【セブ島の動物園】セブサファリ&アドベンチャーパークを徹底解剖!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


 

今回は、セブ島北部にオープンしたフィリピン最大の動物園「セブサファリ&アドベンチャーパーク(Cebu Safari & Adventure Park )」を徹底取材!

新しいおでかけスポットとして注目されているこのセブサファリの魅力をまるっとお伝えします。

 


セブサファリへの行き方


 


 

セブサファリはセブシティから車で約2時間ほどの距離にある「カルメン」という地域に位置しています。

 

ノースバスターミナルからセレスライナー(バス)で北上し、カルメンプラザで下車。

カルメンプラザからはセブサファリ行きの専用シャトル(※片道 P100、AM7:00-AM11:00までの午前中のみ運行)が出ているので、そのシャトルに乗るか、ハーバルハーバルというバイクのタクシーに乗って向かいます。

 

セブシティからはGrab Carでも片道 約1000ペソなので、4人までならGrab Car(もしくはタクシー)で行くのもおすすめです。

Grab Carについては セブ島の安全な交通手段!タクシー配車アプリの使い方。観光客・留学生必須!!  をご覧ください。

 

 

セブサファリは山道を登ったところにあり、到着前から自然豊かな雰囲気。

 

 

 

しばらく登ると、ゲートと駐車場が見えてきました!

 

 

そしてこちらがセブサファリのメインエントランス!

 

\着いたー!!/

 

 

 

最新設備が整ったメインエントランスには、インフォメーションやチケット売り場、お土産ショップ、売店などが揃います。

 

 

入場チケットは大人800ペソ、子ども(身長 91cm以下)400ペソ。

チケット販売は14時までとなっているので、時間には要注意です!

 

※セブポットマガジン2018年9-10月号に入場チケット100ペソOFFクーポンがついているので、是非お持ちくださいね♪

 

 

チケットを購入したら、こちらのゲートから園内へ!

 

\行ってきまーす!!/

 

 


セブサファリで動物たちと出会う!


 

 

100ヘクタールもの広大な敷地を持つセブサファリ。

園内はこちらのトラムで移動します。

 

 

トラムは好きなところで自由に降りられるシステムで、各所にあるTRAM STOP(停留所)から何度でも乗車可能。

うまく使いこなして、いろんな動物に会いに行きましょう♪

 

 

園内に9か所あるTRAM STOPの場所はこちらのMAPを要チェック。(TのマークがTRAM STOP)

MAPにあるようにレストランやカフェ、売店、パビリオン、ガーデンなどは1か所に集まっているのではなく、敷地内に点在しています。

 

 

 

セブサファリには111種類の動物たちが勢ぞろい。(2018年8月現在、今後も続々と増える予定だそうです!)

北側から周るとまずはじめに出会えるのは、シマウマやシカなどの草食動物たち。

 

\こんなに近くでシマウマを見るのは初めて!/

 

まるで触れそうなほど近距離で動物たちに出会えました!

 

 

こちらはワニのプール。

かなりたくさんいるので、ちょっと怖い・・・!(どきどき)

 

\餌やりもできるよ!/

 

 

 

見たことがないくらい大きなカメさんにも大興奮!

他にも、様々な小動物や・・・

 

 

 

 

 

\お散歩中よ!/

 

歩いていたら、突然ラマが前から現れたり(笑)

 

 

ポニーに乗って写真を撮ることもできます。(子どものみ)

 

 

人気のトラは、2時間ごとにホワイトタイガーと入れ替わるので、時間をあけて2度会いに行くのがおすすめ!

 

\ホワイトタイガー!かっこいい!/

 

 

つぶらな目をしたキリンさんの姿も。

 

 

話し合い中のおサルさんに・・・

 

 

お食事中のオラウータン。

 

 

・・・あれ、ラクダさんはなんだかお疲れのご様子?

 

様々な個性豊かな動物たちに出会うことができました♪

 


動物だけじゃない!?カラフルな鳥も勢ぞろい!


 

 

セブサファリでは、カラフルな鳥たちがたくさんいます。

餌をあげたり、肩に乗せて一緒に写真を撮ったり・・・

こんな風に身近に触れ合えるのがセブサファリの良いところ。

 

\ほら、どんどん食べや~/

 

 

 

\ほら、どんどん食べや~/

 

フィリピン人スタッフ達も、初めての動物園に嬉しそうな表情です!

 


広大な敷地に造られた庭園&緑の抜け道


 

 

セブサファリ内の南側にある庭園「MICHEL’SGARDEN(ミシェルズガーデン)」は、蘭が咲き誇る美しい場所。

グリーンのアーチや小さな滝などもあり、記念撮影にもぴったりです。

 

 

 

 

庭園の先には休憩できるエリアがあるので、広がる大自然を臨みながら採れたての新鮮なココナッツジュースを飲むことができます♪

また、自然を感じられるのはこのガーデンだけではありません!

 

 

白鳥が泳ぐ泉を抜けると緑に囲まれたこんな抜け道が。

ここでも写真撮影する人が多いんだとか。

 

 

また、抜け道から出て少し先にある大きな噴水も人気の写真スポットです。

 

 


毎日開催!1日1回のバードショーは大盛り上がり!


 

 

1日1回(13:45~)のバードショーは、見どころ満載♪

 

 

様々な鳥たちが計算したり歌を歌ったり、自慢の技を披露してくれるのですが、お客さん参加型なので手を挙げてステージの上で楽しむことができます。

最後には撮影タイムもあり!

 


フォトステーションで思い出の写真をゲット♪


 

 

 

セブサファリでは園内の至る所に撮影スタッフがいて、写真を撮ってもらえます。

撮ってもらった写真はすぐにWi-Fiでフォトステーションに送られるので、確認して気に入った写真があればその場で購入することができます。(1枚250ペソ)

 

 

フォトステーションは園内の主要な場所に配置されているので、見つけたら是非ご覧になってみてくださいね。

 


セブサファリ内のレストラン・軽食エリア


 

セブサファリ内にはいくつかレストランや軽食エリアがあるので、食事や休憩に困ることはありません。

 

 

1番人気は先でご紹介したミシェルズガーデン横にあるビュッフェ。

300ペソでフィリピン料理食べ放題、景色もいいのでのんびりとお食事することができます。

 

 

プレッツェル専門店「AuntieAnne’s」も、ビュッフェと同じくミシェルズガーデンのエリア内。

 

 

セブシティでも人気イタリアンレストラン「ミケランジェロ」は、オラウータンの近くです。

 

 

その他、敷地内のいろいろなところ所にこういったドリンクブースや軽食エリア、アイスクリームコーナーなどがあるので、ついつい立ち止まってしまいそう・・・!

 


セブサファリでは現在7つのアクティビティを建設中!


 

 

実は、セブサファリは動物園だけではありません!

現在準備中のジップラインはなんと、アジア最大級の全長1.2km!!

その他にも、ジップコースターやスカイバイク、 スパイダーウォーク、ジャイアントスイング、障害物コース、カルメン滝でのトレッキング、計7つのアクティビティが揃う計画となっています。

今からとても楽しみですね♪

 


Cebu Safari 基本情報


 

Cebu Safari & Adventure Park


入場料:P800 (91cm以下の子ども P400)
TEL:0995-835-3460
Toril Carmen, Cebu Philippines 6005
OPEN:8:00 – 17:00 (最終受付 14:00)

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone