ボホール島を1日観光!日帰りツアーでチョコレートヒルズとターシャに出会う♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


 

セブ島から船で気軽に行けるボホール島は、様々な観光地やアクティビティの宝庫。

世界最小のメガネザル・ターシャが生息していることや、1000個以上の丘が並ぶチョコレートヒルズも有名ですよね。

今回はそんなボホール島の名所を効率よく日帰りでサクッと周れる、1日観光ツアーに参加してきました!

 


 

 AM8:30 セブ港ピア1 集合 

 

 

 

ボホール島に行くためには、このピア1から出ているオーシャンジェット(高速船)に乗っていきます。

ターミナルの入り口ではツーガイドさんが待っていてくれ、声をかけてくれました。

 

 

フィリピン人のガイドさんですが、日本語が話せるので安心!

カメラを向けるとかなり緊張していましたが、とっても親切なおじさまです。

 

 

ターミナルに入る前に荷物チェック。

 

 

ボホール島までの高速船のチケットを受け取ります。

自分で手配するとなると、チケット売り場でかなり並ばないといけない&最悪売り切れて乗れなくなる場合がありますが、ツアーだと全て手配してくれているのでとっても楽!

 

 

少しの間待っていると、ボホール行きのオーシャンジェットが到着。

この日はあいにくの空模様ですが、着くころにはきっと晴れているはず・・・!

 

 

船内は上着必須!クーラーガンガンで極寒です。

しかしその点以外は割と快適なオーシャンジェット。

約2時間かけて、ボホール島へと向かいます。

 

 AM11:30 ボホール島 到着 

 

 

ここからは、ボホール島の担当ガイドさんにチェンジ!

こちらのガイドさんも日本語が話せる方なので、引き続き安心です♪

写真後ろに写っているバンで島内を移動していきます。

 

 観光ポイントその1 バクラヨン教会 

 

 

すっかりお天気が良くなったボホール島。

最初に立ち寄ったのはバラクヨン教会という、歴史ある建物へ。

 

 

中はこんな感じ。ここは木材だけでなくサンゴや貝といった海の素材でできており、タイルはスペインから運ばれたものを使用しています。

※現在は地震で一部欠損しています。

 

 観光ポイントその2 ロボックリバークルーズ

 

 

お昼ご飯は、ロボックリバーというボホール島にかかる大きな川をクルージングしながら、いただきます。

まるでジャングルに迷い込んだみたいな景色!

 

 

屋根付きの家みたいな、可愛い船に乗り込みます。

 

 

中にはビュッフェスタイルのお食事がずらり。

 

 

伝統的なフィリピン料理とフルーツの数々に大満足です♪

 

 

大自然のど真ん中を抜けて、船はぐんぐん進みます。

 

 

下船の直前で、島民の子供たちから民族ダンスの披露も。

とっても可愛く、明るく、一緒にダンスを楽しむお客さんもいました。

 

 観光ポイントその3 ターシャ保護区

 

 

ランチでお腹を満たした後は、いよいよターシャのもとへ!

マホガニーの木が並ぶ「マンリットフォレスト」という森を通る抜けて向かいます。

トトロが出てきそうな神秘的な雰囲気。

 

 

そしてついに到着!ターシャ保護区です!

 

 

とりあえず入り口のターシャ(ニセモノ)と、記念撮影♪

 

 

看板を辿って歩いていくと・・・

 

 

いました!ターシャ!寝てるけど!!!

ナニコレ可愛い・・・/// 

ちなみに写真では分かりづらいかもしれませんが、10センチあるかないかくらいの、超手乗りサイズです。

 

 

園内には何匹ものターシャが。

こちらは割とシュッとしていてイケメン気味ですね。

初めて見るターシャに興奮を隠しきれません!

 

 観光ポイントその4 チョコレートヒルズ

 

 

ターシャの後は、ボホールのもう1つの有名ポイント”チョコレートヒルズ”へ!

 

 

この日は雨が降ったり晴れたりのお天気で、チョコレートヒルズには雲海のようにもやがかかり、幻想的な光景でした。

 

 

チョコレートヒルズは乾季になると草が枯れて茶色の丘へと変化し、チョコレートのように見えることからこの名前がついています。

丘の上は珊瑚礁からなる石灰岩でできているので木が育たず、草に覆われているので、丸っこくて可愛いらしい見た目に。

 

 観光ポイントその5  血盟記念碑

 

 

チョコレートヒルズの後はお土産屋さんに立ち寄り、最後に血盟記念碑へ。

この記念碑は、1565年にスペイン総督レガスピがフィリピンと友好条約を結ぶためにこの地に上陸した際、島の首長シカツナと互いの腕をナイフで傷つけて滴る血をワインに注いで飲んだことを表現しています。

ボホールの歴史を感じるこの場所で締めくくり、今回の旅は終了。

帰りの船に乗るため、港へと向かいます。

 

 AM6:30 ボホール発、 PM8:30 セブ港ピア1 着 

 

1日で主要なポイントを要領よく周ることが出来るボホールツアー。

内容も充実していて大満足でした♪

まだボホールに行ったことが無い人は是非行ってみてくださいね!

 

ボホール1日観光ツアー
大人 USD 120~ 子供(4~9歳)USD 100~ 3歳以下無料
( 日本円:大人 約14000円、 子供 約12000円 )

※日本円は参考までに記載しております。当日の為替によって変動致します。

ツアー時間 : 約14時間(AM7:00~PM9:00)
ホテル送迎あり(遠方は応相談)

ランチ付き

ご予約は こちらのお問い合わせフォームから

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone