インタビュー Julie Najarさん

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

Cebupot FAインタビュー Julie Najarさん
General Manager
 
マルコポーロプラザ セブの 新しい総支配人に聞く

2005年マルコポーロプラザ セブ開業以来就業。
フロントオフィス マネージャーとしてスタートし、その2年後人事課長へ。
2009年、レジデント マネージャーになり、現在に至る。
ケソン市にある St. Paul Collegeにて、ホテル&レストラン マネジメントを修学し、その後ニューヨークのCornell大学とシンガポールのNanyang大学でホスピタリティーマネージメントを学ぶ。
ホスピタリティーに関かわる仕事に就いて30年というキャリアを持つ。
現在、セブのホテル&レストラン協会の会長およびツーリズムカウンシルのアシスタントセクレタリーとしても活躍中。


 

ワクワクすることがいっぱいのマルコポーロプラザセブ。IMG_0928
セブのパイオニア的ホテルとして、日々新しいものを皆様にお届けします。

マルコポーロプラザ セブ(以下マルコポーロと略)は、セブ市を見渡せる丘の上に建つ、セブを代表するセブ市内唯一の5つ星ホテル。
初代総支配人 Hans Hauriさんの後任として、2015年1月にJulie Najarさんがその責を継がれました。
総支配人に着任早々、新しいプロジェクト満載で大忙しのJulieさん。ますます楽しみなマルコポーロの最新情報についてお聞きしました。
マルコポーロは、香港に本店を構え、世界中に14のホテルをもち、そのうちマニラ、セブ、ダバオの3つのホテルがフィリピンにあります。
フィリピン人のホスピタリティーはとても高く、その理由もあってホテルの稼働率もお客様満足度も他の地域と比べても、フィリピンが一番高いんですよ。

今最も私たちがエキサイトしているものは、この7月からお客様に提供する、「Tout Chocolat(英語名:All Chocolate)」。
名前の通りチョコレート尽くしのディナープランです。
地元セブで収穫されたカカオのみを使用して、シェフが作り出す前菜からスープ、ドリンク、メインコース、デザートまでチョコレート(カカオ)づくしのお食事が楽しめます。24階のBluBarで毎週金曜日のディナー限定で始めます。
前菜やメインは、数種類から選べるように工夫しています。Marco Polo's New GM-9
デザートは、週代わりで変わるので、毎週来ても飽きないように考えていますよ。

「チョコレートが嫌いな人、この世界にいるかしら?」「きっといないわよね?!」。何度も試食を重ね作り上げた自信作です。
世界中の皆さんがきっと喜ぶメニューをお出しするので、マルコポーロでぜひセブ市内を見渡しながら素敵なディナーをお楽しみ下さい。
輸入ではなく、地元セブのカカオのみを使用するということで、カカオ農家へも貢献する一環も含まれています。地元に還元することも、マルコポーロの役割だと考えています。
また、これにあわせてチョコレートディナーパッケージ宿泊プランも検討中です。
チョコレートディナーと宿泊(2泊)、スパでは、チョコレートを使ったボディースクラブできれいにリフレッシュ。
セブ市内観光に、チョコレート工場の見学+チョコレートショップでのお買い物など、パッケージに組み込む予定です。

今年は8月24日からAPECがセブで開催され、公式ホテルとしてセブでの会議と宿泊を受け持つホテルは3つのみ。
マルコポーロはセブ代表の一つとして、アセアン各国の来賓をお迎えします。それに伴って、現在ボールルームの大改修工事を行っています。
現在、450人収容の会場が800人まで収容できるようになります。7月下旬に工事が終わる予定です。
そしてボールルームの次は、セブ市内を360度眺められる展望レストラン、Blu Barの改装。60席から2倍以上の150席収容と大きく変わるので、ご期待下さいね。
その後も、昨年改装工事を終えたデラックスルームに続き、今年はスイートルームとプレミアムルームの内装工事へと続きます。いつきても、何かが違うマルコポーロをと考えています。

セブの政府、航空会社、ホテル&レストラン協会と一緒に行うプロジェクト「Lakbay Lingaw(英語でFun trip)が9月から始まります。
新しいセブの観光プロジェクトで、毎年9月恒例の行事にしたいと、今関係者会議で話あっています。

話し尽くせないほど、様々なプロジェクトを計画中です。私自身もとってもワクワクしています。皆様に、いつも新鮮なおもてなしを。
お客様にホテルステイだけにとどまらない、マルコポーロを存分に楽しんでもらいたいと、スタッフ一同願っております。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone