インタビュー Harold Rainfroyさん

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

1509int012インタビュー Harold Rainfroyさん

Mövenpick Hotel Mactan Island Cebu  New General Manager
約30年の間ヨーロッパや中東、アジアなど世界中の有名ホテルにおいて活躍。
ホスピタリティマネージメントの分野で豊富な経験を持ち、15以上のレストランやエンターテイメントの開発等を出がける。
Mövenpick Hotel Mactan Island Cebuでの就任前はマレーシアのイースタン&オリエンタルホテルにてマネージャーを務め、現在に至る。

 


フランスを離れた1983年から海外で勉強と仕事を始め、16年前初めてアジアを訪れました。

それ以来、アジアや中東を始めとする海外諸国で、ホテル業に携わってきました。12年前には観光客としてフィリピンを訪れたんですよ。1509int018
仕事としてのフィリピンは初めてですが、こちらに来る前はマレーシアにいたこと、妻がフィリピン人ということもあって、私にとってはとても馴染みやすい国で、初めてと思わせない雰囲気があります。

セブの魅力はビーチ、海などの自然はもちろんですが、ここの人々の、どこでもどんな場所でも笑顔が素晴らしく、それはもともと彼らに備わってる「 Naturally Charming 」とでもいうフィリピン独特のホスピタリティーだと思います。
他の国では接客のトレーニングとして、笑顔やホスピタリティーについて学んでもらいますが、彼らには、接客のホスピタリティーをトレーニングする必要がないんですね。彼らにはその才能がもともとあるからです。

これは本当に素晴らしいことです。
彼らの作るホスピタリティーは、「 Naturally Happy 」の国を作っていると思っています。1509int01

多分、フィリピンを訪れたゲストの方も、この「 Naturally Happy 」を感じられる事と思います。これが、他のアジアの国とフィリピンの大きな違いかも知れません。
Mövenpick Hotel Mactan Island Cebuにとって、日本人マーケットは2番目に大きいマーケットです。

直行便利用なら大阪から約4時間、東京からも5時間弱とセブに気軽に来れる範囲ですよね。

また、セブに在住する日本人のお客様を獲得することも、私どもにとっては大きなマーケットになるはずです。
スイスブランドであるMövenpick Hotel Mactan Island Cebuは、フレッシュで鮮度が高いお食事を提供しています。

特にベジタリアンの方には、いいと思います。また、他のリゾートと比べ大きくはありませんが、その分プライベート感をもって、ご滞在していただけると思っております。

静かで落ち着いたビーチやレストラン、客室の雰囲気はファッショナブルです。

毎週金曜日には、開放的なロビーラウンジで心ゆくまでワインを楽しめる「 Celebriscious 」を始め、今後地元のみなさまにも楽しんでいただける企画をたくさん準備しています。

また、IBIZA Beach Clubではナイトライフが楽しめるのも自慢ですね。
ぜひ、私どものホテルで上質なリラックスを楽しんでもらえたらと、思っております。


 

ENJOY WINE ”Celebriscious”1509int0185

毎週金曜日の16:00-18:00、ロビーラウンジにて、Jazzの音楽を楽しみながら、MannyO選りすぐりのワインが、飲み放題。

885ペソで楽しめます。ディナー前、スイミング後のワインをお楽しみください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone