知りませんけど、昔はね、カブトムシの餌といえばスイカのきれっぱしと相場が決まっていたわけで、内側の甘い部分を食べて、要らなくなったあんまり甘くない部分+皮をカブトムシのかごの中に放りこんでおくというのが正しいカブトムシの飼育方法として日本中の甲虫マニアの間で認知されてたわけですよ。で、カブトムシの季節といえば夏ですから、かごの中に入れておいたスイカはね、あったまって、乾いて、ちょっと発酵もして、青臭い香りをカゴの内外に溢れさせて、そんで表面が、う~ん、なんていうんですか?とろんというか、蝋っぽい感触になるじゃないですか。
うん、あれ。あれがスープん中に入ってると思ってくだされば十中八九間違いないです。臭いといい、あの表面のとろんとした感じといい、もうあの日のカゴの中のスイカそのもの。もう頭の中はあの日にタイムトリップですよ。
ね?『なーんでこの人はカブトムシの話なんかし始めちゃったのかなあ?ちょっと危ないんじゃないの、この人?』と読みながらいぶかしく思っていたあなた、あなたの頭の中にもチャングム並みにきっちりスイカスープの味が描けたんじゃないですか?ちょっと結果的にはカオリンには分かりにくい説明になってしまったかもしれませんが、多分カオリンにはどういう風に説明しても結局わかってもらえなさそうな気もしますし、それ以前に多分途中で読むのやめている気がしますので、まあOKですよね?
で、その他の料理も基本的にはよくあるフィリピン料理なのですが、名物らしき『スペアリブ』『鮪のカマのグリル』『BBQチキン』『キニラウ』『マリバゴエクスプレス』等々、色々と注文してみましたが、えー、結果からいうとどれも及第点以下でした。なんだろうな、どれもしょっぱかったり、甘過ぎたり、なんか足りなかったり。どの料理をとってみても、『ああ、これだったらあそこのお店のほうが美味しいね・・・』って思う内容なんですよね。まあでも、観光客が初日の夜に行く分には、マクタン島にあるし、雰囲気もいいし、ベーシックなフィリピン料理もおいてあるし、値段的にもリーズナブルだし、いいんじゃないですかね。でも二日目、もしくは2回目のセブ旅行からは他のレストランにも行かれる事を強くお薦めしておきます。
 
スイカ入りスープ ソルテッドライス グリルドチキン
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top