最旬セブ島の3泊4日観光モデルコース!長期休暇の家族旅行や女子旅に!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

 

 

 

3泊4日あったらセブでなにをしよう?
セブにはビーチ以外にも魅力あふれるスポットがいっぱい!

そこでビーチも観光もアクティビティも楽しめるセブで過ごす3泊4日モデルコースを考えました!
家族旅行や卒業旅行、または女子旅の参考にしてみて下さいね。

 


▶ メニュー

 

1日目 セブの癒しのビーチ・スパ or 市内観光へ

・マクタン島内のリゾートホテルに滞在の場合

・セブ市内のホテルに滞在の場合

 

2日目 

・海を満喫!セブでアイランドホッピングをしよう

・少し遠出してジンベイザメに会いにオスロブへ

 

3日目
・フィリピン屈指の観光スポット・ボホール島で大冒険しよう!

 

4日目

・日本に帰国前のセブのお土産、スパ、カジノ

 

 


 \セブ島3泊4日観光モデルコース 1日目/

セブの癒しのビーチ・スパ or 市内観光へ


 

 

 

日本(成田)からセブまで飛行機で直行約5時間。

セブ・マクタン国際空港に到着です!

なんと、セブの空港の国際線ターミナルは2018年7月に新ターミナルが完成したばかり。

世界初の”リゾートエアポート”に胸が高鳴ります♪

 

詳しくはこちら「【マクタン・セブ国際空港】新ターミナル2の空港ラウンジを体験してきました!」

 

 

実はリゾートホテルなどが多く、海に近いのはセブ島ではなく、空港のあるマクタン島のラプラプ市なんです。

海まで近く、すぐにビーチにアクセスしたい方は、マクタン島のホテルへ宿泊しましょう。
ショッピングやグルメを楽しみたい方は、マクタン島から橋を渡った先にあるセブ島のセブ市内のシティホテルがおすすめです。

 


\プライベートビーチに、プールに、スパまで!/

マクタン島内のリゾートホテルに滞在の場合


 

 

早速、マクタン島のリゾートホテルのプライベートビーチやプールでリゾート気分を満喫!

青い海に白い砂浜のコントラストはとてもフォトジェニック。何枚でも写真に収めたくなりますね。

 

詳しくはこちら「【セブ・マクタンのプール&デイユース(日帰り)特集】 リゾートからシティまで完全網羅!」

 

 

プライベート空間で極上のスパを受けられるのも南国・セブならではです。
日頃お疲れのママや、オフィスワークで大忙しのOLさんはこちらで存分に身体を癒してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちら「セブの極上リゾートスパ!シャングリラのChi-Spaを体験!」

詳しくはこちら「セブ・マクタン島の新しいスパ「BLISS DAY SPA」のマッサージがコスパ良すぎる!っていう話。」

 

【スパおすすめツアー】

・セブ プラナスパ「Cebu Prana Spa」

・セブ島スパ 神秘に満ちたオリエンタルスパ「GOONG ORIENTAL SPA」 

・贅沢!スパ&海上レストランディナー「マリガヤスパ」


【他にもあるよ!おすすめツアー】

・セブ1番の豪華クルーザーで行く!一味違うサンセットクルーズ!

 

 

 

スパで癒された後はシーフードやバーベキュー、ステーキなどフィリピンならでは豪快な料理を楽しんでみては?

ロマンチックな雰囲気でフィリピン料理を味わいたい!人はYAMIKAINA(ヤミカイナン)MARIBAGO GRILL(マリバゴグリル)へどうぞ

がっつりステーキが食べたい!という人はWESTERNSTAKE HOUSE(ウエスタンステーキハウス)がおすすめです。

 

YAMIKAINAN(ヤミカイナン)


11:00-14:30 / 16:00-22:00
032-493-5198
M.L Quezon National Highway, Maribago, Lapu-lapu City

 

Maribago Grill (マリバゴグリル)


032-495-8187
11:00-22:00

Bagumbayan, Maribago, Philippines

Western Steak House(ウエスタンステーキハウス)


0998-414-1170
11:00-23:00
Mactan, Maribago, Boyong, LLC

 


\セブの歴史を感じる!セブ市内観光/

セブ市内のホテルに滞在の場合


 

 

東南アジア唯一のキリスト教国家であり、今でもなおスペイン植民地時代の影響が色濃く残っているフィリピン。

セブ市内にはそんな歴史を感じられるスポットがちらほら。
セブの市内観光でフィリピンやセブの歴史を深めてみるのも面白いですよ♪

特に押さえておきたいセブの市内観光スポットTOP3はこちら!

 


\キリスト教の繁栄やスペイン植民地時代の歴史を探訪/

セブの歴史を探る!セブの市内観光


 

サントニーニョ教会

 

 

幼き頃のイエス・キリストをあらわすサントニーニョを称える教会。
地元ではサントニーニョ信仰が非常に盛んで、敬虔な信者が祈りを捧げる神聖な場所となっています。

ただ、教会の近くは治安があまり良くない為、夜の滞在や一人での出歩きはオススメしません。
訪れる際は時間帯に注意してくださいね。

 

マゼランクロス

 

 

マゼランクロスにはマゼランがフィリピンに上陸した際に造った大きな十字架が収められています。

「この十字架を煎じて飲むと病が治る」と信じられていたため十字架の大部分は削り取られてしまいましたが、六角堂と木製のカバーに覆われ、現在は大切に保管されているのです。

前出のサントニーニョ教会とマゼランクロスは同じ敷地内にあります。

 

マゼランクロス


5:00-18:45 (Mon-Thu, Sat, Sun) / 4:00-21:30 (Fri)
Santo Nino, Cebu City, Cebu

 

 

サンペドロ要塞跡

 

 

こちらサンペドロ要塞はフィリピン最古の要塞です。

海に面している要塞で、外敵からの防御のために作られたのがはじまり。
その後、アメリカ統治時代には兵舎、日本統治時代には捕虜収容所として使われた場所でもあるんです。

 

サンペドロ要塞跡


7:00-19:00
A. Pigafetta Street, Cebu City, 6000

 

この他にもセブの観光スポットや記念撮影にぴったりの場所があるのでこちらのページを参考にしてみて下さい♪

詳しくはこちら「セブの定番観光スポット!これで記念撮影もバッチリ♪」

詳しくはこちら「半日でセブ島の歴史を巡る!観光地スポットまとめ」

 


\買い物からお食事、癒やしのマッサージまで/

セブの巨大ショッピングモールでショッピング&格安スパ・マッサージ


 

 

セブの主要観光スポットを周った後はお土産を探しにショッピング、もしくは格安のスパ・マッサージ店へ行ってみましょう。

ショッピングならセブの巨大ショッピングモール、AYALAセンターモールやSMセブシティが有名!

 

詳しくはこちら「セブのショッピングモールまとめ完全版!14か所から自分のお気に入りを見つけよう♪」

詳しくはこちら「【セブ両替所 前編】セブシティの両替所はココ!みんなが知りたいレート比較もあり!

 

また、ショッピングモール内のスーパーマーケットならドライマンゴーやバナナチップスなどのお土産が専門店より安く買えるんです♪

 

 

 

南国・セブらしいカラフルなワンピースやビーチサンダル、水着なども種類豊富に揃っているので家族や友達、自分用にぴったりなお土産が見つかるはず!

詳しくはこちら「【2018年最新版】セブ島のお土産まとめ決定版!これでもう迷わない♪定番から変わり種まで勢揃い!」

 

 

格安のマッサージショップはセブ市内のいたる所にあり、特に安いお店では全身マッサージがなんと1時間200ペソ(約375円)

日本では考えられない破格のお値段でマッサージが受けれるんです♪

 

詳しくはこちら「行くしかないでしょ!500ペソ以下!セブの格安街スパ・マッサージまとめ!」

 

【セブ島内のおすすめスパ・マッサージショップ】


・日本人経営のトータルビューティースパ!「AVALON SPA(アバロンスパ)」でフェイシャルもネイルもできちゃう!

・セブ島でトータルビューティーならココ!マッサージからネイル、マツエクまでできる「MOA Massage」

・セブ島の格安マッサージと言ったら大手「ヌアッタイ」!日本人オーナーの店舗に潜入!

・日本で40店舗以上展開!セブ島・Jセンターモールにある「Rスパ」で日頃の疲れを癒そう

 

 

 

それから、セブではネイルやマツエクなどのビューティーサービスも日本よりはるかに安いんです!

他にも腸内洗浄やヘナタトゥーなど日本では料金が高く、なかなか手が届かないと思うサービスもセブでならお得にトライできちゃいますよ♪

 

詳しくはこちら「セブはマッサージだけじゃない!ネイル、マツエクなど♪ビューティーサロンまとめ」

 

 

 

そして、そろそろ日も暮れる頃・・・
ディナーはセブの市内観光スポット”TOPS(トップス)”近くの夜景の見えるレストランがオススメです。

体験記事はこちら「セブのオシャレなバー&レストランで素敵なディナーを♪」

 

セブのカジュアルなレストランやカフェをお探しの方はこちら「セブポット レストランページ」

 


\セブ島3泊4日観光モデルコース 2日目/

海を満喫!アイランドホッピングをしよう


 

 

セブ・マクタン島周辺には美しい島が多数存在します。

その近辺は海洋保護区に指定され、元気なサンゴ礁やカラフルな魚がたくさん!
シュノーケルで気軽に水中の世界を堪能できます♪

 

体験記事はこちら「セブでリア充したい!」実はコスパ良すぎ?クルーザーでアイランドホッピング」

詳しくはこちら「アイランドホッピング特集 「船に乗って、 海にでよう。 」」

詳しくはこちら「南国気分をまるごと味わえる!アイランドピクニックを体験してきました。

 

ここではいくつかのセブ島周辺にある島々をご紹介します。

 

ナルスアン島

 

ながーく伸びる桟橋が特徴的な島、ナルスアン島。

全体的に遠浅で海水も非常に澄んでいます。

ナルスアン島にはダイニングエリア、売店などが整っているので便利。
さらにハンモックもあるので、のんびり過ごすのにもおすすめですよ♪

 

パンダノン島

 

パンダノン島は細長い砂浜と両サイドに広がる海が美しい島。
南国らしい海小屋が目印です。

屋根付きのテーブルがいくつかあるので、海を間近にランチをどうぞ!

 

ヒルトゥガン島

 

この島には島民が暮らしているので、島の生活を垣間見ることが出来ますよ。
海洋保護区に近く、島に上陸せずこの近辺でシュノーケルを楽しむ人も!

ランチをとるダイニングスペースなどが広々としています。

 

カオハガン島

 

「何もなくて豊かな島」として有名なこの島は、実は25年前に日本人が購入した島。

電気が通っておらず、自給自足で生活するこの島の空気はとても穏やかで、島民たちのやさしい笑顔に癒されます。

そんな和やかで自然あふれるカオハガン島に魅了される人が後を絶ちません。

 

体験記事はこちら「25年前に日本人が購入した島、カオハガン島。何もなくて豊かな島の魅力」

 

バゴンバヌア島

 

干潮の時にしか出現しない、まさに幻の島!バゴンバヌア島。

真っ白なサンドバーの周りにはカラフルな熱帯魚が生息しています。

 

【アイランドホッピングおすすめツアー】

・セブ1番の豪華クルーザーで行く!一味違うアイランドホッピング!

・オススメ☆南国フィリピンでアイランドピクニック<セブ島発/昼食付>

 

 

滞在日数に余裕のある人はマリンアクティビティもおすすめ!

 

 

バナナボートにパラセーリング、ジェットスキーなど普段なかなか体験できない海のアクティビティに挑戦してみましょう♪

 

体験記事はこちら セブ島でマリンスポーツ!1日でシーウォーカー&パラセーリング+6種のマリンアクティビティを体験♪

 

【マリンアクティビティおすすめプラン】

・シーウォーカー&パラセーリング+6種のアクティビティ

・セブ島で憧れのマーメイドフォト体験!大人も子どもも人魚になろう♡

 

 


少し遠出してジンベイザメに会いにオスロブへ


 

 

もう少し長旅してもOKならジンベイザメと泳げるオスロブへ!

100%ジンベイザメが現れ、一緒に泳ぐことが出来る!
そんな世界中探してもなかなかない場所、オスロブ。

セブ市からセブ島南部へ車で約3時間と少し遠いですが、そんな距離も関係なくなるくらいの感動が待っています。

また、オスロブの近くにあるスミロン島は非常に海の透明度が高く、美しいサンドバーも有名!
ジンベイザメウォッチングの後に行くのがオススメです。

 

 

セブ島南部にはその他、マグイニット滝、カワサン滝、マリブヨ温泉などもあり、時間があれば是非訪れてみてほしい場所です。

 

 

7,000を超える島から形成されるフィリピンの中で10番目に大きな島、ボホール島。

チョコレートヒルズや世界最小のメガネザル、ターシャなどが人気のボホール島は大人も子どもも魅了される観光スポットが盛りだくさんの島です。

ビーチには美しい砂浜を有し、沖合には多数のダイビングスポットがあるのもポイント!

また、川下りや迫力満点のジップラインなどアクティビティも非常に充実しているので、存分に楽しめるスポットなんです。

 

チョコレートヒルズ

 

ボホール島の中心部にあるチョコレートヒルズは、約30mほどのなだらかな円錐形の丘が1000個以上も連なっています。
展望台から眺めるその景色はとても幻想的です♪

丘を覆う草が4~6月の乾季にチョコレート色に変わることから、チョコレートヒルズという名前がついたとか。

 

世界最小のメガネザル ターシャ

ボホールに来たら、この動物を見ずには帰れない!?

体長約10~20cm、体重約120gという世界最小サイズのメガネザル、ターシャ。

真ん丸おめめが可愛い夜行性の動物です。

フィリピンではボホール島以外にサマール島、レイテ島、ミンダナオ島にも生息しているそうですよ。

 

ロボックリバー

 

屋台船に乗ってリバークルーズをしながら優雅なランチタイムはいかがですか♪

風をきってのクルーズはとても爽快です!

 

ジップライン・ケーブルカー

 

E.A.T. Danao Adventure Parkではジップラインとケーブルカーで高さ100mから景色を見渡せます。

ロボックリバーを見下ろしながらのジップラインは迫力満点!
絶叫系アトラクションが好きな人にはたまりません。

絶叫系は苦手!という人はケーブルカーでゆっくりと景色を堪能できるのでご安心を♪

 

バラクヨン教会

フィリピン最古の石造り教会のひとつ。

海沿いにあり古びた様相ですが、内部は神聖な雰囲気を醸し出しています。

なんとこの教会は石や木材だけでなくサンゴや貝といった海の素材でできるているとのこと。
島国ならではの造りなんですね。

※教会内での肌の露出は控えましょう。

 

血盟記念碑

 

1565年、フィリピンと友好条約を結ぶためにスペイン総督レガスピはボホールに上陸したそうです。

その証として島の首長シカツナと互いの腕をナイフで傷つけて滴る血をワインに注いで飲み、友好の証としたのだとか。
その様子を表した記念碑が血盟記念碑です。

 

バタフライガーデン

 

ビラールという町にある蝶々園、バタフライガーデン。

様々な種類の蝶々が生息し、見学できることが出来る他、蝶々とのおもしろ記念写真も撮れちゃいます♪

見学にはさほど時間がかからないのでちょっとした合間に行ってみてくださいね。

 

 

また、ボホール島ではモーターバイクをレンタルして、自由に好きなところをまわることができるんです♪

観光スポットが多いので、ボホール島のビーチも楽しみたいのならアロナビーチ近辺のリゾートホテルで1泊してもいいかもしれませんね。

 

 

 


\セブ島3泊4日観光モデルコース 4日目/

帰国前のお土産、スパ、そしてカジノ!?


 

ついにセブ島旅行も最終日を迎えました。

そろそろセブともお別れか・・・

の前に、もし時間があるようならこちらに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ローカルのお土産屋さん、マクタンシュライン。

マクタンシュラインなら空港からも比較的近く、格安のお土産が手に入ります。
あの人やこの人やその人にお土産買い忘れた!という人はこちらで調達を。

 

マクタンシュライン


Souvenir Shops at Mactan Shrine Punta Engaǹo, Mactan Island, Lapu-lapu City, Cebu

9:00-21:00 (営業時間は変動する可能性があります。)

 

 

 

お土産完璧!だけど、まだ時間があるわ~という人は空港の隣にあるウォーターフロントホテルカジノ体験はいかがですか?

余ったフィリピンペソで一攫千金を狙うチャンス!?

 

※男性21歳以上、女性18歳以上の年齢制限あり。
短パンやノースリーブなど露出の高い服装は入場を拒否される可能性があります。

 

Waterfront Airport Hotel & Casino Mactan(ウォーターフロント エアポート ホテル&カジノ マクタン)


032 340 4888
Airport Road Lapu Lapu Cebu , 6015, Cebu
24時間営業

 

カジノで儲けた!という人はウォーターフロント内にあるジンバランスパでセブ最後の癒しを。

カジノはやらないし、時間に余裕があるけど安く済ませたい!という人は空港から車で10分のところにあるECO SPALOMI SPAで旅の疲れをとりましょう。

2名以上だと無料でスパー空港間を送迎してくれるので移動も便利です♪
(LOMI SPAはフット・フェイスマッサージのみのご利用の場合は送迎不可です。)

 

ECO SPA(エコスパ)


032-239-1657 / 0917-625-0105 (英語のみの予約)
Bagong Silingan Mactan Lapu-lapu City
10:00-21:30(最終受付)

 

LOMI SPA(ロミスパ)


0917-777-7055
Quezon Highway Pusok 1, Lapu-Lapu City, Cebu
10:00-2:00 ※送迎 9:00-23:30(Cebu City) / 9:30-23:30(Mactan)

 

 

 

そして、マクタン・セブ国際空港に到着。

2018年7月にオープンした新しいターミナル2(国際線専用ターミナル)にはレストランやお土産ショップ、免税店などが揃っています。

また、ターミナル内にもスパがあるので出国前にそちらでゆっくり過ごしてみてもいいですね。

 

詳しくはこちら「【マクタン・セブ国際空港】新ターミナル2の空港ラウンジを体験してきました!」

 


3泊4日モデルコースで魅力いっぱいのセブを遊び尽くそう!


 

いかがでしたか?

ぜひ、こちらのプランを参考にセブを満喫してみてくださいね!

もし宿泊先やダイビングショップ、レストランに迷ったらセブポットをチェック。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone