みんな気になる!海外就職者にインタビューしてみました! Vol,1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

 

「海外就職に興味がある!」
「実際に海外で働いている人の声を聞いてみたい!」
 そんな方々お待たせしました、海外就職者インタビュー!

これを読んで、是非今後の参考にしてみてくださいね♪


R・Fさん
Administration Staff
ご内定国:フィリピン セブ島
就業開始:2016.6~

 


なぜ海外就職をしようと思ったのですか?


私が海外で(フィリピンで)働きたいと思ったのは、自分の実力を試せるこの環境で新しいことにチャレンジしたいと思ったからです。

 

発展途上国であるフィリピンですが、今世界的なマーケットとして期待されていたり、実際に多くの企業が参入してきていたりと今後かなり勢いのある国でもあります。
そんな潜在したパワーのあるこの国で一緒に成長できるなんて、そんなチャンスなかなかないですよね!

あとは、フィリピン人の「今日生きることができる分の最低限のお金を持って、今日一日を一生懸命、精一杯楽しく生きること」をメインテーマに人生を謳歌しているそんなエネルギッシュでフリーダムなところが大好きだからです!!


お仕事内容を簡単に教えてください!


私は、日本企業からの営業窓口として働いています。
とはいっても、ここでの日本人従業員は私だけなので、幅広くお仕事を任されています。

問い合わせへの案内はもちろん、日本の企業様からいただいた発注に関する資料や図面の翻訳業務、通訳、輸出入に関するスケジュールの管理・事務手続き、社長のサポート等がメインです。


海外就職の面白いところ、大変なことを教えてください!


「海外で働いてみたい!」という、憧れだけでは乗り越えられない、日本とは違った労働条件は待ち受けていると思います。
仕事に対する個人の価値観、意識の違いは著しく、自分が言いたいことが伝わるのにも時間がかかります。
途方に感じられるときもありますが、継続するしか道は開けず、とにかく我慢強くやり続けるのみといった感じです!
日本だったらこうなのに!とか思うことは多々ありますが、実はそれは同時に良い方向にも作用していて、割と自由な雰囲気で仕事をすることができるのも事実です。

 

また、セブでは会社を挙げてクリスマスパーティーやファミリーデイといったイベントが行われます。
会社が従業員、従業員の家族に感謝する日なのですが、こういったイベントのある日は従業員はみんなオシャレをして、ご馳走を食べて飲んで歌って踊ってと、まさに大宴会状態って感じで、海外就職の楽しさを感じます。


これから海外就職しようと考えている方に一言お願いします。


私はここで就職できたことを本当によかったと思っています。

日本で働いていたら絶対に得られる事が無い経験、文化の異なる人たちとの交流、日本では味わえない仕事のやりがいなどを経験することができたからです。

 

海外で働くことは、未来が予想できないことばかりだと思います。
不安やリスクもあると思いますが、そこで考え込んでしまっては何も始まりません。
人と違うことを恐れず、人の意見に流されすぎず、思い切って一歩踏み入れてください。

海外就職は、自分らしくのびのびと生きることができるそんな選択肢の1つだと思います。

 


R・Fさん、ありがとうございました!

 

 

海外就職に挑戦したい方はジョブポットから!

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone