スパイスフュージョン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

image (34)スパイスフュージョン

 
 アジア各国エスニック料理のいいとこ取り! 
Spaice Fusion (スパイスフュージョン)
【アクセス】バニラッドタウンセンター1階
【アドレス】1nd Level, Banilad Town Center Cebu City
【Open】11am-2pm/6pm-10pm
【TEL】344-2923


 
「折角セブに来たんだから、中華とかサンドイッチとかはねえ・・・」って方も多いでしょう。でも毎日フィリピン料理ってわけにもいかないじゃないですか。で、そんな時に思い出して欲しいのがこのお店。
アジア各国の料理が一軒のお店で食べられるんですね。
こう聞いてね、「でもどうせそれぞれの料理のレベルは低いんでしょ」って思った人、いません?
いや、僕も正直『多国籍料理屋に旨いものなし』だと思ってましたんで、この店がオープンしてからもなかなか足を向けなかったんです。
でもね、エスニック料理店のくせにモダンできれいな内装だし、結構いつも賑わってるし、ある日なんとなくタイミングが合って、入ってみたんですね。
もう目から鱗が落ちましたね。いろんな国の料理のいいとこ取りがきちっと出来てるんですよ。
何を頼んでもはずれが少ないんだけれど、まずは前菜のインド料理『ロティ』。これだけは絶対頼んでください。
誰もが口を揃えて褒め称えるここの定番中の定番です。外はパリパリサクサク、中はモチモチの薄手のナンみたいな食べ物です。
熱々のそれを手でちぎってカレーソースにつけて食べるのですが、少し甘めの皮の味がカレーにぴったりです。
あ、ちなみに、『ロティ』は、インドではそんな料理じゃないよ!とか抜かす印度ヲタなあなたは、我々がウハウハ食べてる間、自分のターバンでもかじってなさいね。
あとはマレーシア料理の『ラクサ』も外せないですね。
ラクサはココナッツミルク入りのカレーの中にビーフンを入れたものなんですけど、その香り高さに病み付きになります。
もっとあっさりしたものがお好きな方は、ベトナム料理の『フォー』をお薦めします。
牛からとったスープの中に、お米で作ったきしめんを入れたものですが、日本人好みの味ですね。
ちなみにこのお店で使われているお米はなんとフィリピンで通常使われる粒の長細いインディカ米ではなく、日本米と同じ短粒種。フィリピンはお米が美味しくないとお嘆きの貴兄にもきっと満足していただけるでしょう。
あとね、このレストラン、ものすごく安いです。一人1000ペソとか頼めるもんなら頼んでみてください。次の日の昼までかかっても食いきれませんて。

お薦め料理

Roti
Laksa
Chili Crab
Grilled Pork Belly
Clear Beef Soup Noodle
 
誰もが褒め称える定番中の定番。インド料理『ロティ』。 香りの高さが病みつきになる、マレーシア料理『ラクサ』。 お米は日本米と同じ短粒種を使っています。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone