「ちょっと旅に出ます、探さないでください。」 癒しを求めて神秘の島 ”シキホール島” へ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 siquijor1


今、この島がスゴすぎる!神秘の島「シキホール」Vol.1


それは、セブポットマガジンの締め切りを終えたばかりのある日の事。

 

siq099999999

 

「 っくぁーあああぁぁ。やっっっと締め切り終わったぁああ 」

 

siq0999999991

 

( ずーっとオフィスにこもりっぱなしだったし、どっか行きたいなぁ・・・ )

 

++++++++++++++++++++


セブポット編集部員 なみへい

好きな休日の過ごし方は家に籠ってYoutube。
趣味はマンガとゲーム、時々、旅。

 

++++++++++++++++++++

 

siq0999999994

 

( どっか行くってもな~ どこがいいかな~ )

( なんかこう、疲れた心と体に沁みるような場所・・・)

 

(・・・あ!そうだ! )

 

siq09999999995

 

( そういえば、この前見た古いセブポットに ”シキホール”っていう島が載ってたな! )

 

siq0999999995

 

( よし!そうと決まれば こうしちゃいられない!! )

 

siq0999999996

 

いざ!シキホール島へ!!

 

 

siq01

 

ということで、その日の深夜3時。

私はセブのサウスバスターミナルにいました。

 

飛行機や船の選択肢もありますが、すぐに行きたい衝動が止まらないので今回は長距離バスを選択。

 

セブ市サウスバスターミナル
(バス)

リロアン
(船)

シブラン
(トライシクル)

ドゥマゲッティ
(船)

シキホール島

 

こちらのルートで行く事にします!

 

siq03

 

乗り込むのは BATO(バトゥ)行きのバス。

エアコン付きの黄色い長距離バス「セレスライナー」の車内は冷蔵庫並みの極寒なので、上着やストールなどが必須です!

バスはほぼ24時間運行しており、深夜2時からは毎30分ごとに出発しているとの事。

眠らないバス、セレスライナーです。

 

siq08

 

乗車後、バスのスタッフが手際よくチケット代を集金しに来ます。

目指すはシキホールなので、セブ島南端の「リロアン」で降りると伝えました。(185ペソ)

 

siq05

 

バスに揺られる事、約3時間。

午前6時、リロアン到着。

 

朝昼だと渋滞がひどくてもっと時間がかかるんだよ、とバスのおじさんが教えてくれました。

( 早朝に出てよかった・・・!)

 

バスを降りると今度は目の前の船着き場から、シブラン行きの船に乗り込みます。

お天気は曇り。

セブは低気圧がきており降水確率80%でしたが、私は晴れ女なので着くころには晴れるでしょう。

 

siq06

 

たまたま船が出るタイミングだったので、待ち時間なくスムーズに乗船。

シブラン行きの船は、52ペソ(エントランスフィー込み)です。

 

siq09

 

約30分後、シブラン到着。

しかし、シキホールはまだ先です。

( めっちゃ遠いやん・・・。正直もう、めげそう。)

 

 

ただ、このときの私はまだ知らなかったのです。

 

この後、こんな疲れなんて余裕で吹っ飛ぶような、最高の体験ができるという事を。

 

 

siq091

 

先程のシブランからトライシクルで走ること約15分。

学生の街として有名な、ドゥマゲッティの港に着きました。

 

siq093

 

あとはこの船に乗るだけ!
( 船代100ペソ、エアコンルームは +30ペソ、エントランスフィー15ペソ )

 

徐々にテンションが上がってきました。

お天気も心なしか晴れてきたようです。

 

siq094

 

船内では、お相撲さんと神父さんが戦うという、シュールな映画を楽しみました。

 

siq096

 

ブコ(ココナッツ)ジュースを片手に船内でくつろぐこと2時間・・・

 

siq098

 

やっと着いたーーーー!!

 

ついにシキホール島です。

短パンに履き替えて、いざ上陸!

 

siq097

 

着いて早速驚いたのは、海の青さ!

まるでバスクリンです。( バスクリンっていう入浴剤、知ってますか? )

 

siq0991

 

港を出ると勢いよく現れるのはバンやモーターバイクの勧誘の方々。

「 バンのチャーターやってるよ! 」

「 モーターバイク乗りなよ! 」

「 お前は俺について来い!(ツンデレ) 」

 

siq0994

 

私は全ての勧誘をかわし、トライシクルを1日チャーターすることにしました。(1000ペソ

写真右のイケメンドライバー、タータンさんは30代独身。

タータン 

『 僕は今、家を建てている最中で、それが完成したら結婚したいんだ。』

生設計をきちんと考えている真面目で優しいタータンさんは 現在彼女募集中です!

 

siq09994

 

港から南に少し走ると、capilay spring park(キャピライ スプリングパーク) という公園が見えてきました。

 

siq09995

 

子ども用のボートが5台ほどあり、家族連れにはぴったりの場所です。

 

siq09996

 

可愛らしい笑い声が響く中、私はつかの間の瞑想にふけります。

( ・・・・・ zz Z Z Z (眠))

 

siq09997

 

瞑想のつもりが、うっかり寝てしまいました。

 

気を取り直し、タータンさんがオススメしてくれた ”とある場所” へと向かいます。

なんでも、樹齢400年以上のスピリチュアルな樹があるんだとか・・・?

トライシクルはそのまま南へと進みます。

 

siq09998

 

!!!

 

siq09999

 

ありました!

樹齢400年以上、精霊が宿るとの言い伝えがある樹。

Balete Tree(バレーテツリー)です!

 

siq099991

 

長年、シキホールを見守って来たこの樹からは、何とも言い表せないパワーを感じます。

( これが俗にいう「パワースポット」というやつか・・・!)

 

siq099992

 

精霊や妖精がいてもおかしくないような、神秘的な雰囲気。

 

siq099994

 

そして樹の根元から広がる小さな池には、なんと天然のドクターフィッシュが!!

 

siq099993

 

( くすぐったい・・・めっちゃくすぐったい・・・! )

 

やたらと右足に集中して魚が寄ってきました。
確かセブにあるフィッシュスパの方が、「 疲れている時は、より魚が寄ってくるんだよー 」と言っていたような。

 

siq099997

 

なみ「バレーテツリー、すごい良かったよ。さすがタータン! あとは古い建造物とか歴史的なものも観たいんだけど、何かあるかな?」

ター『それならラシ教会がいいよ!約150年前に建てられた教会で、フィリピン国立博物館の国立文化財に指定されてるんだよ。』

なみ「へぇー!それは気になる。(タータンいろいろと詳しいなぁ・・・) 」

 

siq099996

 

ついでに、行く途中の絶景ポイントで記念写真。

※ これは「地球はでかい」を表したポーズです。

 

siq099998

 

そうこうしながら、到着しました。

St.Isldore Church & Lazi Convent(ラシ教会)!

 

siq099999

 

教会に入るのは、ドラクエでセーブするとき以来です。

どきどき・・・

 

siq0999993

 

中に入ると、とても静かで外と空気が違うように感じました。

 

siq0999992

 

このラシ教会は神父トリビオ・サンチェス指導のもと、1884年に建設を開始。1891年に完成したとのこと。

海から捕れるサンゴや石、木材を使って構築されており、2012年にフィリピン国立博物館の国立文化財に指定されました。

また、教会の向かいにある修道院はアジア地域で最大として知られています。

 

古くから続く木のぬくもりからなのか、穏やかな気持ちにさせてくれる不思議な場所です。

 

 

siq0999995

 

外に出ると自然と子供たちが集まってきたので、一緒に記念撮影。

私が人生で1番よく使っているであろう言葉 ”ありがとう” を教えると、「アリガトー!アリガトー!」と連呼してくれました。

 

 

子どもたちのこの笑顔!これぞ旅の醍醐味です。

みんな、ありがとう(^^)

 

siq09993

 

なみ「 タータン、他にもリラックスできるポイント教えてー。」

ター『 リラックスしたいなら滝がオススメだね! 』

なみ「 滝!マイナスイオン!癒しの極み!!」

 

siq0999996

 

言われるがままに着いたのは

Cambugahay Falls(カンブガハイ フォール)!

パーキングで20ペソかかりました。

 

siq0999997

 

かなり急な階段を降りて、滝へと向かいます。

田舎育ちの私はスイスイと降りれましたが、慣れない人は気を付けないと転ぶかもしれないので要注意!

(ちなみに帰りの登りはめちゃくちゃきつかったです。)

 

siq0999999

 

見えました!滝です!!

 

siq09999991

 

滝の音と鳥の鳴き声、澄んだ空気にマイナスイオン。

( 気持ちいいなー・・・ )

 

siq09999992

 

このままだとまた寝てしまいそうなので、次の滝へと向かいます。

実はこのCambugahay Falls、滝が3か所もあるんです!

 

siq09999994

 

こちらが2つ目。

※ お気に入りの「地球はでかい」ポーズです。

 

siq09999993

 

そしてこれが3つ目。

飛び込み用のロープもあるので、ターザン気分で楽しむこともできますよー!

 

 

滝で存分にリラックスした後はそのまま北上。

すると、オシャレなお店を発見しました。

 

siq09999997

 

Restaurant Saki(レストラン サキ)

そろそろお腹も減ったし、つかの間の休憩です。

 

siq09999999

 

店内はアットホームでとても居心地のいい雰囲気。

カウンターにはドラえもん。

 

siq09999999993

 

こんなに可愛いワンちゃんも・・・♡

 

siq09999998

 

そして何より素敵だったのが、ここからの景色!

こんな景色を見ながらお食事ができるなんて、最高ですよね。

 

siq099999992

 

(今日、すごくいい1日だったなー・・・きてよかった。)

 

夕方5時、物思いにふける私に声をかけて下さったのは、シキホール在住のこのお店のオーナー西尾さん。

日本人オーナーのお店だったんですね!

西尾さん

『 シキホールはフィリピンで2番目に電気代が高く、いろいろと大変な面もありますが、とても良いところですよ。

私は香港に18年間住んでいたのですが、空気がいいところで新しくお店を開きたいと思い、昨年オープンさせたのがこのレストランなんです。

 

siq09999999994

 

こちらのお料理はイカの天ぷら、鶏の照り焼き、ビーフ焼肉など、どれも日本人好みの味付け。

自家製モリンガの天ぷらは韓国のりのような軽い感じで、おやつにもぴったりです。

 

 

なみ「シキホールでホタルが見れるって聞いたんですけど・・」

西尾さん「それなら、すっごく良い場所があるよ!」

ということで、食後に連れていって頂く事に!

 

siq099999997

※こちらの写真はイメージです

 

この日はちょうど約3000匹のホタルが孵化したばかりだそうで、木がまるでクリスマスのイルミネーションのよう。

星空も吸い込まれそうなほど綺麗で、目に映るもの全てがキラキラ、ピカピカ。

この全てが、自然に造り出されたものだなんて・・・。

想像を遥かに超える、信じられないような光景でした。

 

 

※ ちなみに、観光ツアーとしてホタルを紹介するところもあったそうなのですが、観光客の増加によりホタルの木の周りが汚され、騒がしくなり、結果的に木を切らないといけなくなったという悲しい出来事があったようです。

それ以来、地元では大々的にホタルの観賞スポットを公開するのを控える傾向があるとのこと。

また、ホタルは時期によって見れるポイントが変わる場合もあるので、シキホールに行く際は直接地元の方にオススメの場所を聞いてみてくださいね。

 

siq099999994

 

ホタルと満点の星空に感動した後は、
宿泊先の 
Salamangka Beach & Dive Resort(サラマンカビーチ&ダイブリゾート)へ 。

夜遅い時間でしたがフラッと1杯飲みたくなり、直接プールバーに向かいました。

 

siq099999996

 

( あー・・・ほんっとに、最高の1日・・・)

 

プールに浸かりながら、カクテルを楽しむ。

なんて贅沢なんだろう・・・。

リラックスを越えて、もはや心身共に毒素ゼロ。

 

今日着いたばかりとは思えない充実っぷり。

 

明日は早起きして、海に行こう・・・・・ zz Z Z Z (眠)

 


一方、その頃のオフィスでは


 

siq0999999999

 

『 ラブポーション・・・魔術・・・。これだ!!

 

 

 

 TO BE CONTINUED …

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top