セブ島の地図・マップ・エリア紹介(セブ島/セブシテイ/マクタン島/マンダウエ)

 

 

東南アジアでも、有名なリゾート地フィリピン・セブ島

観光だけでなく、海外での移住先としても人気の高い場所です。

今回は、セブ島に観光に来られる方や、移住・長期滞在される方にも役立つセブ島の地図・エリアについてご説明します!

 

 目次 
ー【セブ島基本情報】
ー【セブ島エリア】
・(セブシティ、マンダウエシティ)
 -アヤラエリア(ビジネスパーク Business Park)
 -ITパーク
 -バニラッド
 -A.S フォーチュナ
 -タランバン
 -フエンテオスメニア
 -ベイエリアとSRP
・(マクタン島)

 


 セブ島基本情報 

フィリピンは、7100以上の島々を有数る島国。その中でも、セブ島は、フィリピンの中心に位置する島。

南北に225kmに伸び、面積は4,422k㎡で、日本本州や沖縄のような細長い形をしており、面積は沖縄本島の約3.7倍くらいあります。

セブ州に属し、周りにマクタン島、オランゴ島、バンタヤン島、マラパスクア島などの島々に囲まれています。

いわゆるセブ島エリアにはセブ本島と2本の橋でつながった、国際空港やリゾートエリアがあるマクタン島も含まれます。

 

セブ島全体の人口は約400万人ですが、メトロセブと呼ばれる大都市エリアの人口は255万人で、セブ島人口の大部分を占めます。

メトロセブとは、セブ市とマンダウエ市を中心とした主な経済圏をさし、近隣のタリサイ市、ダナオ市、カルカル市、ナガ市、マクタン島のラプラプ市が含まれます。

 

 セブ島のエリア 

 

 セブ島の主要エリア 

– ①Cebu City セブシティ –
セブシティは、セブ島のビジネス経済の中心で、行政機関、主要な病院、大学など、生活に欠かせない主要なものはセブシティに集まっています。

また、観光地やショッピングを楽しむことの出来る大型のショッピングモールも多数あるので観光客にも人気のエリアです。

セブシティについて詳しい説明はこちら。

 

-②Mandaue City  マンダウエシティ –
マンダウエシティはセブシティの隣で、マクタン島とセブ島をつなぐ2つの橋があります。
空港へも車で約30分、セブシティへも車で30分で、美味しいレストランも沢山あるので便利なエリアです。

マンダウエシティについて詳しい説明はこちら。

 

-③Mactan Island マクタン島-
一般的にイメージするセブのリゾートエリアは、このマクタン島に集約されています。

セブ・マクタン国際空港があり、リゾート以外にも経済特区メプサ(MEPZ)や、近年都市開発も進みだしています。

マクタン島について詳しい説明はこちら。

 

-④Olango Island オランゴ島-

オランゴ島は、マクタン島から15分で行ける、フィリピンで一番最初にできた野鳥の自然保護地域に指定されている島です。

オランゴ島のおすすめリゾートはこちら▼
【オランゴ島】マクタンから15分!隠れ家リゾート「カサブランカバイザシー」

 

-⑤Caohagan Island カオハガン島-

カオハガン島はマクタン島から南東に位置し、日本人がオーナーの島です。

日帰りアイランドポッピングなどのアクティビティでも人気のビーチと島の暮らしが美しい島で、宿泊も可能です。

 

おすすめカオハガン島ツアーについてはこちら▼

【予約可能】セブ・カオハガン島の日帰りツアーの旅

【予約可能】セブ・カオハガン島を1泊4食ツアーで満喫しちゃおう!

 

-⑥Car Car City カルカルシティ-
カルカルシティは、セブシティから南へ40㎞行ったところにあり、この先のオスロブやモアルボアルへ行く中継地でもあります。

スペイン統治時代の建物が街の中に残る歴史も感じる場所です。

 

-⑦Oslob オスロブ-
オスロブは、セブシティから車で約3時間半ー4時間、カルカルシティからさらに南に行ったところにあり、ジンベイザメで有名なエリアです。

 

おすすめのオスロブのジンベイザメ+ツマログ滝+シマラーチャーチツアーはこちら▼
【予約可能】セブの人気スポットを満喫!ジンベエザメだけじゃない!?大自然ツアー

 

-⑧Moalboal モアルボアル-

モアルボアルは、セブ島の南西部に位置し、ウミガメに高確率で出会えるエリアです。

自然が豊かで、滝などのキャニオリングも人気です。

 

モアルボアルのウミガメツアーについてはこちら▼
【セブ島】モアルボアルへの行き方&ウミガメウォッチングなどのおすすめアクティビティ!

モアルボアル近くのバジャンおすすめリゾートホテル▼
【バジャン アイランド ウェルネス リゾート】1島に1リゾート!五感で味わう癒やしで心も体もリトリート。

 

-⑨Bantayan Island バンタヤン島-
バンタヤン島は、セブ島から北西部に位置し、真っ白なビーチががあるいまも素朴さが残る欧米人にも人気の島です。

 

-⑩Malapascua マラパスクア島-

セブ島北部に位置するマラパスクア島は、ホワイトサンドのビーチが美しい、ニタリ(オナガザメ)に出会えるスポットのある島です

マラパスクア島のニタリダイビングツアーはこちら▼
【予約可能】世界中のダイバーの憧れ!幻のサメ・ニタリ(オナガザメ)を狙うなら、マラパスクア島へ!

 

セブ島北部のおすすめホテルはこちら▼
【カンダヤリゾート(Kandaya Resort)】セブ島最北端で最高のひとときを過ごす!

 

-⑪Camotes Island カモテス島-

カモテス島は、セブシティからフェリーで2時間ほどの北東部にある島で、ビーチはもちろん、ダナオ湖や洞窟がいくつかあり見どころの多いスポットです。

カモテス島について詳しくはこちら▼
セブからたった1時間半で行ける!のどかなカモテス諸島

 


セブ島エリア紹介

セブシティ・マンダウエシティ


 

 

セブシティとマンダウエシティは、メトロセブでも特に中心的な都市となります。

 

セブシティには、ITパークやビジネスパークの2つのビジネス街があり、外資系IT企業もいくつかあり、外国人が多く滞在しています。

観光地や巨大ショッピングモールもあるので、観光客にも人気のエリアです。

また近年人気のリタイア後や、親子留学などのセブ島移住先として日本人が住むのも、そのほとんどがこのエリアです。

 

セブシティに隣接しているマンダウエシティも外国人がたくさん滞在するエリアになります。

マンダウエシティには日本食料理屋、韓国料理屋など色々な美味しいレストランがたくさんあり、長期滞在者には嬉しいエリアです。

 

セブシティとマンダウエシティの主なエリアについて、下記のエリアをご紹介します。

 


セブシティ・マンダウエシティ

アヤラエリア(ビジネスパーク Business Park)

 

 

 

アヤラエリア(セブビジネスパーク CEBU Business Park)はセブシティにあり、中心に巨大モール”アヤラセンターセブ”があります。

セブ島でアヤラと言えば、このビジネスパーク付近を指します。

 

アヤラモールについて詳しく知りたい方はこちら▼

【アヤラモール完全攻略①】セブ島アヤラモールのレストラン・ショップ・その他お役立ち情報を紹介!

 

ビジネスパークには、外資系企業がいくつか入っており、外国人も多く滞在しています。

治安も良く、コンドミニアムもこのエリアにあるので、おすすめの長期滞在エリアの1つになります。

 

アヤラエリア(ビジネスパーク)でお部屋を探したい方はこちら▼

セブ島で中・長期滞在にピッタリの賃貸コンドミニアム物件を紹介♪

 


セブシティ・マンダウエシティ

ITパーク

 

 

ITパーク(IT Park)も、セブビジネスパークに並ぶ、セブシティ内にあるビジネスエリアです。

外資系BPOやコールセンターなどのIT企業も多いので、24時間営業のオフィスもあり眠らない街。

 

 

2019年12月には、ビジネスパークにもある同じアヤラモール系列の”アヤラセントラルブロック”ITパーク内にオープンし、さらに便利なエリアになりました。

 

ITパークのアヤラモールについて知りたい方はこちら▼

【ITパーク アヤラモール】アヤラモールセントラルブロック全解剖!

 

ITパークのエリアの入り口には、ゲートがあり人や車の出入りを監視しているので、非常に治安が良いです。

こちらのエリアも長期滞在されるには、おすすめのエリアになります。

 

ITパークのお部屋を探している方はこちら▼

セブ島で中・長期滞在にピッタリの賃貸コンドミニアム物件を紹介♪

 


セブシティ・マンダウエシティ
バニラッド
ASフォルチュナ通り(エーエスフォーチュナ通り)
タランバン
フエンテオスメニア

 

 

【バニラッド(Banilad)】

バニラッド(Banilad)は、セブシティとマンダウエシティをまたぐエリアになります。

セブシティ側には、マリアルイサ(Maria Luisa)と呼ばれる、高級住宅街もあり、その周辺には素敵なお店がたくさんあります。

 

バニラッドも非常に生活するのに便利なエリアです。

マリアルイサの近くには、ストリートスケープ(Street Scape)と呼ばれるレストランなどが集まった商業施設、セブシティ内にはバニラッドタウンセンター(BTC:Banilad Town Center)というスーパーだけでなくスポーツジム、レストランなどが入った商業施設があります。

また、マンダウエシティ側にはエーエスフォーチュナストリート(A.S Fortuna St)沿いに商業エリアのオークリッジ(Oakridge)があり、スーパーマーケットのルスタンス(Rustance)やレストランも入っています。

 

バニラッドにあるおすすめのリゾートはこちら▼

【お洒落空間】”Asmara Urban Resort”の楽しみ方。イタリア人オーナーのこだわりとは!


 

【エーエスフォーチュナ通り(A.S Fortuna St)】

エーエスフォーチュナ通り(A.S Fortuna St)は、先ほど紹介したバニラッド(Banilad)というエリアとバキリッド(Bakilid)というエリアを主に横断した通りです。

この道沿いには、美味しい日本食料理屋や韓国料理屋などレストランがたくさんあり、グルメな人にはおすすめの通りになります。

 

 

バキリッドエリアの方には、外国人には欠かせないイミグレーション(移民局)も入っているJセンターモール(Jcentre mall)もあるので、マンダウエシティに住む人にとってはエーエスフォーチュナ通りは、生活のメイン通りにもなっています。


 

【タランバン】

タランバン(Talambam)は、バニラッドと隣接しており、小・中・高のインターナショナルスクール、プライベートスクールなどが多い住居エリアになります。

緑が多い地域で、自然に囲まれた環境の学校にお子様を通わせたい親御さんにもおすすめ。

セブシティ、マンダウエシティからも、このエリアの学校へアクセスするのも便利です。

住宅街もいくつかあり、比較的家賃がリーズナブルです。

 

セブ島のインターナショナルスクール・プライベートスクールについて詳しく知りたい方はこちら▼

【2020年最新版】セブ島のインターナショナル&プライベートスクール徹底比較16選

 


セブシティ・マンダウエシティ
フエンテ・オスメニア

 

 

 

フエンテ・オスメニア(Fuente Osmena)エリアは、フエンテ・オスメニア・サークル(Fuente Osmena Circle)を中心とするエリア。

以前の経済の中心地で、現在も、主要な病院、政府機関などが集まる場所です。

フエンテ・オスメニア・サークルは、真ん中に噴水がある広場です。

周辺には、ロビンソンモールやオシャレなレストランやカフェがたくさんあります。

 


セブシティ・マンダウエシティ

ベイエリアとSRP

 

 

ベイエリア(Bay area)は、セブ島とマクタン島とをつなぐ橋の一つオールドブリッジから、南下して新しい埋め立て地エリア「SRP(サウス・ロード・プロパーティーズ)」までの海沿いのエリアを指します。

海の主要拠点セブ港があり、リクレメーションエリア(Reclamation Area)は海からのコンテナなどの荷物が入る場所ですが、現在建設中のマンダニベイ(Mandani Bay)や、アヤラ不動産が新しい街を建設するなど、今後都市開発が最も進むエリアです。

また、SRP(South Road Properties)には、セブ島最大のショッピングモール「SMシーサイド」や沿岸の都市開発も進み始めています。

 

【マンダニベイ】

 

マンダニベイ(Mandani Bay)は、コンドミニアムをはじめ、オフィスビル、商業施設などが建設予定の新しい街です。

将来は、ビジネスパーク、ITパークのに並ぶセブ島の代表的な街になるでしょう。

 

セブ島の新しい街として、注目されているエリアですので、建設されているコンドミニアムも投資目的としても期待されています。

 

セブ島のマンダニベイ、コンドミニアム購入について興味のある方はこちらから▼

【2020年】セブ島おすすめコンドミニアム物件(新築・転売)をご紹介!

 

【リクレメーションエリア】

 

 

リクレメーションエリア(Reclamation Area)は、SMセブシティ(SM CITY CEBU)やロビンソンギャレリア(Robinsons Galleria Cebu)などの大型ショッピングモールもある、商業埋め立て地エリアとなります。

 

【SRP】

 

SRP(South Road Property)も海岸沿いの開発エリアです。

このエリアで代表的な施設は、SMシーサイド(SM SEASIDE CITY)でセブ島最大のショッピングモールとなります。

 

SMシーサイドについて詳しく知りたい方はこちら▼

【SMシーサイド完全攻略】これを読めばわかる!レストラン、お土産、両替所まで!

 

Isla dela Victoria イメージ図:Sugbo.ph

 

SRPには、イスラ デラ ビクトリア(Isla dela Victoria)という新しい商業施設が建設中です。

施設内には、ショッピングモール、カジノ、レストラン、バー、コンベンションセンター、劇場、さらに3つのホテルが建設予定になっています。

このイスラ デラ ビクトリアもセブ島の注目スポットになること間違いなしでしょう。

 


セブ島エリア紹介

マクタン島


 

 

マクタン島は、セブ島と2本の橋でつながれた、国際空港のある島です。

セブ島といえば、リゾートのイメージですが、リゾートエリアはマクタン島にあります。

マクタン島には、経済特別区域メプザ(MEPZ)があり、多くの日系企業が進出し、日本人もたくさん働いています。

 

 マクタン島のリゾートエリア 

 

 

マクタン島には、北西あたりにマクタン国際空港、東北側にプンタエンガーニョ(Punta Engano)マリバゴ(Maribago)マリゴンドン(Marigondon)のリゾートエリアが広がっています。

 

マクタン空港から車で、プンタエンガーニョは約15分、マリバゴは約20分、マリゴンドンは約40分で行くことができます。

 

【マクタン島エリア別ホテルの特色】

 プンタエンガーニョ 
セブ島のリゾート地で大型リゾートが立ち並ぶエリアです。
併設されているレストランやスパの品質の高いホテルが多く、ホテル内で全て完結できるので、ゆっくりリゾートを楽しみたい方にはおすすめです。

 マリバゴ
このエリアは、ファミリー向けのホテル、リーズナブルなホテルが多いエリアです。
海沿いに面しているホテルも多く、セブ島のリゾート気分を楽しむことも出来ます。
レストラン激戦区でもあるので、フィリピン料理はもちろん、日本食や韓国料理も楽しめますよ!

 マリゴンドン
マクタン空港からは、少し離れたエリアですが、日本人に人気のホテルが多いです。
他のエリアと比べると、ホテル同士の間隔が広いので、より静かで落ち着いた雰囲気があります。

 

 

マクタン島のリゾートホテルについて詳しく知りたい方はこちら▼
セブ・マクタン島の厳選リゾートホテル 【ビーチリゾート・マクタン島編】

 

セブポットおすすめのマクタン島のレストランが気になる方はこちら▼
セブ・マクタン島のおすすめレストランまとめ!

 

マクタン島のスパが気になる方はこちら!▼
【予約可能】セブ島・マクタン島のリゾートエリアのおすすめスパ

 

 リゾート開発が著しいプンタエンガーニョ 

 

プンタエンガーニョのエメラルドリゾートの開発の様子 / Youtube : KD Aerial Cebu より

 

プンタエンガーニョでは、リゾート施設の開発が目まぐるしく、現在(2020年7月)建設中の巨大総合カジノリゾート施設”エメラルドリゾート(Emerald Resort)”が新たなセブ島の観光スポットの一つになるのは間違いないでしょう。

エメラルドリゾートの開発も相まって、今後新たにオープンする”シェラトン(Sheraton)””アルガバイロックウェル(Aruga by Rockwell)”などのリゾートホテルの建設や、併設される高級コンドミニアム物件も投資家達から注目されています。

 

マクタン島の購入物件について知りたい方はこちら!▼
セブ島おすすめの購入コンドミニアム物件(新築・転売)をご紹介!

 

便利な新しい街マクタンニュータウン

 

マクタンニュータウン

 

マリバゴとプンタエンガーニョの間には、新しくできた街マクタンニュータウン(Mactan New Town)があり、レストラン、カフェ、スーパー、薬局はもちろん、ホテル、コンドミニアム、学校などが入っており、マクタン島で生活するには便利なエリアです。

 

マクタン島ニュータウンで賃貸コンドミニアムを探されている方はこちら▼
セブ島で中・長期滞在にピッタリの賃貸コンドミニアム物件を紹介♪

 


まとめ


 

セブ島はリゾート地としても観光客に人気ですが、開発がどんどん進んでおり生活の便利さも向上して、移住先としても注目されています。

セブ島に観光で訪れる方も、長期滞在される方も、ぜひこのページを参考にセブ島の色々な魅力を知って、セブ島での時間を楽しんでくださいね。