【2019年最新版】セブ・マクタン国際空港からセブ市内への移動手段はコレ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

ついにセブに上陸!

でも、空港からどうやってホテルに移動しよう?

今回はタクシーやお得なバスおすすめな移動手段をご紹介します!

 


主な交通手段は4つ


 

空港からのメインの交通手段は

・通常のタクシー

・エアポートタクシー

・バス

・Grab Car

の4つ。

 

それぞれの違いはこちら↓


通常のタクシー(白)


 

 

空港から乗れるタクシーは通常の白いタクシーとエアポートタクシーがあります。

こちらはセブでよく見かける通常の白色のタクシー

メーター制で基本料金は40ペソです。

 

乗車の際は、メーターの位置と初乗り運賃が40ペソになっているかを必ず確認しましょう。

ただ、週末の夕方や雨で渋滞している時は長蛇の列になる可能性があります。

そんな時は少し料金が高いエアポートタクシー↓を使ってみるのもいいかもしれません。

 


エアポートタクシー(イエロータクシー)


 

 

空港からセブ市内間を走るエアポートタクシー

車体が黄色の為、イエロータクシーと呼ばれています。

 

 

基本料金は70ペソと通常のタクシーより高いです。

その分、地元の人々があまり利用しないので通常のタクシーが長蛇の列の場合はすぐに乗ることが出来ます。

 

通常のタクシーとの違いは車が少し綺麗なところぐらいであんまり大差はありません。

タクシーの乗り方・注意点などはこちらをご参考ください。

 


便利な市営バス My Bus


 

 

セブ・マクタン空港からセブ市の北部にある巨大モールSM Seaside間の5つのルートを走る公共バス”My Bus”。

空港から乗る場合はセブ市内にあるモールSM Cebu Cityの区間に停車します。

 

20〜30分間隔朝7時から夜23時半まで運行しています。

40~90名乗車可能でエアコン完備され、テレビモニターも付いているという快適な車内です。

 

片道40ペソとタクシーに乗るよりも安いので、滞在先のホテルがバス停近くにあり、荷物が少ない方はおすすめ!

200ペソチャージ式のバスカードも購入できるので、色んなところを周りたい方は便利ですね。

 

 

空港とSM Cebu City間以外にも5つのルートを走っています。

 


Grab Car


 

 

7月〜9月ごろの繁忙期には混むことがあるので、Grab Carを呼ぶと便利です♪

少しお値段は高くなりますが、タクシーやバスよりも断然キレイで快適です!

 

道路の混み具合によっては、白い通常タクシーよりも値段が安くなることもあるので、長旅で疲れている方にはGrabがおすすめです。

料金は、セブ・マクタン第一ターミナルから、セブ市内のウォーターフロントホテルまでで、360ペソ前後になっています。(時間帯などによって料金は変わります。)

 

Grabの使い方はこちらからご覧ください♪

【セブ島の安全な交通手段】タクシー配車アプリ「Grab」(グラブ)の使い方!観光客・留学生必須!

 


セブ・マクタン空港 ターミナル1

空港の到着ゲートから外に出て右へ


 

 

荷物を受け取り、空港の外に出るとまずこのサイン看板が見えてきます。

「Taxi & Bus Bay」の方向に進んでタクシー・バス乗り場に向かいましょう!

 

Grabを呼びたい方もタクシー・バス乗り場に向かって大丈夫です♪

 

出口が見えたら、サイン看板に従ってその方向に進みます。

少し分かりづらいですが、

タクシー(ホワイト・イエロー)→右

バス→左

Grab Car→右

となっています。

 

普段、このあたりには空港まで家族や友達を迎えに来ている人達や、留学生の到着を待っている語学学校のスタッフの方々でいっぱいです!

 

 

少し進んでいくと、このような看板も!

白い通常のタクシーは、黄色いエアポートタクシーのさらに奥にあり、見つけにくいですが、看板に沿っていけばたどり着けます。

 

黄色いエアポートタクシーも、Grabのピックアップ場所もこの看板の矢印の方向に進んでいけば大丈夫です。

 

 

看板から少し進んだ辺りの一番右側レーンがプライベートカー

自家用車などで家族が迎えにきている場合はこのならびに向かいます。

 

そして、Grab Carもこのならびに迎えに来ます。

Grab Carを予約した場合は、このならびの中から探すことになりますので、車種やナンバーを確認しておきましょう。

 

 

 

先ほどの「Private Car」の看板の少し手前の横断歩道を左に渡ると、黄色いエアポートタクシーが停まっています。

タクシーの手前の黄色いポロシャツを着た人たちは、エアポートタクシーのスタッフ。

 

「タクシー?タクシー?」と話しかけてきますが、エアポートタクシーは通常のタクシーよりも少しキレイな分、料金も高いため、安く済ませたい方は断って、まっすぐ歩き続けましょう。

 

 

黄色いエアポートタクシーを過ぎると、白い通常タクシーのエリアに到着です。

雨の日などは混んでいることが多くなるので要注意。

 

 

 

一方で、マイバスは看板のあった出口を出て左側

しばらく左側を道なりに進んでいくと、最初に黒いバスが見えてきます。

 

 

こちらは空港のターミナル間の無料シャトルバス

現在セブ・マクタン空港には、国内線を中心とする第一ターミナルと、国際線を中心とする第二ターミナルがあります。

 

お友だちとの待ち合わせや、乗り換えにも便利です♪

 

約25分ごとに出発し、10〜15分ほどで到着します。

ターミナル間を移動する場合には、ぜひ利用してみてください。

 

 

 

そして、無料シャトルバスの奥にあるのが市営バス「My Bus」です。

安くて快適なので、バス停はいつも地元の人たちで混雑しています。

 

 


セブ・マクタン空港 ターミナル2

空港の到着ゲートから外に出て左側へ


 

 

 

空港から外に出る出口は赤い矢印の場所。

そこから、青い矢印の方向に進んでいく形になります。

 

 

空港の出口から続くゲートを抜けると、このような場所に出ます。

このまま、まっすぐ進めば、通常タクシーもイエロータクシーもバスもあるので、第二ターミナルは簡単!

 

 

 

まずは、黄色いタクシーが並んでいるところが最初に見えてきます。

こちらもよく声かけをしていますが、通常タクシーに乗りたい場合は、そのまま進んでしまって大丈夫です。

 

 

イエロータクシーのすぐ奥にあるのが、白い通常タクシー。

第二ターミナルは、第一ターミナルに比べると、そこまで混むこともなく、タクシーの数も多いので、比較的すんなり乗ることができます。

 

 

通常タクシーを通り過ぎて、まず最初に見えてくるのが、無料シャトルバス

こちらも第一ターミナル同様、約25分おき、10〜15分程度での到着になります。

 

 

そして、無料シャトルバスの左手にあるのがMy Busです。

 

 

無料シャトルバスやMy Busのところまで行くと、バス停の向かい側に一般車両がたくさん停まっているのが見えてきます。

基本的には、迎えにきた家族やお友だちの車ですが、Grab Carのピックアップ場所もここになっているので、Grab Carを配車した場合には、一番奥まで歩いていってくださいね。

 

第二ターミナルは比較的新しいため、全体的に広くてキレイです。

空港内にもさまざまなショップやレストラン、スパなど・・・。

詳しくは、こちらの記事も合わせてご覧下さい♪

【2019年最新版】セブ・マクタン国際空港のお店一覧!レストランやカフェ、お土産ショップなど!

 


まとめ


・通常のタクシー

基本料金40ペソ
一番主流な移動手段
メーターの位置と初乗り料金確認必須

 

・エアポートタクシー(イエロータクシー)

基本料金70ペソ
通常のタクシーより少し綺麗
空港の外に出た瞬間にスタッフに話しかけれることが多い
渋滞などの混雑時は並ばずに乗れる可能性が高い

 

・バス(My Bus)

片道40ペソ / 200ペソで電子カード購入可
30分間隔で朝7時~夜23時半に運行
エアコン完備・テレビモニター付きで快適な車内
荷物が少ない方におすすめ

 

・Grab Car

距離と時間帯による定額
アプリでの配車が必要
エアコン完備・非常に快適な車内
天候や時間帯によってつかまえにくい場合も有り

 


 

 

目的地や用途に合わせて交通手段を選ぼう


 

 

安く行きたいなら通常のタクシー、混雑時に並ばずに行くならエアポートタクシー、より格安で荷物が少ないならバス、快適に行くならGrab Car

など目的地や状況によって交通手段も変わりますよね。

 

ぜひ最適な方法を選んで、楽しい旅のはじまりを迎えて下さい!

 

また、食べる場所や遊ぶ場所に迷ったらぜひセブポットを活用してみてください♪

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone