現地携帯電話

セブライフ 携帯電話編

セブデイズ(豊かにセブで過ごすための情報)に欠かせないのが、日常生活の情報。セブポットが、セブ生活情報をお届けいたします。

       

フィリピンの携帯電話

セブには、硬貨やテレホンカードタイプの公衆電話がありますが、絶対数が少なかったり故障していたりする場合が多々あります。セブにロングステーを予定している方は、携帯電話を購入する手もあります。

 

携帯電話本体

どんな種類があるの?
受信機は、多数の会社から多くの機種が販売されていますので、目的や予算に合わせて選ぶことが出来ます。

フィリピンで人気のあるメーカーのご紹介
1.ノキア(NOKIA)
2.ソニーエリクソン(Sonyericsson)
3.モトローラ (Motorola)
4.サムスン (Samsung)

 

どこで買うの?

大型のショッピングモール(SM、アヤラ、ガイサノなど)には、数多くの携帯電話販売店があります。セブ市の下町(コロン界隈)に安売り店が数多くありますが、保障や初期不良への対応に不安がありますので購入時には十分注意が必要です。

 

選び方は?

セブに限らずフィリピンでは、店頭にサンプルを展示している販売店がまだまだ少ないため、手にとって比較検討することが困難ですので、事前に使用目的を考慮することが必要です。
機種は、白黒画面の安価な機種(1,100ペソ位)からテレビ、カメラ、MP3プレーヤー付きの高級機種(10,000ペソ前後から)まで豊富に販売されています。
※日本語が使える機種は基本的には無く、英語表記のみとなります。

 

いくら位で買えるの?

新品で1,100ペソ位から50,000ペソを超えるものまで、幅広くあります。

 

保障は? 

各販売店によって、初期不良のみ対応、1年間保障などまちまちですので、購入時には確認することが大切です。

 

利用料金は?

フィリピンには、3社(SMART社,GLOBE社,SUN社)の携帯電話通信会社があり、電話機本体と同時にSIMと呼ばれる電話番号が付いたICカード(50ペソから)を購入し電話機本体に挿入して使用します。
携帯電話の利用料金体系には、月額払い方式プリペイドカード方式の2種類あります。
月額支払い方式
各携帯電話通信会社のショップ窓口で手続きをする必要があります。月々800ペソくらいから各種プランが選べますが、手続き完了までには書類(パスポート、外国人登録証や収入証明書など)や日数がかかるので在住者または長期滞在者向きといえるでしょう。
プリペイドカード方式
購入時に身分証明書等が必要ありません。携帯電話ショップで同時購入し、即使用することが出来ます。

 

♪♪セブポット編集部より♪♪

フィリピン人もそのほとんどがプリペイド方式を使っています。誰でもすぐにどこでも購入することができ、その場で使い始めれるという利点から考えても、まずはプリペイド方式ではじめてみるのがいいでしょう。

 

プリペイドカードはどこで買うの?

カードは、各社100、300、500ペソがあります。電話機販売店のみならず市内のサリサリストアーや薬局など、色々な所で購入可能です。
使用方法は、通信会社ごとに違いますので、カード裏の説明をお読みください。また、現在はプリペイドカードでの補充のみならず、e-loadといって店頭で3ペソから補充をすることも可能です。方法は、取次店で電話番号と補充したい金額を店員に伝えます。完了すると携帯電話に補充完了のメッセージが届きます。

Loading search box ...

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top