セブポの目 Vol1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

cebuponome_E.inddセブポの目 Vol1

セブポットの編集部が気になるあれを勝手に取材!


採れたてオーガニック野菜のデリバリーサービスが開始!

cebuponome_E.indd cebuponome_E.indd

セブでなかなか手に入れる事が難しい、新鮮なオーガニック野菜。それをネットの注文ひとつで、自宅に届けてくれるサービスがはじまりました!
オーダーは2人用、4人用の2種類のバスケットからサイズを選ぶだけ。1ヶ月契約で毎週月曜日、バスケットいっぱいの採れたて野菜が届きます。(届く野菜のリストは金曜日にメールで送られます。)
しかも野菜だけではなく、果物や無農薬で育った鶏からとれる卵、出来立てのチーズ、お米やハチミツなど、その時に収穫したものをバスケットに詰め込んでくれるのも嬉しさのひとつ。
1週間あたり 6 ~ 8 品目届くので、何が入ってるか毎回楽しみですね!
★1ヶ月分 / 2人用 P 3500 4人用 P5500 ( セブシティのみ配達可能 )

毎週、オーナーのDoogieさんが直接配達してくれ、届いた野菜の保存方法や美味しい食べ方まで教えてくれます。
「無農薬の野菜を届けることで、人々のバランスの良い体作りをサポートしていきたい」とのこと。

cebuponome_E.inddHARVEST

TEL : 0916-648-9527
Email : doogie@harvest (日本語)
6th Floor Synacy Office, Crown7  Bloe, Mabolo Cebucity
WEB SITE :www.harvest.ph


関西弁のママが接客している KIYOMIZU-清水-Japanese Restaurant

cebuponome_E.indd

「円安から日本人を守りたい!」安くて家庭的な日本食レストラン清水(きよみず)がハイウェイ沿い、サンミゲル本社の近くにオープンしました。
「他の日本食屋さんと比べて清水の方が高い料理があったら教えてや(笑)」と笑顔で接客してくれるのは関西弁で明るい日本人マネージャーのれいかママ。
ランチから深夜0時までオープンしているので、気軽に御利用ください。

写真左から:清水ツナ巻 P270、チキン南蛮 P180、清水サラダ P160

清水 kiyomizucebuponome_E.indd

TEL: 032-520-9110 / 0933-275-7771(日本語)
11:00 – 14:00 / 18:00 – 深夜0:00 (無休)
※予約有りで深夜3時までも可
Arcada 5 Unit 201 Hi Way Tipolo Mandaue City, Cebu
http://www.cebupot.com/restaurant/kiyomizu


マボロエリアにコンビニスタイルの日本食料品店がオープン。

cebuponome_E.indd cebuponome_E.indd

「日本の食料品や製品をもっと身近に感じてもらいたい!まずは試してもらいたいので、安く気軽にと思い付いたのがコンビニスタイルです。
日本のお菓子はもちろんのこと、梅酒や焼酎、日本の風邪薬などもあります。意外と人気なのが、ゴキブリなどの虫駆除の製品。”日本で買ってくればよかった”って思う商品を取り揃えています」とのこと。
商品のリクエストにも応えてくれるのでどんどん利用したいですね。
店内でシェイクやコーヒーのオーダーもできます。

cebuponome_E.inddWASHOKU STORE

TEL: 032-260-1419
7:00 – 24:00 (無休)
1-D PACIFIC SQUARE F CABAHUG ST,MABOLO CEBUCITY
http://www.cebupot.com/shop/washokustore

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Related post

Loading search box ...

セブ島へのツアー・格安航空券

Books

  • 日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

  • セカ就! 世界で就職するという選択肢

  • セブポットコーディネート、HanakoTRAVEL セブ・マニラ

  • アジア海外就職

Return Top