ホーリーウィークに行きたい!セブから気軽に行ける海外旅行♪

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone


セブの大型連休、ホーリーウィーク。
今年は4月13日から16日までの4日間(毎年日程が違います)で、近郊の海だけでなく、近くの海外に旅行するチャンスでもあります!

 

そこで今回は、セブから気軽に&安く行ける海外について、航空券の情報をメインにご紹介していきます。
(2017年 3月1日現在の情報です)


台湾

行きやすさ ★★★  価格 ★★★ フライト時間 約3時間


 

セブからの直行便が数多く出ている台湾は、行きやすさ、価格ともに◎!

特にLCCのエアアジアとセブパシフィック(以下、セブパシ)から出ている便は最も安く、おすすめです。

どちらの航空会社も最安値で片道2000ペソ台からあり、通常でも3000ペソ台。激安プロモの時だと1000ペソ以下の場合も!

 

ただしフライト時間は大きく異なっており、エアアジアの直行便が7:05セブ発 ー 9:55台湾着に比べ、セブパシの直行便は21:45セブ発 ー 深夜00:25台湾着。

早く着きたいならエアアジア、仕事の後に行くならセブパシがぴったりです♪

 

台湾は、千と千尋の神隠しのモデル地である九份や夜市などでノスタルジックな雰囲気を感じたり、台北101でショッピングや様々なグルメを堪能できるとあって女子旅にも人気!
移動は地下鉄やタクシーが主となります。

 


シンガポール

行きやすさ ★★★  価格 ★★☆ フライト時間 約3時間半


 

上でご紹介した台湾と同じく、セブからの直行便が多く出ているシンガポール。

こちらもエアアジアやセブパシを利用するのがお得で、どちらも最安値で片道2000ペソ台からあり、通常でも4000ペソ台です。

 

フライト時間はエアアジアの直行便が16:55セブ発 ー 20:30シンガポール着、セブパシの直行便が19:55セブ発 - 23:35シンガポール着。

実質3時間ほどしか変わりませんが、シンガポールは空港から中心地までの移動手段であるMRTの最終列車が23時半な為、もしフライト時間に間に合うならエアアジアをおすすめします。

 

シンガポールは定番のマーライオンやマリーナベイサンズ、ガーデンバイザベイなど、都会を感じられる観光スポットが多数。光のショーや夜景の綺麗な場所も多いのでカップル旅行でもおすすめです。
街自体が小さく、特にマリーナベイサンズ周辺はショッピングモールやパビリオンが密集しているので歩きながら観光を楽しむことができますが、少し離れたところにはナイトサファリやユニバーサルスタジオも♪

 


香港

行きやすさ ★★☆ 価格 ★★☆ フライト時間 約2時間半


 

セブから約2時間半と、短時間で気軽に行ける香港。

直行便はセブパシやキャセイパシフィックなどから出ており、価格帯はセブパシが片道2000ペソ台、キャセイパシフィックが4000ペソ台で出ています。

 

価格でいうとLCCであるセブパシに軍配があがりますが、キャセイパシフィックはエコノミーでも30kgの荷物×2つを預けることが出来るというメリットが!

持ち込み手荷物で問題ない程度の短期旅行ならセブパシがっつり長期滞在 or お土産をたくさん買いたいならキャセイパシフィックがおすすめです♪

 

香港では美味しい中華料理を堪能した後にビクトリアピークで夜景、ついでにエステで全身フルコース♪なんていう贅沢な過ごし方ができるのはもちろんのこと、家族やグループでディズニーランドを楽しむのもいいですね。
移動の際はMTRの改札やスーパーマーケットでも使えるオクトパスカードが便利。

 


マレーシア(クアラルンプール)

行きやすさ ★★☆  価格 ★★☆ フライト時間 約4時間


 

セブから約4時間のフライトで行けるマレーシア(クアラルンプール)。

コスパのいい直行便は今のところエアアジアからしか出ておらず、セブパシだとマニラ経由の乗継便になってしまうので要注意です。

 

価格はエアアジアの直行便が最安値で片道2000ペソ台からあり、通常でも4000ペソ台と、シンガポールとほぼ同じ。

時間も7:00セブ発 ー 10:55マレーシア着なので、初日からたっぷり遊べるのが魅力的ですね♪

 

ちなみに、エアアジアはマレーシア経由の乗継便を多く出しており、セブからベトナムやバンコク等に行く際は必ずこのクアラルンプール空港を通る為、日数に余裕がある方は周遊旅行にするのもおすすめです!

 

マレーシアではハブ駅であるKLセントラルを中心に、電車やタクシーを使って移動します。
ペトロナスツインタワーやブルーモスク、チャイナタウン、バトゥケイブなど。日程に余裕があれば世界遺産である古都・マラッカまで足を運んでみてもいいかもしれません。

 


ベトナム(ホーチミン)

行きやすさ ★☆☆  価格 ★☆☆ フライト時間 約4時間 ※乗り継ぎ時間は除く


 

セブからの直行便はないものの、マニラ経由の乗継便だと約4時間(乗り継ぎ時間は除く)で行けるベトナム。

セブパシやフィリピン航空の利用が一般的ですが、これまでご紹介したものと同様に価格は圧倒的にセブパシの方が安く、最安値で片道5000ペソ台からあり、通常でも6000ペソ台です。

 

セブ発マニラ行きの便は数多く出ていますが、セブパシのマニラ発ベトナム行きの便は今のところ22:45発しかない為、19:00セブ発 ー 20:20マニラ着に乗った後、約2時間のトランジットを経てベトナムへ向かうのがおすすめ。

 

ホーチミンではサイゴン大教会(聖母マリア教会)やメコン川クルーズ、ベンタイン市場などを観光したり、フォーや生春巻きなどの安くて美味しいベトナム料理を堪能できます。
日程に余裕があれば世界遺産のハロン湾でまで行くのもありです♪

 


タイ(バンコク)

行きやすさ ★☆☆  価格 ★☆☆ フライト時間 約4時間 ※乗り継ぎ時間は除く


 

タイもベトナム同様、セブからの直行便はなく乗継便のみ。

価格が安いのはやはりセブパシのマニラ経由便で、最安値で片道5000ペソ台からあり、通常でも7000ペソ台です。

 

マニラ発ベトナム行きの便は朝(6:30発)と夜(21:25発)の2便あるので、予定に合わせてスケジュールを組みやすいのが嬉しいところ。

 

タイではワットポー、ワットアルンなどの建造物やカオサン通り、水上マーケットなどを楽しめます。ゾウに乗ることもできますよ♪
移動にはバスやタクシーの他に、運河を渡る乗合船なども便利。
日程に余裕があればアユタヤ遺跡に訪れ、歴史を感じてみるのもいいですね。

 


カンボジア(シェムリアップ)

行きやすさ ★☆☆  価格 ★☆☆ フライト時間 約4時間半 ※乗り継ぎ時間は除く


 

カンボジアも、セブからの直行便はなく乗継便のみ。

これまでと同様にセブパシのマニラ経由便がおすすめで、最安値で片道5000ペソ台からあり、通常でも6000ペソ台です。

 

マニラ発カンボジア行きの便は今のところ19:35発しかない為、16:05セブ発 ー 17:20マニラ着に乗った後、約2時間のトランジットを経てカンボジアへ向かうのがおすすめ。

また帰国便は22:30カンボジア発 ー 深夜2:25マニラ着のみで、セブに到着するのは翌朝になるので要注意です。

 

カンボジアでは世界遺産のアンコールワットはもちろん、プノン・バケン寺院やタプローム、トンレサップ湖など。朝日、夕日の時刻に合わせて遺跡群を周るのがおすすめです♪

ちなみに2017年2月以降、アンコールワットの入場料が大幅に値上げされ今後もまた上がる可能性がある為、「いつか行きたい!」と思っている方は早めの方がいいかもしれません。

 


【番外編】ここで紹介した国を周遊したい\(^o^)/


セブでの滞在を終えて日本に帰る前や、長期休暇がとれるならアジア周遊旅行へ!

今回ご紹介した中から5ヶ国(シンガポール、香港、マレーシア、ベトナム、タイ、カンボジア)を約2週間で周遊できるモデルプランを考えてみました♪

※( )内は通常シーズンの参考価格です。

 

 

▷ 1日目

セブのマクタン空港から、エアアジア16:55発の便でシンガポールへと向かいます。(約4000Php)

20:30にシンガポールのチャンギ空港に到着。そこからMRTなどに乗って中心地へ。

到着が夜なので、深夜まで賑わっているホーカーズという屋台村でローカルフードを楽しむのもいいかもしれません。

 

▷ 2~3日目

シンガポールで観光。

 

▷ 4日目

シンガポールのチャンギ空港から、エアアジア7:35発の便でマレーシアのクアラルンプールへと向かいます。(約2000Php)

僅か1時間ほどのフライトの後、8:45にクアラルンプール国際空港に到着。そこからKLIAエクスプレスなどに乗って中心地へ。

30分程度で中心地へ着くので、午前中から早速観光することもできちゃいます♪

また、中心地に向かうKLIAエクスプレスの途中にある”プトラジャヤ”では、Masjid Putraという真っピンクの可愛いモスクを見ることができる為、先にこちらへ寄ってみるのもアリ!

 

▷ 5~6日目

クアラルンプールで観光。

 

▷ 7日目

マレーシアのクアラルンプール国際空港から、エアアジア6:45発の便でタイのバンコクへと向かいます。(約2000Php)

1時間ほどのフライトの後、8:05にバンコクのドンムアン空港に到着。そこからエクスプレスバスなどに乗って中心地へ。

移動疲れがあるなら、本場のタイマッサージで癒されてから観光という手も。

 

▷ 8~9日目

バンコクで観光。

 

▷ 10日目

タイ・バンコクのドンムアン空港から、エアアジア10:00発の便でカンボジアのシェムリアップへと向かいます。(約3000Php)

1時間ほどのフライトの後、11:00にシェムリアップ国際空港に到着。

(バンコクーカンボジア便は他にも14:05発、19:50発がある為、バンコクでのんびりしたい場合は遅めのフライトを選ぶこともできます。)

空港から市内までは車で15分程度の距離なので、タクシーなどで中心地へ。

 

▷ 11~12日目

カンボジアで観光。

 

▷ 13日目

カンボジアのシェムリアップ国際空港から、ベトナムのホーチミンへと向かいます。

ここまでは全てエアアジアのフライトを使ってきましたが、エアアジアにはカンボジアーホーチミンの直行便がなく、バンコクとハノイの2都市を経由しないといけなくなってしまう為、ホーチミンへ行くにはカンボジア・アンコールエアーがおすすめです。(1日3便出ており1時間ほどで移動できます。約7000ペソ)

ただ、エアアジアのハノイ経由便もカンボジア・アンコールエアーの直行便も合計金額が7000ペソ程度と変わらないので、時間がある方はハノイでのんびりステイしてからホーチミンへ移動するのもいいかもしれませんね。

ホーチミンのタンソンニャット国際空港から市内まではバス移動がおすすめ。
2016年に運行開始したばかりの空港とサイゴンバスステーションを結ぶルートを使えば、約45分で市内まで行くことが出来ます。

 

▷ 14~15日目

ホーチミンで観光。

 

16日目

ホーチミンのタンソンニャット国際空港から、セブパシフィック1:05発の便でセブへと戻ります。(約6500ペソ)

マニラ経由便で11:20にセブ・マクタン国際空港に到着!

 

 

航空券にかかった費用
セブ ー シンガポール 約4000ペソ
シンガポール ー マレーシア 約2000ペソ
マレーシア ー タイ 約2000ペソ
タイ ー カンボジア 約3000ペソ
カンボジア ー ベトナム 約7000ペソ
ベトナム ー セブ 約6500ペソ
TOTAL 約24500ペソ

 

24500ペソ(約56350円)で、5ヶ国も周れるというのは東南アジアならでは♪
また、今回は通常時の価格で出していますがLCCではお得なプロモが多数出ているので、もっと安く旅することも可能です!

 

是非この記事を参考に、自分らしい素敵な旅を計画してみてくださいね(^^)

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top