【セブ島でいちご狩り&フラワーガーデン】休日おでかけはセブの山の手へ♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

セブ島は海だけじゃない!

実は山や高原、田畑などを楽しめる場所があるって知ってましたか!?

今回ご紹介するのはセブシティから車で1時間ほどいったところにある・・・いちご農園!

セブ島でいちご農園があると聞き、お天気のいい日曜日にセブポット編集部でお出かけしてきました!

さらに、いちご農園から15分ほどのところにあるフラワーガーデンにも行ってきましたよ♪

 


\セブ市内から車で約1時間/

いちご農園・フラワーガーデンまでのアクセス方法


 

 

セブ市内からいちご農園とフラワーガーデンまでは車で1時間弱。

いちご農園とフラワーガーデンは観光スポットの展望台・トップスの先にあります。

セブ市からJYスクエアを抜け、セブ・トランスセントラル・ハイウェイをしばらく走ると到着!

 

 

こちらの看板が目印です♪

 


\そよかぜ感じる!マイナスイオンあふれるいちご農園/

ストロベリー デ カンティプラ エコファーム
(Strawberry de Cantipla Eco Farm)


 

 

やってきました!いちご農園!

\ストロベリー デ カンティプラ エコファーム!!/
(Strawberry de Cantipla Eco Farm)

 

ここにはセブ島の高原地帯ともいえる風景が広がり、山の涼しい風と地元の野菜を栽培する畑があります。

 

 

そして、眼下にはセブの山々とその向こうに広がるセブ市内の景色が・・・

そんなセブ島の絶景を見渡せる場所に、いちご農園「ストロベリー デ カンティプラ エコファーム」はあるんです。

さてさて、お待ちかねのいちごは・・・?

 

 

かわいらしい!いちごがずらり♪

この農園にあるいちごの鉢の数はなんと、5000鉢!

 

 

5000鉢もあるため、シーズンを問わずいつでもフレッシュないちごが食べられるんですね!

お値段は1粒20ペソとプライスもかわいらしい・・・

 


\速攻インスタにアップするしかない!/

フォトジェニックなストロベリースイーツ♡


 

 

農園内にあるお店、「Strawberry Snack Hauz」では、農園で採れたいちごを使ったメニューが食べられるんです♪

いちご農園を目の前にして食べるストロベリーパンケーキは絶品!

いちごの赤とガーデンの緑がフォトジェニックなコントラストを醸し出します。

インスタ映えになること間違いなしですね♪

シェイクは思ったより甘くなく、甘いのが苦手な方でも美味しく飲めますよ!

 

 

他にもストロベリーアイスクリームなどが楽しめます。

オーナーさん曰く、チーズ&ストロベリーバーガーは某有名バーガーチェーン店よりもおいしいと評判だそう。

ぜひ、お試しあれ!

 


\挫折を経て・・・再びトライ!土にもこだわり/

農業を教える学校の先生が造ったいちご農園


 

 

オーナーAriel T. Ugsimarさん(写真左)

 

こちらのいちご農園は、2018年4月にオーナーのAriel T. Ugsimarさんがオープンさせました。

Arielさんは、学校で農業を教えている現役の先生で特にオーガニック栽培に関心をもっています。

 

 

2014年に1ヘクタールの広さの農園をオープンさせるために、いちごの栽培を始めたArielさん。

しかし、この時の栽培は失敗してしまったそうです・・・

その後、その時の失敗を活かして2017年9月に再び栽培にチャレンジ!

見事成功し、今に至ります。

 

 

こちらのいちごはオーガニック栽培をモットーに、オーナーのArielさんが自ら土づくりをして栽培しているそうです。

堆肥を利用して、作られる土は販売もしています。

家庭菜園にもいいですね。

 

 

また、こちらにあるフルーツはいちごだけじゃないんです!

今はまだ苗ですが、これから実になるのが楽しみなグレープ、キウイ、ふじりんごなども植えられているんですよ♪

果実の成る日が楽しみですね。

 

ブドウを栽培中。蔦が生えて実がなる日が楽しみです。

 

さらにさらに・・・フルーツだけではとどまらないArielさん!

オーガニックに関心があるだけあってハーブも栽培しているんです。

ここで栽培されているハーブ類は購入もできますよ♪


葉を摘まんでお茶として飲めば、健康維持にも効果があるとか!?

 

ストロベリー デ カンティプラ エコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)


入場料:40ペソ(6〜12歳 20ペソ)
8:00-19:00
0919-231-7924
Cantipla 2 tabunan, Cebu City

 

 

 


\いちご農園から車で15分のフラワーガーデン/

シラオ ピクトリアル ガーデン
(Sirao Pictorial Garden)


 

 

いちごを満喫してお腹いっぱい!少し散歩をしに行きましょう!

いちご農園から車を走らせること、15分・・・

「シラオ ピクトリアル ガーデン(Sirao Pictorial Garden)」が見えてきました♪

ここは最近、フィリピン人のフェイスブックやインスタグラムでよく目にするセブ島の超人気スポット。

「Sirao Flower Garden(シラオフラワーガーデン)」と最近オープンした「シラオ ピクトリアル ガーデン(Sirao Pictorial Garden and Camping Site)」の2つのエリアがあります。

 

 

ガーデンを一度歩くと、お花畑とセブ島の山並みの景色が素晴らしく広がっています。

山の澄んだ空気がとても気持ちいい!

 

 

フィリピン・セブ島で咲く色とりどりの花々たち・・・

斜面を利用したガーデンにて栽培しているそうです。

セブポット編集部・敏腕マネージャーのひろみさん、経理担当メロディーもこの笑顔!

花々に囲まれてかなりフォトジェニックな1枚♪

 

 

続いてセブポット編集部の渋メン・ドライバーのリトさんもご満悦の様子。

渋さに鮮やかさが加わり、ぜひともフェイスブックのプロフィール画像に使っていただきたい1枚に仕上がりました。

 

 

シラオガーデンにはお花だけでなく・・・

インスタグラムやフェイスブックにぴったりな写真スポットが数多くあるので、景色と写真を2度楽しめること間違いなしです!

 

 

こーんなカラフルなスポットも!

ついつい写真を撮りたくなっちゃいますね♪

 

また、グループや家族連れにもおすすめな休憩場所(有料)もあり、持参したお弁当などを景色を見ながら楽しめます。

セブ島には海ばかりでなく、こんな自然を楽しめる場所があるので、たまのお出かけに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

シラオ ピクトリアル ガーデン(Sirao Pictorial Garden and Camping Site)


入場料:50ペソ
6:00-18:00
0948-183-1320
Busay, Cebu City

 

 

 


\セブの山に行くなら!ちょっと寄り道/

セブ島の新鮮な野菜やフルーツたちを購入


 

 

せっかく、山の上まで出かけたらセブ市内に帰る前にちょっと寄り道・・・・

山の手にお出かけする楽しみは、実はその日採れた野菜や果物を買えることでもあります!

いちご農園・フラワーガーデンまで行く時に通るセブ・トランスセントラル・ハイウェイには、その地域で採れた新鮮な野菜が道沿いで購入できるんです。

とくに、スイートコーン(季節により購入可)は、セブポット編集部オススメの一品。

その日採れたてのスイートコーンをゆでたのものと、フレッシュなものが売っていますので、ぜひ食べてみてくださいね。

1kgたったの100ペソで購入できました♪(2018年7月現在)

 

 

いかがでしたか?

セブ島でも山の手に行けば、海とは違った風景が広がっています。

ぜひ休日にお出かけくださいね。

またセブ島にはフィリピン最大の動物園セブ・サファリが、セブ市内から来るまで1時間ほどの所に最近オープンしたので、そちらも合わせて是非チェックしてみて下さいね♪

詳しくはこちら「【セブ島の動物園】セブサファリ&アドベンチャーパークを徹底解剖!」

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone