セブ島で暮らすために必要なビザ一覧

アイキャッチ画像

 

※2020年6月29日現在、フィリピンでは新規ビザの発行を行っておりません。
情報が変わり次第こちらで随時アップデートいたします。

 

フィリピンにはさまざまなビザや許可証があります。

ビザについてよく知り、自分の滞在期間やスタイルに合った適切なビザを取得するようにしましょう!

ここでは、フィリピンで暮らす(短期間も含む)ために必要なビザの種類、許可証についてご紹介いたします。

※ルール・申請書類等は頻繁に変更があります。
各種ビザ申請の際には、まず直接現地イミグレーション(入国管理局)に確認されることをお勧めいたします。
▶︎Bureau of Immigration(イミグレーション)

 

INDEX

・ビザ一覧
・ビザに付随する許可証
・注意点
・ビザ取得に関するサポート


セブ島に住むために必要なビザ一覧

フィリピン滞在中に必要となるビザ一覧


 

空港にいる女性

 

▶︎滞在許可

入国管理法の規定により、日本人はビザ無しで入国でき、空港で30日間の滞在許可(無料)がもらえます(場合によっては、入国不許可のケースがあります)。
よって、フィリピン入国に際し、事前にビザを取得する必要がありません。
また、ビザの取得は必須ではありませんが、事前に日本のフィリピン大使館で観光ビザを取得しておくことも可能です。

 

※注意事項※

・何かしらのパーマメントビザ(居住可能なビザなど)がない場合、必ず往復チケットまたはフィリピン国外に出るチケットをお持ちでないと、入国できません。
・2020年6月現在、新型コロナウイルスの影響のためこの規定が無効となっています。今後改定があった場合こちらでアップデートしていきます。

 

▶︎観光ビザ (9A)

フィリピンに30日以上滞在する場合、観光ビザを取得する必要があります。
初回のビザ取得以降は、ビザの期限が切れる前に更新手続きを行う必要があります。
日本で観光ビザを取得することは可能ですが、手続きも少し面倒なため、観光ビザを取得せずに入国し、必要に応じてフィリピンで延長手続きをする方法が一般的です。

▶︎セブ島での観光ビザの延長法はこちらをチェック!

 

※注意事項※

・最長3年間延長可能ですが、17~36ヶ月の滞在延長には、入国管理局長の承認が必要です。
・6ヶ月以上滞在した場合は出国の際に、ECC(出国許可証)を取得しなければなりません。取得していないと、空港の出国審査で止められてしまいますので、忘れずに取得しましょう。
・観光ビザでの労働・就学は法律で認められていませんので、注意が必要です。
・2020年6月現在、新型コロナウイルスの影響のためこの規定が無効となっています。今後改定があった場合こちらでアップデートしていきます。

 

海外で働く人のイメージ

 

▶︎労働ビザ(9G)

労働ビザ(9G)は、フィリピンで働く場合に取得する最も一般的なビザです。
申請から取得まで要する期間は3-6ヶ月以上とかなり幅があり、日数がかかります。
労働ビザの申請中であっても、取得できるまで観光ビザの延長が必要です。

このビザは会社を通して申請するものなので、個人では取得できません。
最大3年間の許可がおりますが、今までの会社の雇用状況等により、許可のおりる期間は人によって異なります。
また、現在は資本金が1,000万ペソ以上の会社でないと通りにくい傾向となっています。

ビザの期限の2-3カ月前から更新手続きを行います。
同伴家族も取得することができ、お子様のSSP(就学許可証)が免除されます。

 

▶︎投資家ビザ(9D)

投資家ビザはフィリピンで会社を設立し投資・持ち株(振込み株式)額が30万ペソ以上ある場合に申請できます。
取得に要する期間は9Gと同じく3-6ヶ月間ほどかかります。
同伴家族も申請できます。

 

▶︎投資委員会・特別経済区ビザ(47A(2))

BOI・PEZAに登録している会社で働く外国人とその家族に与えられるビザ(通称:PEZAビザ)で、会社が申請します。
比較的取得しやすい労働ビザと言われています(外国人労働許可証(AEP)の取得は必要)。

 

国際結婚のイメージ

 

▶︎結婚仮永住ビザ・結婚永住ビザ(13E)

フィリピン人を配偶者に持つ外国人が申請でき、最も安く簡単に取得できる永住ビザです。
まずは仮永住ビザを取得し、1年後に正式な永住ビザを取得できます。
就労可能なビザで、DOLE(労働雇用省)からの外国人労働許可証(AEP)も免除されています(免除対象であるという証明書はDOLEで取得しておくとよい)。

 

※注意事項※

・結婚永住ビザは離婚すると永住権利を失います。

 

▶︎割当移住・永住ビザ(13E)

クォータービザとも言い、フィリピンと移民協定を結んでいる国(アメリカ、ドイツ、日本など)に対して発行されるビザで、合計の発行数が日本人は年間50人と毎年限られた外国人に与えられます。
フィリピンで生活が出来る年金証明書など証拠書類を提出・審査の上で許可されますが、年々厳しくなっている傾向があります。
就労・就学も可能です(外国人労働許可証(AEP)の取得は必要)。

しかし、年初にアクションをとらないと来年まで待たなければならない上に、イミグレーション所属の弁護士に人数が割り当てられているようで、信用できる弁護士に依頼することが肝要です。
弁護士により手数料が異なります(20万-60万ペソ)。
家族の場合でも一人ひとり別枠で申請しなければならないので、取得時に費用がかかります。

5万ドルの預金証明が必要ですが、ビザ取得後は引き出して使用することが可能です。

 

 

▶︎リタイアメントビザ・永住ビザ(SRRV)

アジアの中で最も取得しやすいとされているフィリピンのリタイアメントビザ。
フィリピン退職庁(PRA)を通じて取得します。
35歳から取得でき、条件によって預託金は1-5万ドルとハードルが低いです。

同伴家族2人まで1つの預託金枠に含まれるので、ご家族で申請する場合にはクォータビザよりも取得費用を安く抑えることができます。
カテゴリーにはスマイルとクラシックの大きく分けて2つの種類があり、スマイルは預託金を預けたままで、引き出す事はできませんが(35歳から49歳まで預託金が2万ドル)、クラシックは投資などに転用することが可能です(35歳から49歳までの預託金は5万ドル、50歳以降は2万ドル、年金受給者は、1万ドル)。
毎年もしくは3年ごとに、年会費360ドル(最大3人まで同金額)を支払う義務があります。

ビザ保持期間中は永住することができ、リタイアメントビザであるにも関わらず就労が認められているため(就労ビザの取得は免除。外国人労働許可証(AEP)の取得は必要)、退職者に限らず、ビジネス、英語教育、親子移住などの為に、リタイアメントビザを取得するビジネスマンや若いご家族が増えています。
さらに、出国許可証(ECC)、旅行税の免除(滞在期間が1年未満の場合)、就学可能(SSP免除)などの特典もあります。

 

▶︎バリックバヤン・ビザ

フィリピン人と結婚している外国人がフィリピン人の配偶者と一緒に入国することで、自動的に1年間の滞在許可が与えられます。


▶︎学生ビザ

フィリピンの大学・大学院など高等教育機関の正規学位課程に入学する場合に取得するビザ。
入学希望の学校から入学許可を得た後にフィリピン外務省・在日公館に必要書類を提出すると、在外フィリピン大使館又は、領事館より発給されます。
フィリピンに来てから、大学側が申請してくれる場合もあります。

ビザの取得については大学側に事前に確認しておきましょう。
医学・歯学の場合は高等教育委員会(CHED)の入学資格認定証明書が必要です。

 


セブ島に住むために必要なビザ一覧

ビザに付随して取得が必要となる許可一覧


 

許可証を持つ男性

 

▶︎外国人労働許可証(AEP)

就労可能なビザを持っていても、外国人がフィリピンで働くためには外国人労働許可証(AEP)の取得が必須です。
(※結婚永住ビザ所有者は免除)
労働雇用省(DOLE)で申請、取得します。
労働ビザを申請する場合には、まずAEPを取得することが必要です。

会社に所属している外国人の数に対してフィリピン人が少ない。

・外国人を雇用する理由が明確でない

上記と判断されると、AEPの許可が下りにくい場合もあります。

 

▶︎特別労働許可(SWP)

研修や技術指導などを対象とした労働許可で、こちらを取得すれば観光ビザでも就労が認められます。
有効期間3ヶ月、1回のみ延長可能です(最大6か月間)。
あくまでも許可証であり、ビザは観光ビザのままので、観光ビザは延長し続ける必要があります。

ただし、研修・技術指導とみなされる特別な技術を持つ人のみが取得でき、その対象は一部の業種に限られています。

 

▶︎特別就学許可(SSP)
観光ビザの外国人が幼稚園や小学校・高校、語学学校に入学する際に取得する就学許可です。
こちらを取得すれば観光ビザでも就学が認められます。
有効期間は6ヶ月で、延長回数に制限はありません。

あくまでも許可証であり、ビザは観光ビザのままので、観光ビザは延長し続ける必要があります。

 


セブ島に住むために必要なビザ一覧

その他の注意点


 

注意点のイメージ写真

 

▶︎出国許可証(ECC)

フィリピンに6ヶ月間以上の滞在後に出国する場合、出国許可証(Emigaration Clearance Certificate)を取得する必要があります。
観光ビザ以外のビザの人はI-Cardを持っていれば空港で手続きができますが、I-Cardを持っていない場合や観光ビザの場合は、出国の数日前にイミグレーションで必ず取得しなくてはなりません。

一度取得したECCは二週間有効です。
何かの事情で出国が延期され、ECCの有効期限が切れてしまう場合には、有効期間の延長をすることができます。

※ECCが無いと、空港のイミグレーションで出国拒否をされてしまいます。忘れずに事前に取得しましょう。

 

<申請に必要な書類>
・証明写真 3枚
・パスポート
・出国日の飛行機の予約確認書

※本人もイミグレーションへ行き、指紋捺印が必要です。

 

▶︎Annual report(年次報告)

毎年ACR-I Card所持者の方は、年初から60日以内にフィリピン入国管理局にて、Annual Report(年次報告)をする義務があります。
手数料は310ペソです(2020年6月現在)。
観光ビザの方の場合は、ビザの延長の際にこちらの費用が自動的に含まれていると思いますので、お支払い時にご確認ください。

なお、SRRV(リタイアメントビザ)の方、前年の11月3日以降(年によって多少日付は異なる)に入国した観光ビザの方は免除されます。

 

※注意事項※

・Annual Reportは、年初から60日以内にフィリピン入国管理局で済ませる必要があります。これ以降は、ひと月あたりペナルティが200ペソ発生しますのでご注意ください。
・詳細は下記にてご確認ください。
▶︎ANNUAL REPORT(イミグレーションのHPより)

 

▶︎パスポートの紛失・盗難

盗難や事故でパスポートを紛失してしまった場合、まずその現場の所轄の警察署に被害届を出して、紛失(盗難)証明書を取得します。
その後必要書類を揃えて、在比日本国大使館・領事館に提出し、パスポートの再発行、または早急に帰国しなければならない場合は、渡航許可証を申請します。

 

詳細は下記にてご確認ください。
▶︎ 3.旅券を紛失/盗難/焼失の場合の申請(在比日本国大使館のHPより)
▶︎ 6.帰国のための渡航書(在比日本国大使館のHPより)

 

▶︎二重国籍

フィリピンは法律で二重国籍が認められていますが、日本は両親のどちらかがフィリピン人で二重国籍を有する場合、その子どもが22歳になるまでに(22歳に達した後に重国籍になった場合は重国籍になった時から2年以内)、どちらかの国籍を選択しなければなりません。

詳細は在日フィリピン大使館、法務省のWebサイトにてご確認ください。
▶︎ <国籍選択について>(在比日本国大使館HPより)
▶︎ 国籍選択について(法務省HPより)

 


セブ島に住むために必要なビザ一覧

任せて安心ラクラク!ビザ取得サポート!


 

▼ハテナソリューションズが取得サポート可能なビザ/許可証一覧▼

観光ビザ(9A)
労働ビザ(9G)
結婚仮永住ビザ・結婚永住ビザ(13E)
リタイアメントビザ(SRRV)
外国人労働許可証(AEP)
特別労働許可(SWP)

 

上記ビザ、ビザに付随して必要となる許可証などの取得サポートを行っております。

フィリピンの制度は頻繁に変わりやすく、手間も時間もかかり大変です。

面倒な手続きはハテナにお任せください♫

すべてのサポートは日本人が日本語で対応いたしますので、安心してお任せいただけます!

 

下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、取得希望のビザの種類などなるべく詳しいお問い合わせ内容をお伝えください。

 

お電話でも対応しております。

+63-917-721-4432:担当 山田

 

ご予約・お問い合わせ

※Eメールについての注意事項

■携帯メール(@docomo.ne.jp)(@ezweb.ne.jp)(@i.softbank.jp)のドメインで、下記例のようなメールアドレスの場合、弊社及び催行店舗よりメール送信ができないことがございますので、お手数ですがPCメールアドレスなどをご利用くださいませ。
・@の直前に「.」(ドット)がある。(xxxx.@xxxxxx)
・@の左側に「.」(ドット)が連続している。(xx..xx@xxxxxx)

■お問い合わせ送信後48時間以内に催行会社からメールが来ない場合
迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにもメールが届いていない場合は、再度お問合せフォームからお問い合わせをお願いいたします。