【セブ島留学】施設が自慢!充実した施設で留学生活を送れる語学学校まとめ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

語学学校を選ぶ際、もちろん講師の質やカリキュラムは重要ですよね。

しかし、それに加えて重要なのが施設の質!!
何故ならまだまだ発展途上国であるフィリピン・セブ島では日本では当たり前のことが当たり前ではないのが現状。
つまり、快適な施設で過ごせるかどうかは英語学習においてのモチベーションにも大きく影響するのです。

「そんなにセブ島の学校って施設環境が悪いの・・・?」

と心配にさせてしまったかもしれません。

 

大丈夫です!

セブ島にある語学学校には、施設が自慢の語学学校もたくさんあります♪
無料ジムやプール、更にはヴィラまで!?
せっかくのセブ島留学、整った設備で快適に過ごしたいものですよね。

ということで今回はセブポット編集部オススメ、施設が自慢の語学学校を紹介します♪
是非学校選びに迷った際の参考にしてくださいね。

 

 INDEX 

・語学学校の基本情報

・QQ English(ITパーク校)
・QQ English(シーフロント校)
・カエア
・Howdy English Academy

・まだまだある!施設が自慢の語学学校

・まとめ

 

 


【セブ島留学】施設が自慢!充実した施設で留学生活を送れる語学学校まとめ。

語学学校の基本設備


 

セブ島留学が初めてという方は、語学学校の平均的な設備も想像できない方が多いかと思います。

まずは、一般的な通常の語学学校の施設の具体例を上げていきましょう♪

 

1.学習環境

 

 

セブ島留学、最大の特徴は何と言っても「マンツーマンレッスン」が受けられること♪

マンツーマンレッスンは基本的に個室で先生と二人きりで行われます。

なので、セブ島の語学学校の校舎は各先生の部屋でびっしり埋まっていて、そこに生徒が授業ごとに移動してやってくるスタイルが多いです。

また、「グループレッスン」という少人数制の授業では、他の生徒と一緒に広めの教室で授業を受けます。

教室の広さは学校によって様々。

クーラーなどは基本的に完備されています♪

 

2.食堂

 

 

食堂は、他の生徒たちと食事を楽しみながら交流もできる憩いの場。

学校によってビュッフェ形式・定食形式など食事スタイルが分かれています。

また、メニューの種類もフィリピン料理だけではなく、最近では日本食はもちろん、韓国料理、中華、ベトナム料理などバラエティ豊富になってきている語学学校が多いんです!

セブ島留学がグローバル化してきている証ですね。

日本人、韓国人が留学生の大半を占めていた昔とは変わり、最近では中国、台湾、ベトナム、インド、タイなど…様々な国からセブ島留学にやってくる人が増えてきています!

 

3.共有スペース

 

 

校内には共同で使う生徒や先生同士が談話する休憩スペース、自習室、トイレなどがあります。

共有スペースのクオリティは学校によって様々です。

屋外にローカルと同じような手動で流すトイレがある学校から、室内に水洗式が完備されたトイレがある学校まで。

共同スペースは留学期間中に少なからず使う機会があるはすなので、気になる方はしっかりと事前リサーチしておきましょう!

 

4.生活環境

 

 

・衛生面

日本は数多くある海外の中でもかなり綺麗な国。
日本の清潔な環境に慣れている日本人にとっては、セブ島の環境に最初はビックリしてしまうこともあるかもしれません。
また、どこからやってくるのかアリがたまーに発生します。

週に数回、スタッフによる清掃が入る学校が多いです。

 

・プライバシー

こちらは自身で選択することができますが、留学中は一人部屋〜最大六人部屋までの部屋があり、もちろん人数が多ければ多いほど割安になります。

ルームメイトとの出会いは留学中の素晴らしい財産ですよね♪
ただし、ルームメイトはランダムなので時にはストレスに感じることも。

プライベートな時間を確保したいという方は、一人部屋か少人数を選択された方が無難かもしれません。

 

・インターネット速度

校舎内はWi-Fiが飛んでいる語学学校がほとんどです!
ただし、日本に比べると、少し遅いと感じてしまうこともあるかもしれません。

訳なく突然猛烈に遅くなってみたり、天候などでも速度が変化したりします。
調子が良ければ動画などもそこまでストレスなく見ることができますよ♪

 

・トイレ、シャワー環境

水周りの環境は気になるポイントの一つですよね。

学校校舎に併設されている寮などの場合、残念ながら水圧は日本に比べると低いです。
逆にホテル内に併設されている寮などの場合、ストレスを感じず使えることが多いですよ♪

また、トイレはティッシュペーパーは基本的に流せないので、ゴミ箱に捨てましょう。

 

いかがでしょうか?

日本と比べると設備面ではまだまだ追いつかない部分はありますが、セブ島留学ではそれを超える素晴らしい経験も体験できます!
そして少しでも「セブ島留学を快適に過ごしてほしい!」という語学学校もたくさんあるんです。
中には南国・セブだからこそ実現する設備も!

 

それではセブポット編集部厳選&オススメの設備が自慢の語学学校を早速ご覧ください♪

 


【セブ島留学】施設が自慢!充実した施設で留学生活を送れる語学学校まとめ。

充実した施設で留学生活を送れる語学学校


 

 QQ English(QQイングリッシュ)ITパーク校 

 

 

便利なシティエリアにあるITパーク校と、海の目の前にあるシーフロント校の2校を持つセブ島留学・日本人資本の語学学校のパイオニアQQ English(QQイングリッシュ)
様々な国から生徒が集うこの学校では、日本から著名人が留学に来ることもしばしば。

ということで、まずはITパーク内にある ITパーク校からご紹介します!

ちなみITパークとは、セブ島の中心地・セブシティにあり、高層ビルが立ち並ぶ先進的な雰囲気の場所で、レストランも数多く並ぶ活気あるスポットです。

 

 

こちらがITパーク!
日中も夜も常に人が多く、週末は観光客が多く集まるセブ最大級のナイトマーケットも開催されています。

こんな場所にある語学学校なら、安心してセブ島留学生活を送ることができますね♪

 

◆ITパーク内のレストラン情報はこちら!◆
ITパークのおすすめレストラン・カフェ・バーをまるごと紹介!【マップ付き】

 

①こだわりの学習スペース

 

 

QQEnglish ITパーク校の10階フロアは、イングリッシュガーデンをイメージしたフロア。

スピーキングの勉強の際に、外の雰囲気を作り出すことでより実践的な英語を習得できます!
よりリアルに感じてもらえるように、鳥を飼ったり、壁の仕切りを少なくして様々なひとの声が聞こえる街中のような雰囲気にしたりするなど、様々な工夫がされています。

授業時間以外にも、18時~21時まで開放しており発音練習など声を出して勉強が出来るようになっています♪

 

②大浴場

 

 

シャワーが当たり前のセブにいると、ふと日本のお風呂が恋しくなったりしますよね。
QQEnglish ITパーク校のドミトリーには、大浴場が備わっています!
男女交互に、2日に1回は全ドミトリー共有の大浴場を使用することが出来ます。

多くの語学学校はシャワーのみが当たり前で、ホテルに泊まったとしても入浴できるバスタブはなかなかありません。
しかし、QQEnglish ITパーク校ならゆっくりお湯に浸かって疲れを癒せます♪

これはすごい!

 

③無料のフィットネスジム&プール

 

 

運動不足が心配な方も安心!

ITパーク校の生徒はWaterfront Cebu City Hotel & Casino(ウォーターフロント セブシティ ホテル&カジノ)のフィットネスジム&プールを無料で使用することができます。

 

 

リゾートホテルとして有名なウォーターフロントのジム&プールが無料で使えるのはかなり嬉しいですね!
(ウォーターフロントホテルは同じITパーク内にあり、徒歩でも行くことができます♪)

 

QQ English・ITパーク校
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック


この記事を読めばQQ English・ITパーク校を完全網羅!
【QQEnglish ITパーク校】セブ島留学の最大手が見せるこだわり。人気の秘密を徹底調査!

 

 


 

 QQ English(QQイングリッシュ)シーフロント校 

 

 

お次はQQ Englishシーフロント校!!

ITパーク校とはまた一味違い、こちらはリゾート地の中心に作られた語学学校。
リゾート地ということで治安も良く、また校舎の目の前は一面に広がる海!!

留学しながら本格的にリゾートを楽しむことが可能です♪

 

①校内に併設のプール

 

 

なんとシーフロント校には、校内にプールがあります!!

開放的な中庭にあるプールは、水もきれいで子どもが楽しめる浅い場所から大人も楽しめる深い場所まで用意されています。
宿舎の真下なので、移動も簡単♪

わざわざ外に出かけなくても、学校敷地内で気軽にリゾート気分を楽しむことができますね♪

 

②本格的なジムも校内に完備

 

 

ジムも完備!

更に、このジムの設備は全て日本のプロのジムで使用されているもので揃えられています。
専属のインストラクターも来てくれるので、誰でも安全に使用できます!

 

③シェイクやアルコールも飲めるVilla&心地よい中庭

 

 

QQEnglishシーフロント校には、海を存分に満喫するためのVillaがあります。

Villaのスタッフさんがその場で、南国のフルーツをふんだんに使用して作るシェイクは絶品♪
そよかぜに当たりながら飲めば、とても良いリフレッシュになります。

学校敷地内にいながら、バケーション気分も存分に味わうことができますね。

学生は特別割引あり!

 

 

2階の中庭は、人工芝が植えてあり心地よい風が吹く落ち着いた雰囲気の場所。
ハンギングチェアーも2つあり、友人と語ったり心地よい風の中で勉強したりできます。

 

QQ English・シーフロント校
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック


この記事を読めばQQ English・シーフロント校を完全網羅!
【QQEnglishシーフロント校】留学もリゾートも楽しめる、贅沢セブ島留学をするならココ!

 

 


 

 CAEA カエア(Cebu American English Academy) 

 

 

生徒の95%が社会人のカエア(Cebu American English Academy)。
日本人経営のホテルHotel ASIAに併設しており、社会人でも満足した環境で勉強に集中できるようになっています。

セブで数少ない、日本とほぼ変わらない生活環境の中で勉強できる学校です。

 

 

①日本と変わらない生活が送れる部屋 


 

カエアはホテル寮となるため、何と冷蔵庫、テレビ、ドライヤーは各部屋に完備!!

Hotel ASIAでは、ほとんどの電化製品を日本のトップメーカー製で揃えています。
そのため、セブにいながら日本と変わらない生活を送ることが可能。

もちろん、毎日ベッドメーキングが入りますのでお部屋は常に清潔で綺麗、また週3回の無料クリーニングまで付いてくるので洗濯に悩むこともありません

 

 

テレビは70ch以上を視聴することが可能!
さらに、日本の番組だとNHKを視聴できます。
セブにいながら、しっかり日本の情報をキャッチ出来るのはありがたいですね♪

 

 

冷蔵庫にはジュースやビール、水にお菓子が入っており買いに行かなくても済みます。(別料金)
アルコール持込厳禁の学校が多い中で、ビールが飲めるのは社会人にとってありがたいですね♪
ホテルの部屋のグレードによっては、キッチンやレンジもついているので簡単な自炊や食べ物の保存も可能。

 

更にトイレは、日本のTOTOを採用しておりセブでは珍しいウオシュレット機能付!
トイレットペーパーも一緒に流せるので日本と変わらない生活が可能。
シャワーの水圧もほぼ日本と変わりません。


更に!デラックスルーム以上の部屋には石風呂(バスタブ)も付いています!

 

 

海外生活が長くなってくると、ゆっくりと湯船に浸かりたくなってきます…。

セブ島では、綺麗で施設が整っている場所でも、浴室に関してはシャワーのみの場合が多いんです。
浴槽でゆっくりと体の疲れが取れるのは、日本人にとって嬉しい限り♪
長期滞在の場合もストレスを感じずに生活できる重要なポイントですよね。

 

こちらはHotel ASIAのフロント。

カエアはHotel ASIAの5・6階にあり、ホテルの受付にはスタッフが常駐しているので、何かあればいつでも対応してくれます。

ホテルが併設されているカエアでは、ホテルの受付で両替もできるんです!
わざわざ両替所に行かなくても良いのでとても便利ですね♪

 

◆外で両替する時はこちらもチェック!◆
【2019年最新版】セブシティの両替所!みんなが知りたいレート比較も♪留学生・観光客は知らなきゃ損!
【2019年最新版】マクタン島の両替所!みんなが知りたいレート比較も♪留学生・観光客は知らなきゃ損!

 

②24時間営業の日本食レストラン「般若」が利用できる

 

 

Hotel ASIAの中に併設されている、24時間オープンの日本食レストラン「般若(はんにゃ)」。
実は、24時間営業している日本食レストランはセブで唯一「般若(はんにゃ)」だけなんです。

更に学生は朝食は無料で食べることができ、メニューも種類豊富!
大人気の唐揚げ定食やポークステーキ定食など・・・栄養豊富でバラエティーに富んだ料理ばかりです。

 

カエア(Cebu American English Academy)
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック!


この記事を読めばCAEAを完全網羅!
【カエア(CAEA)】 スピーキング特化留学!10回以上のシニアリピーターも!フィリピン唯一、ホテルと日本食レストランも経営している語学学校!

 

 


 

 Howdy English Academy(ハウディーイングリッシュアカデミー) 

 

 

アクティブなシニアの方向け”シニア留学”から、子どもと一緒に英語を学びたいママさん向け”親子留学まで行なっている、Howdy English Academy(ハウディーイングリッシュアカデミー)は、初めてのフィリピン・セブ島でも安心・安全・大満足でリピーターが後を絶たない語学学校。

食事面・施設面・スタッフ管理の徹底で快適なセブ島留学生活を送ることができます。

 

①設備の整った部屋

 

 

Howdyの宿泊部屋は日本人にとってありがたい設備が盛りだくさん。

冷蔵庫などの設備はもちろん、エアコンはPanasonicのもので、温度調節が可能でタイマー付き!
(フィリピンでは、温度調節、タイマーがついていないものが一般的です。)
Howdyでは、エアコン、冷蔵庫などの水道電気代が全て料金プランに含まれているので、節約のため暑くてエアコンを我慢したり、エアコンを使いすぎて高額になってしまったりしないのがいいですね。

フィリピンで一番気になるトイレは、なんと簡易ウォシュレット付き!
もちろんホットシャワーもあり、水圧も十分です。
Howdyでは、新しい生徒さんが入ってくるごとにシャワーやトイレ、キャビネットの鍵など、細かいところまで必ず日本人スタッフがルームチェックを行なっているのもポイント!

 

②日本人が快適に過ごせる空間

 

 

Howdyでは、日本人が過ごしやすいように校内の至る所に工夫がされています。

 

 

カフェテリア奥にある共用のトイレは、フィリピンではなかなかない手洗い石鹸が完備され、お湯も出る、更に手を拭くペーパーも用意されています。

もちろん個室にはトイレットペーパーも完備されています。

フィリピンのモールなどでは、トイレットペーパーが付いていなく自分で持参するのが普通。
多くの語学学校でも共用スペースのトイレにはトイレットペーパーが用意されていないところが多いのですが、Howdyでは”フィリピンの常識”よりも”生徒さんがより過ごしやすい環境”を重視しているので、至る所にこういった配慮がなされています。

 

③クリニックが併設

 

 

各語学学校でもクリニックや、医師が常駐、あるいは定期的に学校に訪れてくれます。

しかし!
Howdyでは更にクリニック専用の部屋を用意しており、オフィス営業時間外の深夜や早朝などの緊急時でも対応できるよう、この部屋には常に必ず日本人がいます
なにかあったときでも対応してくれる日本人がいると思うと、とても安心ですね!

また、風邪を引いてしまった際に同室の人に移さないよう、こちらのクリニックルームで寝ることができます。
共同部屋で風邪を引いてしまうと、本人も周りもお互いに気を使ってしまいますよね。
Howdyではそういった事態にもバッチリ対応してくれるので、ルームメイトにも気兼ねなくゆっくりと療養することができます♪

他にも、バンドエイドや氷のうなど、怪我をした際に簡単な応急処置も可能!

 

Howdy English Academy
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック!


この記事を読めばHowdyを完全網羅!
【Howdy English Academy】シニアや親子の初セブ島留学におすすめ!リピーターも続々!

シニア留学についての対談はこちら
【セブ島シニア留学最前線!】スペシャル対談から読み解く、シニア留学の今

 

 


【セブ島留学】施設が自慢!充実した施設で留学生活を送れる語学学校まとめ。

まだまだある!充実した施設で留学生活を送れる語学学校