ぶらり釣り日誌vol.4

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (42)ぶらり釣り日誌vol.4

今回は二本立て!


 
3月○日
セブの南や北へ行けば大物が釣れるとの情報を入手し、早速釣り師匠Hさんとともに当てもなく、超晴天の中、セブ北部を目指してドライブ開始。ブブーンと快調に車で走ること45分ほど、ハイウェイから海を見るとブイで囲まれた場所を発見!Hさんによると定置網ではないか、とのこと。
定置網=魚いっぱい の(非常に単純な?)勝利の方程式が頭をよぎり、潜入を心に誓う。
1人のりボートに乗っているお兄さんたち(写真1)を見つけ、その場所に連れて行ってもらうことに。
しかし、なんとその場所は漁場で無く、フィッシュサンクチュアリ(魚やサンゴの保護区)!。
えーじゃあ釣りできないの~!!??お兄さん曰く、サンクチュアリの中ではだめだが近くでは釣りOKとのこと。ほっ。気を取り直して、このために持参したイカを餌に意気揚々と釣り開始♪さてはて、結果はいかに?3月△日
釣り氏H「オースラリアではシドニーの○○ブリッジから釣りをすると入れ食いでしたよ。」
セブで橋といえばもちろんマクタン島とセブ本島を結ぶニューブリッジ、オールドブリッジでしょう!シドニーでつれるのにセブで釣れないわけが無い!新たな意気込みで早速マクタンニューブリッジへ。
今回のミッションは「橋を攻めろ!」
橋の高架下に公園のようなものがあり、そこにて釣り開始。市民の憩いの場になっているその場所は、バスケットボールをしている人やら海水浴を楽しむ人やらで人でいっぱい。
そんな中釣りを始める私たちの周りに人がガヤガヤと集まってくる。今回は餌でなく、琵琶湖を攻めるように、ルアーにて魚を狙っていた…。すると外野の地元の一人が「こんなところに魚いねーよなー。」…な、なぬ?「この辺りは岩ばっかりで魚みたことないよ。」マジでぇ!?えー。テンション↓ さらに、「釣りなんてするより、そこの市場で魚買ったほうがいいよ。」とのごもっともなお言葉。しかし、そ、それは・・プライドが・・。

[今回の釣果] なんと0! 
最初の場所はサンクチュアリなだけあって、熱帯魚や小魚しかいない感じでした。
マクタン橋の下では、住民のいうとおり海底が岩だらけでワームを数個失うばかり…とほほ。
その代わりというか、炎天下の釣りのため、1週間はひどい日焼けで動けなくなるという、お土産だけが残りました。みなさん、セブの日差しをなめてはいけません!日焼け止めはお忘れなく!!
こんなことでは負けてられない!大物目指して、釣りの挑戦はまだまだ続きます!!@編集部員T

 
一人乗りボートを操るお兄さん ボートに乗せてくれたお兄さんたち
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone