【マクタン・セブ国際空港】新ターミナル2の空港ラウンジを体験してきました!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


マクタン・セブ国際空港 新ターミナル2

空港ラウンジを体験してきました!


 

2018年7月1日、マクタン・セブ国際空港の国際線が発着する新ターミナル2が開港されました!

早速、新ターミナル2の中を詳しくご紹介します。

 

合わせて読みたい↓

2018年7月、セブ・マクタン空港に新ターミナルがオープン!【最新情報】 は、こちら。

 

 

空港までタクシーで来られる方は、新ターミナル2の出国エリアの入口で直接降りることができます。

自家用車の場合は地上駐車場に止めて、エレベーターで出発ロビー(2階)へ上がります。

 

 

ひとたびターミナルに入ると木のぬくもりあふれるナチュラルテイストの屋根がお出迎え。

こちらの屋根は海と波をイメージして造られたそうです。

 

 

チェックインカウンターの素材にはラタンを使用。広々としています。

こちらでチェックインを済ませると、すぐ目の前にある搭乗ゲートへ。

 

 

 

出発ゲート手前のこちらのカウンターで、ターミナルの空港使用料を支払います。

旧ターミナルの使用料は750ペソでしたが、新ターミナルは850ペソに変更されていますので、お間違いなく!!

空港使用料を支払い、税関での出国手続きに向かいます。

 

 

税関では、「ALL Passport」や「Foreigner」のラインに並びます。

また「I-card」や「SRRV(フィリピンリタイアメントビザ)」そのほか、居住ビザを持ってる人は、専用ラインに並ぶことができます。

そのあとは、手荷物検査所へ。

 

 

新しくなった手荷物検査のベルトコンベアは危険物や禁止物が入っているかどうかを自動的に選別する機能が追加。

さらに安全が強化されました。

手荷物検査を無事終えると、いよいよ出発待ち合いエリアです!!

 

 

オープンしたばかりの免税店を通り抜けると、セブらしいカラフルなお土産やさん「momento」が。

キーホルダーやバッグ、帽子などのあらゆるセブグッズだけでなく、ドライマンゴーやバナナチップスなどのお菓子類も豊富です。

 

 

 

 

 

飲食店は、ラーメン屋「Nippon Ramen」や、フィリピンでお馴染みのカフェ「Coffee Beans」、ハンバーガーショップ「BURGER KING」などもあって、小腹が空いても困りません。

 

 

 

 

 

ちょっとした飲み物を楽しめる、バーカウンターや休憩用のソファなども充実していますよ!

 

 

 

その他にもコンビニショップや電化製品を扱うショップなど空港らしいお店が並んでいるので、時間つぶしも楽しめそうですね。

空港に早く着いた人は、バーガーキングの横にある「The Spa at CEBU」でマッサージを受けることもできますよ。

 

 

 

お値段も30分500ペソ~と、空港内としてはかなりリーズナブルに設定されているので、利用価値も高いですね。

 


早速、空港ラウンジを利用してみよう!


 

空港でゆっくり過ごす場所として、欠かせないのが「空港ラウンジ」。

空港ラウンジの場所は、インフォメーションカウンターの奥、ラーメン屋さんの隣にあるエレベーターを使って、1階下へ。

 

 

 

エレベーターを降りると、すぐに右手に「Plaza Premium Lounge(プラザプレミアムラウンジ)」、左手に「Mabuhay Lounge(マブハイラウンジ)」があります。

 


まずは、Plaza Premium Lounge(プラザプレミアムラウンジ)へ!


 

 

2018年7月1日現在、プラザプレミアムラウンジを利用できるカードは

 

・Priority Pass (プライオリティーパス)

・Amexカード (アメックスのプラチナもしくはセンチュリアオンカード)

・Dinersカード(どの種類でもOK)

・Dragon Pass

・その他各国提携カード

 

となっています。

今後、そのほかのプレミアムラウンジで使用できる各社カードとも随時提携されていく予定だそうで、使えるカードは増えそうです。

また、カードを持っていない人も、1560ペソ(2時間)で利用することが可能です。

 

ラウンジはとても広く、3つのエリアに分かれています。

 

 

 

 

 

フードエリアでは缶のドリンクや、フードメニューが食べられます。プラザプレミアムラウンジの特徴でもある、ヌードルコーナーも。

他にもパンや、サラダなど、小腹が空いていても十分な食事が食べられます。

 

その奥にはカウンターバーのあるエリアがあります。

 

 

 

 

こちらでは、ドリンクやワインなどを飲むことができ、1人ひとり広々座れる椅子が用意されています。

よりプライベート感がある特別シートも。

携帯やPCが充電できるコンセントや読書用などに手元を照らすライトが席の横に付いています。

 

一番奥のエリアはなんと、飛行機が目の前のロケーション!

 

 

 

なんとも贅沢な景色を目の前に、出発前の優雅な時間を過ごすことができます!

 

 

ラウンジでは、お子様が遊べるキッズスペースまで確保されています。

 

 

プラザプレミアムラウンジのみのサービスとして、トイレの他にシャワーエリアも2ブース用意されていて、ラウンジ利用者は無料で利用可能。

Priority Pass(プライオリティーパス)で使えるラウンジとしては、世界でも数少ない豪華で優雅なつくりのラウンジになっています。

 


フィリピン航空、マブハイラウンジへ!


 

 

フィリピン航空のマイレージサービス「マブハイマイル」。

 

 

フィリピン航空のマイレージカードのランクによって利用できるマブハイラウンジも、グレードアップ!!

マブハイマイルカードのランクによって、利用条件が変わります。

 

・Million Miler(ミリオンマイラーカード)は本人のほか、追加二人が利用可能

・Premier Elite(プレミアエリートカード)本人のほか、追加一人が利用可能

・Elite(エリートカード)はご本人のみ利用可能

 

 

また、日本人には嬉しい!ANAのマイレージカードをお持ちの方も利用できます!

 

・ANA Diamond Card(ANAダイアモンドカード)

・ANA Platinum Card(ANAプラチナカード)

・ANA Super Flyers Card(ANAスーパーフライヤーカード)

全てのカードで、本人+追加一人が利用可能です。

 

その他、ETIHADカード、LOTUS MILESカードも利用できます。

 

 

 

プラザプレミアムラウンジに比べると、広さはそれほど大きくはありませんが、高級感のあるデザインや椅子、品のある内装で、くつろげる空間になっています。

 

 

 

 

 

もちろん、ドリンクや軽食も十分に用意されています。

シャワーはありませんが、トイレも綺麗です。

 

 

 

各椅子には、コンセントが設置されていて、飛行機の出発までゆっくり過ごせる場所になっています。

 


まとめ


 

 

いかがでしたか?

マクタン・セブ国際空港の新ターミナル2のコンセプトは「世界初のリゾートエアポート。」

木造の吹き抜けの雰囲気や、高級感あるラウンジなど、充実の仕上がりになっていて、空港の利用するのが、楽しみになりますね!

 

合わせて読みたい ↓

2018年7月、セブ・マクタン空港に新ターミナルがオープン!【最新情報】 は、こちら。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone