【日本語でサポート】セブ島でオフィス・店舗の物件を探しで知っておくべき6つのこと。

 

セブ島でオフィス・店舗を探す

 

セブ島で既に会社を経営されていてオフィスの移転や拡大を考えられている方、これから会社設立または、店舗開店の予定でオフィスや店舗の賃貸物件を探されている方はいらっしゃいませんか?

日本と違って、海外であるセブ島では、自分自身でオフィスや店舗の場所を探すのも、賃貸契約を結ぶのも大変なこと。

出来れば、セブ島を良く知る日本人がサポートしてくれると、その負担も減りますよね!

 

フィリピン・セブ島でオフィス探し、店舗探しに失敗しないために、知っておきたい6つのポイントをまとめます!

 

 目次 

①エリア選び

②物件条件に優先順位をつける

③物件契約後の家賃免除期間を確認

④家賃上昇、管理費、エアコン費などの確認

⑤保証金・前家賃など支払い方法と契約書の確認

⑥フィリピン・セブ島ならではの常識や習慣

安心の日本語サポートについて

お問合せ

 

セブ島でオフィス・店舗の物件を問い合わせする

 

会社設立について知りたい方はこちら▼

【フィリピン・セブ島会社設立・法人設立】セブ島でビジネスの始めるなら必読!日本人サポートで安心

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント①

①エリア選び


 

セブ島ビジネス街

 

まず初めに、場所選びが大切

オフィスや店舗の物件探しは、セブ島の中心部「セブシティ」か、お隣の「マンダウエ市」になることが多いです。

その中でも、特に日本人に人気のエリアは、

 

(オフィスの場合)

【アヤラ・ビジネスパーク(Business Park)】
巨大ショッピングモール”アヤラセンターセブ”を中心とするセブビジネスパークエリア。

セブのビジネスの中心地でもあり、フィリピン大手企業のセブ本社や、外資系企業も数多く入っています。

【ITパーク】
ITパークもアヤラエリアと同じくビジネスエリアです。
外資系BPOやコールセンターなどのIT企業も多く、24時間営業のオフィスがいくつかあり眠らない街。

最近は住環境も整って、IT企業には圧倒的に人気を誇るエリアです。

 

【そのほかのBPOビル】

その他にも市内には、オフィスビル、PEZA登録されたBPOビルがいくつもあります。

人気のアヤラエリア(セブビジネスパーク)、ITパークのオフィスビルに比べ、家賃が安いことが多いです。

 

(店舗の場合)

【A.S フォーチュナ St.】
日本食レストランや韓国料理など、飲食店が多く、グルメな人が注目するストリートです。

 

【ショッピングモール内】

セブ市内、マンダウエ市内には、大小あわせ数多くのショッピングモールがあります。

特に有名なのが、アヤラモールとSMモールですが、これらのモールは非常に人気が高く、常に出店希望者まちが並んでいます。

そのため、これらの大手ショッピングモールは「実績」がないと、現実的に入ることは難しいです。

 

その他の、中規模、小規模のモールでは、空き物件があれば出店できる可能性があるので、大型ショッピングモールに出店希望の方は、まず、小型モールでの実績を作ってからチャレンジしてみましょう。

 

合わせて読みたい!セブ島のエリア紹介はこちら▼

セブ島の地図・マップ・エリア紹介(セブ島/セブシテイ/マクタン島/マンダウエ)

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント②

②物件の条件に優先順位をつける


 

セブ島オフィス・店舗物件探しの優先順位

 

物件を借りる際の、要望はひとつではありませんよね。

(オフィスの場合)

・ 高速インターネットを引ける環境

・ 求人募集が集まりやすい場所

・ 新しいビル

・ 家賃が安い

・ 交通の便がいい

・ PEZA登録ができる

など・・・

 

(店舗の場合)

・ 路面店である

・ 駐車場が広い

・ 人気のエリア

・ 富裕層が利用しやすい場所

・ 雰囲気のあるおしゃれなビルやモール

など・・・

 

挙げていけば、希望の条件はいくつもあるかと思います。

しかし、すべての条件がそろった物件を探すのは、至難の業です。

 

そのため、まずはご自身の条件を並べ、その中で優先順位をつけることをお勧めします。

1、高速インターネット環境

2、家賃が予算内

3、交通の便

4、できるだけ新しいビル

など・・

 

すると、譲れない条件と、ここは目をつぶろうと思える基準がはっきりし、不動産業者が物件探しをする際に、重点項目が明確なので、物件が探しやすくなり、お客様とのずれが生じにくくなります。

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント③

③物件契約後の家賃免除期間を確認する


 

セブ島オフィス・店舗物件の家賃免除期間

 

居抜きでそのまま使える物件以外は、契約した後に内装工事が始まります。

日本と違い、内装業者が予定の期間を過ぎてしまうこともしばしば。

そこで、契約後実際のオペレーション開始まどのくらいの間、内装工事期間として「家賃の免除」をしていくれるのか?をしっかりと確認しましょう。

 

内装業者に、内装のイメージ、見積もり、工事期間を依頼し、物件のビルの条件である家賃免除期間にまにあうのかどうか?を考慮します。

必要であれば家賃免除期間を延ばしてくれるよう交渉してみることも重要になります。

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント④

④家賃上昇、管理費、エアコン費などの確認


 

セブ島オフィス・店舗の家賃費用

 

フィリピン・セブ島では、オフィス・店舗ともに毎年家賃3%から最大10%ほど上昇するのが当たり前です。

オフィスビルの場合、5%から7%ほどが相場かと思います。

 

また、家賃以外に、平米当たりの管理費(だいたい平米当たり70ペソから100ペソ)と、エアコン設備費用(50ペソから100ペソ)をとる物件もあります。

それらは、毎月の家賃にプラスして毎月支払わないといけないので、それらを合計した金額を家賃として考えるといいでしょう。

 

また、東南アジアの中でフィリピン電気代は高めなので注意が必要です。 

また物件によって電気代が高額になるケースもあります。

物件のサイズに合わせて、だいたい毎月の電気代、光熱費がどのくらいか?も計算しておきましょう。

 

・ 最低契約期間

・ 毎月の管理費用

・ エアコン設備費用

・ 毎月の光熱費

など。

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント⑤

⑤保証金・前家賃など支払い方法と契約書の確認


 

セブ島オフィス・店舗物件、賃貸契約

 

フィリピン・セブ島で物件を借りる場合、保証金(セキュリティデポジット:Security Deposit)と前家賃(アドバンスレンタル:Advance Rental)を支払う習慣があります。

何か月分かは、物件によりますが、「保証金3か月分+前家賃3か月分」の最低6か月分ほどは、最初の契約時に必要なことが多いので、準備が必要です。

 

また、銀行引き落としや銀行振り込みの習慣が薄く、お支払いは基本的に銀行の「小切手」を使って支払います。

先付け小切手と言って、毎月の日付をいれた先付け小切手で支払うことがほどんどで(稀に現金でも受け付けてくれるケースもあります。)

毎月の家賃は先付け小切手で1年分や2年分を先に物件オーナーに渡すことを求められることもあります。

 

また、物件解除時のペナルティや、条件なども契約の際にはきちんと確認しましょう。

 

小切手が使えるようになる、セブ島銀行口座開設について知りたい方はこちら▼

セブ島で銀行口座開設サポート【日本人スタッフがお手伝い】

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのポイント⑥

⑥フィリピン・セブ島ならではの常識や習慣


 

セブ島の物件の知識

 

ポイント④でも書いたように、毎年家賃の上昇など、日本では見られない習慣もあります。

コロナショック以降は変わるかもしれませんが、それまでは、借り主よりも、物件・ビルのオーナーの立場が強いのが、フィリピンスタイルです。

 

人気のエリアの物件は空きがないことが多く、入居希望者側が、ビル側に入居希望の意思を示す書類を提出し、その書類をもとに、ビル側が入居者を選定し決めるというケースが多く見受けられます。

 

オーナー側の都合で条件が変わることも、たまに見られます。

またフィリピンは日本以上に契約社会です。

口約束ではなく、書類上の契約書が最も重要になる点も注意が必要です。

 

日本の商習慣と違う点は多くありますが、日本ではそんな常識はない!といったところで仕方がないので、

海外でビジネスをするにあたって、現地のスタイルを学び受け入れていくことも大切な要素ですね。

 


セブ島でオフィス・店舗の物件探しのサポート

日本語で安心の物件探し


 

セブ島物件探しサポート

 

会社の設立には、たくさんのステップがあり、スムーズに進んだとしても大変な作業ですよね。

会社設立の準備の中でも、オフィスや店舗の準備も大変な作業の1つです。

 

ハテナソリューソンズ(The Hatena Solutions Inc.)では、物件探しのポイントを含めたうえで、日本人スタッフがお客様のオフィスや店舗の物件探しのお手伝いをさせていただきます。

 

 事前調査 

・経営される会社、店舗の業種(PEZAに登録されている会社は、PEZA対応している物件でないと借りることが出来ません。)
・ご希望のエリア
・広さ
・間取り
・賃貸開始時期
・契約期間(最低3~5年くらいから契約できる物件が多い)
・予算
・その他のこだわりの条件(例:流し、キッチン、駐車場があるかどうか)
・オフィス、店舗の見学希望日
など

 

 当日の物件ご案内 

お客様のご希望に合った、オフィス・店舗の物件を弊社の方でお探しし、見学当日にご案内いたします。

オフィス・店舗の物件見学当日は、お客様がご指定される場所までお迎えに上がりますので、ご安心ください。

 

物件見学の際には、気を付けておきたいポイントを踏まえながら、弊社の日本人スタッフと一緒にチェックして、気になることは管理会社の担当者に確認します。

 

 物件契約 

借りるオフィス、店舗の物件が決まったら、契約手続きと支払いを進めていきましょう。

事前に弊社の日本人スタッフが英語の賃貸契約書を確認し、お客様にもお送りいたします。

 

支払いについては、契約時に保証金、前家賃、契約期間全ての賃料を先付小切手で、物件管理会社に支払います。

契約時にも、弊社日本人スタッフが同行させていただきますので、ご安心ください。

 

 契約後の準備、内装工事 

 

オフィス、店舗の物件を借りた後は、内装工事やオフィス・店舗の必要品を用意しないといけないですよね。

セブ島で、信頼できる内装工事の会社を探すのも難しいところ。

ハテナソリューソンズでは、信用できる内装工事会社の手配もご提案させていただきます。

 

セブ島でオフィス・店舗の物件を問い合わせする

 


まとめ


 

ハテナソリューソンズでは、個人事業主の登録や会社設立のお手伝いももちろんですが、店舗やオフィス探しも日本語で丁寧にお手伝いいたします。

また、住居探しや、各種ビザの手続き代行業もしております。

日本人スタッフに気兼ねなく、ビジネスなどのご不安を幅広くサポートさせていただきますので、ご安心ください

 

▼セブ島での会社設立について知りたい方はこちら!

【フィリピン・セブ島会社設立・法人設立】セブ島でビジネスの始めるなら必読!日本人サポートで安心

 

▼セブ島で暮らす賃貸住居探しサポートについてはこちら!

【日本語で安心!】セブ島で賃貸物件(住居、店舗、オフィス)探しのサポート。

 

▼セブ島に滞在するのに必要なビザについてはこちら!

セブ島で暮らすために必要なビザ一覧

 

まずは、お気軽に下記お問合せフォームまたは、電話番号までご連絡ください。

担当者:山田(+63-917-721-4432 / フィリピン携帯電話番号)

 

ご予約・お問い合わせ

※Eメールについての注意事項

■携帯メール(@docomo.ne.jp)(@ezweb.ne.jp)(@i.softbank.jp)のドメインで、下記例のようなメールアドレスの場合、弊社及び催行店舗よりメール送信ができないことがございますので、お手数ですがPCメールアドレスなどをご利用くださいませ。
・@の直前に「.」(ドット)がある。(xxxx.@xxxxxx)
・@の左側に「.」(ドット)が連続している。(xx..xx@xxxxxx)

■お問い合わせ送信後48時間以内に催行会社からメールが来ない場合
迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにもメールが届いていない場合は、再度お問合せフォームからお問い合わせをお願いいたします。