交通事情(乗り物・チップ)

セブの乗り物・交通事情


タクシー


タクシーの種類

 

 

①普通のタクシー
初乗り40ペソ。(約90円)

 

 

 

②ワゴンタクシー
初乗り40ペソ。(約90円)

普通のタクシーと比べ大きいですが、値段は同じ!
なかなか見かけることのできないレアタクシーです。

 

 

 

③イエロータクシー
初乗り70ペソ。(約160円)
黄色のタクシーは、別名「空港タクシー」で、町中で利用する場合も空港方面に行く際のみ利用可能となっています。

 


タクシーを利用する際に注意すること

 

①乗車後、行き先を伝えメーターのスイッチがON(P40.00)になっているか必ず確認!

 

 

メーターの設置場所はタクシーによって違い、運転席の上、真ん中、ギアの下(見づらい場所)などにあります。

メーターのスイッチを確認せず出発し、到着後に過剰に請求される場合があります。
そうなると対処ができないので、必ず出発前にチェックしましょう。

 

※出発前にメーターのスイッチがONになっていなかった場合は、「Please meter」と言いましょう。

それでも、メーターを使用せず「○○○ペソ」と言われたら、他のタクシーを利用をおすすめします。

 

 

細かいお金を用意!

 

 

フィリピンではドライバーがお釣りを用意していないことが多く、500ペソ・1000ペソは大抵利用できないです。
なので、必ず100ペソ・50ペソを用意しておきましょう。

 

 

③忘れ物に気をつけよう!

フィリピンのタクシーに忘れ物をした場合、99%戻ってくることはないと思ってください。
ですので、降りる際は忘れ物がないか必ず確認しましょう。

 

 

空港や、ショッピングモールからタクシーを利用する際、乗る前にこのように係員がチケットを配っています。
このチケットには車のナンバーが記載されており、忘れ物をした際に問い合わせが可能です。
また、過剰請求されたり、何かトラブルがあった際にも問い合わせができます。

 

 

行き先を伝える際に、ビサヤ語を使ってみよう♪
「パリホグ ○○ラン コヤ」意味は、(○○へお願いします。おじさん)

 

最後に・・・
トラブルになった際は、絶対にケンカをしないでください。
50ペソ~100ペソ程度は、日本人にとっては小さな金額です。

日本人だからといってボッタくられるのは頭にきますが、数百円で嫌な思いをするの嫌ですよね。

 


ジプニー


ジプニーはフィリピンのバス、庶民の足です。
料金は7ペソ(約15円)日本のバスと違うのは、24時間運行!ルート内であればどこでも止まれる!
※料金は、長距離の場合変更あり。(8~12ペソ)

 

 

車の前と横に、ルートの番号と行き先が書いてあります。
しかし、観光客や留学生など、セブの地理が分からない人にはおすすめしません。
また、フィリピン人女性も注意することがある程、危険なことが多いのでなるべくタクシーを利用しましょう。
利用する際は、十分に身の回りに気をつけてください。
(ケータイ・お財布を盗られる、銃を突きつけられ所持品を奪われるなど・・・)

 

車内でケータイ、お財布は出さない。
●必要最低限の手荷物、お金しか持たない。
●声をかけられたら警戒する。
●観光客感を出さない。(ガイドブックやカメラを出さない。)

 


ジプニーの乗り方

 

・手を上げてジプニーを止めます。
満員のジプニー、夜間の乗車は危険なので、利用しないようにしてください。)

 

・お金を支払う際、運転手に手が届く場合は「プリティー」(訳:運賃)と言って渡します。
運転手に手が届かない場合は、「パリホグコ」(訳:お願いします。)と言い横の人に渡します。

 

支払うタイミングは、乗車直後、降りる前などいつでも大丈夫です。

※コイン、または20ペソ紙幣で支払いましょう。
50・100ペソ紙幣だとお釣りがない場合があります。

 

・降りる際は、コインで上にある手すりをカンカンと叩いて鳴らす。
または、「ルガーラン」(訳:止まってください。)と大きな声で言うと止まってくれます。

 


トライシクル


バイクの横にサイドカーを付けたもので、ジプニーが通れないような狭い道や、田舎道で利用されるのが「トライシクル」。
料金はジプニーと同じ7ペソです。

離島などでは、1日貸切も可能。

 

 


ハーバルハーバル


ハーバルハーバルとは、バイクタクシーのこと。
セブは渋滞が多いため、渋滞にはまらないバイクタクシーが多く見かけられます。

 


ハーバルハーバルの乗り方

 

通常のバイクも多いセブでは、ハーバルハーバルとの見分けがすごく難しいです。

ハーバルハーバルの運転手は、道に立っている人を見かけると手を上げて声をかけてきます。
または、ハーバルハーバルが溜まる場所があり、バイクが溜まっていておじさんがいる場所に近づくと、声をかけてきます。

 

声をかけられたら、どこに行きたいかを伝え、値段交渉をします。
(ハーバルハーバルは全て値段交渉になります。)

 

相場としては、5分の距離で20ペソ。
10分の距離で40ペソ。
20~30分の距離で100ペソ。になります。

渋滞の場合は割高になります。
また、2人で1つのバイクに乗る場合は、1人当たりにつきの値段です。

 

バイクタクシーはタクシーと比べ、渋滞にはまらず安いですが交通事故等の危険が高いので観光客にはおすすめできません。
利用の際は十分に気をつけてください。


マイバス


2015年末にセブの新たな交通手段として誕生した「mybus」
日本のバスと同じように、ルート、時刻が決まっていて、清潔です。


乗り方も日本と同じく、電子カードにチャージをして「ピッ」とします。
料金は25ペソ(約55円)。
※タリサイ市までの場合は40ペソ

 


マイバスのルート

 

 

 

空港からセブ市内にある、SMセブまで25ペソで行けます。
とってもお得!

 


マイバスの時刻表(空港からSMセブまで)

 

 

30分置きに出ているので、とても便利です。

バスは大きく広いので、荷物が多くても心配無用です。

 

空港からSMセブまで、タクシーで行く場合は150~200ペソかかるところが、マイバスだと25ペソ。
とってもお得ですね。

中期・長期滞在の方はぜひお試しください。

 


レンタカー


セブでは、一般的にドライバー付きのレンタカーが主流。

料金体系は、時間貸し行き先別の2種類があるので、目的に合わせ利用できます。
タクシーの少ないエリアに行く場合の復路の足代わりなどにも便利。

 

料金は、マクタン島内送迎で片道350ペソ~(約780円)となっています。

 


2017年3月更新 

Loading search box ...

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top