セブポの目 vol.3

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone


cebuponome_E.inddセブポの目 Vol3

セブポットの編集部が気になるあれを勝手に取材!


フレンチレストランがセブにオープン

IMG_1781

IMG_1591オークリッジ内、12月にオープンした、フレンチレストラン。オーナー兼シェフでもある、Geoffreyさん自らがデザインしたお店は、大きな窓からは光が入り、清楚なお店。オープンキッチンなので、お洒落ながらカジュアル感も楽しめます。

Geoffreyさんは、6年間ドバイの5スターホテルシャングリラで働いていたキャリアの持ち主。その彼が作り出すフレンチは、味はもちろんですが、ソースの彩りや盛り付けの美しさも楽しめます。これぞフレンチ!!セブに登場と言ってもいいかもしれません。ボリュームもあり。2ヶ月ごとにメニューも変わるので、飽きないのもうれしいですね。特におすすめは、フォアグラ、Scalop、ラム料理。ただいま、チーズプラターをご注文で、グラスワイン1杯付いてきます。さらに、午後3時-6時までの、デザートオーダーの方、コーヒーが20%offで楽しめます。
IMG_1807

L’ARTISAN

TEL : 032-264-9854
11:00-23:00 (無休)
A.S.Fortuna Mandaue Banilad


Here is Home of Harley’s Owner ; enjoy Brand, enjoy Dealer

IMG_3030フィリピンでは、2店舗目になるハーレーダビッドソンのディーラーShopがセブ市内に11月21日オープンしました。もともと、1903年にアーサー、ウォルターのダビッドソン兄弟とウィリアム・シルヴェスター・ハーレーによって設立され、ダビッドソンではなくハーレーの名が先に来るのは、心臓部であるエンジン設計をハーレーが由来したもの。ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブであるとされています。

「私たちは、単にバイクを売るお店では、ありません。ハーレーを通じてLife Styleも売るのです」。ハーレーの楽しみ方は、パーソナルカスタマイズをすることができ、通常のバイクショップでは、20数種のアクセサリーにとどまりますが、私どもでは、24,000ものアクセサリーを取り扱ってます。ハーレーは、一生もののパートナーとなれるバイクです。すでにセブでは100人以上のハーレー所有者がいます。2階にLife Style Club Loungeを設けており、ハーレーファンの方に開放する予定でただいま、準備しています。車体価格:P495,000〜P3.3M。
12299199_1714067998806228_651470157080445428_n

Harley Davidson of Cebu
9:00 – 18:00(月-土)/ 9:00 – 15:00(日)

A.S.Fortuna Mandaue City


種類豊富なオーガニック野菜。毎日の食卓に・・・

IMG_3099 IMG_3089 IMG_3084

Negros Island Organic Certification Services (NICERT)から認可された、農園で栽培されたオーガニックの野菜はもちろん、お肉、米、チーズやヤギミルクを販売するショップがセブ市バニラッドに11月27日、バナワに12月2日オープンしました。

バリリにある自家農園から届けられるフレッシュな野菜やフルーツ。通常のスーパーで見かけられるほとんどの野菜の、オーガニック野菜が購入できます。

チーズ類なども豊富に揃っているのも特徴。

その時々で入荷される品物は変わりますが、化学物質や毒素を含まない安心で安全、そして地球にやさしいものを、皆さんの食卓にもいかがでしょうか?

godgrace

Harley Davidson of Cebu

バニラッド店                           パナワ店
8:00 – 18:00(月-土)/ 8:00 – 12:00(日)              8:00 – 18:00
TEL : 032-513-8653 / 0917-369-1370 / 0925-505-4360
TPE Bldg Banilad Road, Cebu City


日本人が経営するバー2店をご紹介!!

国籍、業種を超えた交流の場としてのプールバーが1月オープン!

9ball_1「遊」、「癒」、「食」、「職」を通じて、セブのジャパニーズコミュニティセンターを設立する目的で、日本人の駐在員、観光客、学生が安心して過ごせる空間を作りたいと考えてます。このプロジェクトの先駆けとして、来年1月には「遊」であるビリヤードバーをオープンします。続いて、「癒」の本格日本流銭湯、「職」のレンタルオフィス、ノマド用カフェ、セミナースペースを兼ねたビジネスセンター、「食」の日本の居酒屋を2016年夏までにはオープン予定です。この4つのコンセプトを軸に、日本人とフィリピン人、異業種間、異国籍間での交流の場にもなって欲しいと願ってます。


blucat
blu Cat

#1 Sacris Road Mandaue City


日本人女性バーテンダーのいる大人向けBAR

coktail (1)coktail (2)

静かなBGMでゆっくり語り合う。本格的カクテルを楽しめる。
一人でカウンターに座っても自然と交流が生まれる・・・
そんな大人の日本人待望の隠れ家BARがひそやかにOPENしました。
場所はBaniladのTheSPAの隣り。スパを楽しんだ後に冷たい泡でもいかがでしょうか。
ビールP85〜、カクテルP120〜。※Charge P100
bar pipple_Logo_fin_1124
BAR RIPPLE

19:00 – 2:00 「日休」
Peseo Satumino, Ma.Luisa Road, Banilad Cebucity

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone