【セブ島の屋台村】食べ歩き!おすすめナイトマーケット7選

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

 

セブ島で現地の気分を味わいたいならナイトマーケット(屋台村)に出かけるのがおすすめ!

定番のフィリピン料理からエスニック料理、デザートなど色んな食べ物が一気に楽しめちゃいます。

そして、セブでは最近新しいナイトマーケットがいくつか増えてきました。

今回は、そんなおすすめのナイトマーケットを最新情報とともにご紹介します♪

 


\屋台村のパイオニア的存在!/

SUGBO MERCADO(スグボメルカド)


 

 

セブのナイトマーケットと言えばココ!

セブ島のビジネス街・ITパークに位置するセブ最大のナイトマーケットSugbo Mercado」。

なんと1日、平均5,000人以上の人が訪れるのだとか。

 

 

週末の木曜日~日曜日だけの営業にもかかわらず、毎週多くの人で賑わっているんです。

スグボメルカドには65店舗の屋台が連なり、マーケット中央には800の席数が並びます。

フィリピン料理にハンバーガー、行列のできるマンゴージュース・・・

 

 

さらには、ちょっぴり変わった綿菓子のデザートもあります♪

 

 

日本人オーナーのたこ焼き屋さん、「DELICA YAMA(デリカ ヤマ)」も人気のお店の一つ!

 

 

中とろとろ!外カリカリ!のたこ焼きがたったの100ペソ(6個入り)で食べられます♪

最近では、たこせんやいかせんなどの薄焼きせんべいのメニューもはじまりました!

お酒のおつまみにぴったりです。

お店の名前の通り、オーナーは日本人の”ヤマさん”。お店にいたら話しかけてみてくださいね♪

 

 

フードに合わせて楽しみたいアルコールを買うならこちら。

ローカルビールにHainekenなどのインポートビール、スミノフなどをご用意。

Avidaタワー、マクドナルド側の入り口からすぐ近くにありますよ♪

 

 

 

他にも、写真映えするこんなフルーツシェイクに、餃子が食べれられるお店、ベトナム料理、肉巻きおにぎりなどなど・・・

お店の種類が豊富すぎてどこで食べるか迷ってしまいそうです!

 

SUGBO MERCADOのある、ITパークについて詳しくはこちら
「セブ島・ITパークの便利マップ&施設情報【2018年最新版】」

 

SUGBO MERCADO(スグボメルカド)


17:00-1:00 (Thu-Sun)
Garden Bloc, Inez Villa St, IT Park, Cebu City

 

 

 

 


\マンダウエシティにできた!注目度200%の屋台村/

THE MARKET(ザ・マーケット)


 

 

マンダウエシティにあるTHE MARKET」は今年8月にオープンしたばかり!

実はここは先ほど紹介したSugbo Mercadoと同じ運営団体が主催するナイトマーケットなんです。

 

 

およそ3000平米の敷地にある大規模なコンテナ型フードパークとなっています。

 

 

25店舗のフードスタンドやドリンクが飲めるショップが出店しています。

 

 

 

そして、なんといってもTHE MARKETはおしゃれなショップが立ち並ぶのが特徴的。

 

 

フィリピンローカルフードはもちろん、他国の料理やジューススタンドなど種類も豊富なんです!

インド料理やベトナム料理、日本食なども食べられますよ。

 

 

チーズが伸びるピザが食べられたり、

 

 

お花の形をしたジェラートなど

 

 

マーケット内はこんなインスタ映えするポイントもたくさん♪

ステージではライブバンドやトリビアクイズも随時開催されています。

今後、2階にはコーヒーショップやコワーキングスペースもできる予定だとか。

 

THE MARKET


2Wilson Place, Wilson Street, Lahug, Cebu City
17:00-2:00 (Mon-Sun)

 

 

 

 


\黄色いコンテナ×カラフルガーランドが可愛い屋台村/

YelloCube Food Hub(イエロキューブ フード ハブ)


 

 

ラホグエリア・JYスクエア近くに8月にオープンしたYellocube」

ITパークから車で10分ほどの距離でカフェ”FUJINOYA”の隣にあります。

他のナイトマーケットは週末だけだったり、定休日があったりするのですがYelloCubeは毎日開催しているのでいつでも行くことができます♪

 

 

イエローカラーで統一されたナイトマーケットはまさにフォトジェニック!!

フィリピン人の多くがここで撮った写真をSNSに投稿しているほど話題のスポットなんです。

 

 

15店舗の屋台が連なり、ローカルフードをはじめBBQやハンバーガー屋さんが並びます。

 

 

フィリピン定番デザート「ハロハロ」の専門店もありますよ♪

 

 

マレーシアから上陸したタピオカジュースショップも人気です。

 

YelloCube Food Hub


17:00-2:00 (Mon-Sun)
2Wilson Place, Wilson Street, Lahug, Cebu City

 

 

 

 


\マンゴーエリアで賑わう屋台村/

Fungo Food Bazaar(ファンゴ フード バザー)


 

 

マンゴーアベニューにあるローカルにも人気のナイトマーケット、Fungo Food Bazzar。

 

 

20店舗のフードショップが並びます。

 

 

定番のフィリピン料理だけでなく、他の屋台村ではなかなか見かけない韓国料理のフードスタンドも。

中でも150ペソでボリューム満点のホタテが食べられるシーフード料理のお店はとってもおすすめです!

友達や家族とシェアして食べるのにぴったりですよ。

 

 

タピオカジュースやフレッシュジュースが飲めるウッド調のかわいらしいショップも人気です♪

 

 

また、ナイトマーケット手前には洋服やアクセサリーなどが売っているショップもあります。

夕食がてらに覗いてみてもいいかも?

また、Fungo今年9月にはマンダウエシティのInsularSquare内にも同じ名前のナイトマーケットがオープンしたばかりだそう。

合わせて要チェックですね!

 

Fungo Food Bazaar


16:00-22:00 (Wed-Sun)
Mango Square Mall, General Maxilom Ave, Cebu City

 

 


\マクタン島でも屋台気分♪/

Mactan Alfresco(マクタン アルフレスコ)


 

 

話題の開発エリア・マクタンニュータウン内のフードコートエリア。

夜のイルミネーションがライトアップしたさまは、フォトジェニックな雰囲気です。

カラフルなガーランドもポイント!

 

 

フィリピンの定番料理「プソ(ハンギングライス)」もデコレーションの一部になっています。

 

 

カジュアルフィリピン料理が味わえるオレンジカレンデリアにメキシコフード店「Maxi mama」、フレッシュジュースが飲める「Thirtsty?」など、セブシティの人気店の味を気軽に楽しむことができます。

 

 

エントランス前にはジプニーが飾ってあり、ここで記念写真を撮ってもいいかも?

ジプニー内でご飯を食べることもできますよ。

 

Mactan Alfresco


10:00-21:00 (Mon-Thu) / 9:00-22:00 (Fri-Sun)
The Mactan Newtown, Lapu-Lapu city

 

 

 


\超穴場!?タリサイのコンテナ型屋台/

Tambayan Foodpark(タンバヤン フードパーク)


 

 

巨大モール”SM Seaside”の先、タリサイシティにある2階建てのコンテナ型ナイトマーケット。

 

 

現地の人々で賑わう超穴場のスポットなんです。

 

 

Tambayan Foodparkでハズせないのはこのイカスミのバンズを使った異色かつ本格的なバーガー!

他にもクッキーのサクサク食感が美味しいスムージーなど、ここだけのメニューが楽しめるのも魅力。

 

 

そして、ここには屋台村ではとても珍しいカラオケBOXがあるんです。

なんと8人部屋で1時間、99ペソと超破格!

屋台でご飯を食べた後は現地のカラオケを体験してみてもいいかも?

また、Tambayan FoodparkはConsolationという地域にも同じ名前のナイトマーケットがあります♪

 

Tambayan Foodpark


17:00-0:00 (Mon-Sun)
Bulacao, Natalio B. Bacalso Ave, Antuwanga, Cebu City

 

 

 


\地元の大学生に人気!お洒落なコミュニティスペース/

Grid Pad and Creative Campus(グリッド パッド アンド クリエイティブ キャンパス)


 

 

何でも揃う!?地元の大学生に人気のコミュニティスペース。

 

 

フードスタンドにカフェ、イベントスペース、さらにはゲストハウス、ランドリー、コワーキングスペース、レンタルオフィスまであり、ここだけ生活できちゃうかもというくらい色んな施設が揃っているんです。

最近では、ネイルサロンもオープンしたとか。

 

 

このスペースの1Fにはフードショップが約13店舗並び、フィリピン料理はもちろんタイ料理やシンガポール料理も楽しめます。

オシャレなボトルのクラフトビールが飲めるのも嬉しい!

 

 

こちらでは定期的にイベントも開催しており、現地の大学生やバックパッカー、イベントの参加者など色々な人が集まり、交流の場にもなっています。

 

Grid Pad and Creative Campus


7:00-0:00 (Mon-Sun)
Nasipit, talamban, Cebu City

 

 

 

 


セブ・マクタン島のナイトマーケットで食べ尽くそう!


 

いかがでしたでしょうか?

 

セブ島・ナイトマーケットの定番「スグボメルカド」に加え、実はこんなにセブにはナイトマーケットがあったんです。

THE MARKETYELLOCUBEはまさに今話題のスポット!

Fungo Food BazzarTambayan、Grid and Padは現地の人に人気でまだ外国人に知られていない穴場の場所です。

そして、マクタン島エリアの方はMactan Alfrescoがおすすめ♪

学校や仕事帰りにぜひ、友達や家族とお立ち寄りくださいね。

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone