セブ島留学スペシャルインタビュー 亀田興毅氏/亀田和毅氏

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

ao1rtop0224セブ島留学スペシャルインタビュー 亀田興毅氏/亀田和毅氏

多数の著書、ノマド的ライフスタイルの先駆者的存在、日々世界を廻り、独自の視点で多くのファンを持つ、高城剛氏。 計350万部以上の英語参考書部数は日本一。今、話題の東進ハイスクール超人気カリスマ英語講師、安河内哲也氏。 昨年、セブ島にて三男和毅氏が、世界チャンピオンになり、世界初!の兄弟三人世界 王者を果たした亀田兄弟の長男亀田興毅氏と三男和毅氏の超豪華3組に、 益々注目を集めるセブ島の語学留学について、語っていただきました。

 

僕らが、ボクシング界で世界に行く。

5年後、10年後には、当たり前に英語が 話せないといけない日が来ると思う。 まだ間に合う。一日でももったいないから、 できるだけ早く学び、勉強したい。

 

アメリカを拠点とする為の、基本作りに。

興毅:先生の教え方がうまい、やさしい。ゆっくり同じ事いってくれる。アメリカとかだとこうじゃないと思う。理解させてくれ る。授業中は日本語禁止で、僕らは英語一言もわからないの に、でも日にちが経つと、なんかわかってくるような気になっ てくる。
和毅:ラスベガスで2回目の防衛後、アメリカの代理人と契約して11月1日にはまたシカゴで試合があるので、ここにいる間 も朝5時から2時間半アビリアーナで走り込んで、毎朝9時から3時まで授業して、午後はジムでトレーニングしている。
これからは、アメリカをベースに活動するから、英語は基本だ と思って来た。昔から英語はやりたいと思っていた。中学卒業するくらいから。でもその後メキシコに行ったのでスペイン 語が先になってしまったけど、やっと、そういう時間がとれる ようになった。 英語は中学レベルの基礎もないし、もともと、スペイン語しか知らないから、ABCDも「アーベーセーデー」で覚えてるので、スペイン語が話せる分、余計に混乱します。特に英語は発 音が難しい。でも4週間いて、大分聞けるようになってきた。
今回は、基礎を教えてもらった。あとは実践でどんどん単語を 覚えていったら、あとは、はめ込んでいけばいい。聞ける事が 大事と思う。それは今回の留学で大分伸びた。
短期間でも本当に来てよかったですね。でも試合前なので、 練習もハードで、脳も体も疲れてるから、集中力に欠ける。今 回の試合勝ったら、勉強だけに集中して、もう一度来たいと思 っている。基礎さえ覚えたら、あとはどんどん実践していけばいい。

ネイティブ並みに話せなくてもいい。

興毅:夏休みは日本人が多いから、人が多い時期を避けてきた。でもマンツーマンなんであまり人に会わなくてすむ。 ご飯の時に、人の多さを実感した。給食は小学校以来の経験で、なかなか楽しかった。マンツーマンで、安いし、英語するこ とに集中できるからいいと思う。
和毅:1週間目は、ストレスがたまっていた。何言ってるのかが わからないから、帰りたかった。2週間目はちょっと分かってき て、楽しくなってきた。3週間目には、また壁にぶつかって、また わからなくなる。
ここの学校は、ずっと300人以上いるらしい。すごい人気。フィリピン経済も右肩上がりで、すごいといわれているけど、それの勢いを感じた。
興毅:言葉はツールなんで、ネイティブみたいに、完璧にな る必要はない。フィリピン人くらいみんなわかる英語はなせるようになれれば、十分。
和毅:ある程度しゃべれるように早くなって、フィリピン留学 は上達しますよ!って言いたい。大阪からも、直行便がでるみたいなんで、より近くなりますよね。
興毅:先生がいいと思う。全然わからなくても、一からちゃん と教えてくれる。 これから、日本も英語が必要になると思う。仕事にしても、世界に羽ばたかないといけないし、戦っていかないといけない。日本人は英語ができないし、特に発音よくないでしょう? フィリピン人は英語も話せるし、発音もいいし、距離も近いし。ここで英語覚えたらいいと思う。

 

日本人が、世界で活躍する為に。
興毅:5年10年後には、絶対に日本だけじゃなく、海外で仕 事、ビジネスする事になって行くと思う。英語話せないとい けない時代が来ると思う。
子どもも、日本では1歳半くらいからインターナショナルの学校に入れるみたいやし、僕の子どもも小さいときから、インターに入れたりして英語を自然に覚えさせたい。当たり前に英語話せないといけない時代が来ると思うから。今、和毅が23歳、俺が27歳、今からでも遅くない。一日でももったいないから、できるだけ早く学んで、勉強しようかなって思う。
スポーツ界も野球やったら、イチロー選手、マー君(田中選 手)、ダルビッシュ選手、サッカーやったら本田選手、長友選 手、香川選手と、たくさん世界で活躍しているけど、ボクシン グでは、僕らが世界に行くっていう気持ちで、僕らもこれからがスタートやって思ってる。

 

セブに帰ってきて、また試合がしたい。
和 毅:( 昨 年 、セ ブ で 行 わ れ た 世 界タイトルマッチに つ いて)あの時は会場の声援が、日本でもないくらいすごかった。海外での試合とは思えないくらいやった。すごく嬉しかった。僕らも、フィリピンが好きやから、もう一回、またここで試合かしたい。その時は、セブに住んでいる皆さんもたくさん応援してくれたら嬉しいです! 


亀田興毅氏(写真左)亀田和毅氏(写真右)
三男和毅氏は昨年セブにて世界王者に。兄弟三人世界王者は、世界初の快挙。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top