セブへ来る前に必ず知っておきたい!セブの交通事情!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

これからセブへ観光へ来る方、留学へ来る方!
もちろんすでにセブにいる方も、必ず知っておきたいセブの交通事情をご説明します。

これを知っておけば、タクシーでの過剰請求も免れるかも?

 


タクシー


 

まずは、タクシー。
セブには電車はないので、観光客や留学生が1番利用する乗り物になります。

 

普通のタクシー 初乗り40ペソ

 

ワゴンタクシー 初乗り40ペソ

ワゴン型で荷物が多いときに便利。

 

イエロータクシー 初乗り70ペソ

黄色のタクシーは、別名「空港タクシー」で、町中で利用する場合も空港方面に行く際のみ利用可能となっています。

 


タクシーを利用する際に注意すること


 

①乗車後、行き先を伝えメーターのスイッチがON(P40.00)になっているか必ず確認!

メーターの設置場所はタクシーによって違い、運転席の上・真ん中・ギアの下(見づらい場所)などにあります。メーターのスイッチを確認せず出発し、到着後に過剰に請求される場合があります。
必ず出発前にチェックしましょう。

 

 

※メーターのスイッチがONになっていなかった場合は、「Please meter」と言いましょう。
それでもメーターを使用しない場合は、他のタクシーを利用をおすすめします。

 

 

細かいお金を用意!

フィリピンではドライバーがお釣りを用意していないことが多く、500ペソ・1000ペソは大抵利用できないです。
なので、必ず100ペソ・50ペソを用意しておきましょう。

 

 

 

③忘れ物に気をつけよう!

タクシーに忘れ物をした場合、99%戻ってくることはないと思ってください。
ですので、降りる際は忘れ物がないか必ず確認しましょう。

 

 

空港や、ショッピングモールからタクシーを利用する際、乗る前にこのように係員がチケットを配っています。
このチケットには車のナンバーが記載されており、忘れ物をした際に問い合わせが可能です。

 


ジプニー


 

ジプニーはフィリピンのバス、庶民の足です。
料金は7ペソ
日本のバスと違うのは、24時間運行!ルート内であればどこでも止まれる!

 

利用する際は、十分に身の回りに気をつけてください。
(ケータイ・お財布を盗られる、銃を突きつけられ所持品を奪われるなど・・・)

 


ジプニーの乗り方

 

①手を上げてジプニーを止めます。
満員のジプニー、夜間の乗車は危険なので、利用しないようにしてください。)

 

②お金を支払う際、運転手に手が届く場合は「プリティー」(訳:運賃)と言って渡します。
運転手に手が届かない場合は、「パリホグコ」(訳:お願いします。)と言い横の人に渡します。

 

支払うタイミングは、乗車直後、降りる前などいつでも大丈夫です。

※コイン、または20ペソ紙幣で支払いましょう。
50・100ペソ紙幣だとお釣りがない場合があります。

 

③降りる際は、コインで上にある手すりをカンカンと叩いて鳴らす。
または、「ルガーラン」(訳:止まってください。)と大きな声で言うと止まってくれます。

 


マイバス


 

2015年末にセブの新たな交通手段として誕生した「mybus」
日本のバスと同じように、ルート、時刻が決まっていて、清潔です。

乗り方も日本と同じく、電子カードにチャージをして「ピッ」とします。
料金は25ペソ(約55円)。
※タリサイ市までの場合は40ペソ

 

 

マイバスを利用する際は、まず電子カードの購入が必要です。
マイバス乗り場で販売されています。(P200)

 


マイバスのルート

 

 

 

空港からセブ市内にある、SMセブまで25ペソで行けます。
とってもお得!

 


マイバスの時刻表(空港からSMセブまで)

 

 

30分置きに出ているので、とても便利です。

バスは大きく広いので、荷物が多くても心配無用です。

 

空港からSMセブまで、タクシーで行く場合は150~200ペソかかるところが、マイバスだと25ペソ。
とってもお得ですね。
中期・長期滞在の方はぜひお試しください。


 

セブで乗り物を利用する際は、十分に身の回りに気をつけてください。

 

さらに詳しい情報は、基本情報(乗り物)をご覧下さい。

また併せて、基本情報(治安・よくあるトラブル)をご覧下さい。

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone