【Howdy English Academy】シニアや親子の初セブ島留学におすすめ!リピーターも続々!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 


行く人は絶対読みたい!!

【2018年最新版】これを読めばHowdy English Academy完全攻略!


 

アクティブなシニアの方向け”シニア留学”から、子どもと一緒に英語を学びたいママさん向け”親子留学まで行なっている、Howdy English Academy(ハウディーイングリッシュアカデミー)は、初めてのフィリピン・セブ島でも安心・安全・大満足でリピーターが後を絶たない語学学校です。

 

Howdy English Academyは、ダウンタウンから離れた場所にあり治安も良く、学校敷地内にはショッピングモールがあり、買い物、カフェ、レストラン、両替など大体のことが敷地内で済み、遠くまで出かける必要がなく安全な毎日を過ごせます。

 

また、Howdy English Academyでは日本人スタッフが24時間校内にいるので、緊急時も安心
シニア留学の方向けの、シニアスタッフも常駐しています。

 

これらのことにプラスして、フィリピンで重要な食事問題も不安ゼロ。
Howdy English Academy自慢の
日本人シェフが作る”食事”は誰もが満足する美味しさです。

 


Howdy English Academyを勧める3つの理由!


 

①【 料理がハイクオリティ!】

Howdy English Academyの食事は、世界で活躍したプロ日本人シェフが監修!常駐!
毎日違う食事が提供され、少なくとも4週間は毎食違った絶品メニューを楽しめます。

 

②【超レア!シニアスタッフ常勤!】

アクティブなシニアの方に人気なHowdy English Academyには、来られる生徒さんの年齢層に合わせたスタッフ!
自分よりも若いスタッフさんには言いにくいことでも、同世代のシニアスタッフに気軽に相談できますね。

 

③【ショッピングモールが隣接!】

Howdy English Academyの敷地内にはショッピングモールがあり、両替から買い物、ATM、カフェなどあらゆるものが揃っています。
遠出する必要がないので、便利かつ安全に過ごすことができます。

 

 

Howdy English Academyをもっと詳しく知りたい方はこちら↓

 

 INDEX 

◆学校の場所・立地
◆初日スケジュール
◆部屋・生活環境
◆施設・手厚いサポート
◆超好評の食事
◆担任制度・教師の質
◆日本人スタッフ
◆留学コース・費用
◆まとめ
◆学校基本情報

 

 


Howdy English Academyはショッピングモールが隣接!安全!

ー 学校の場所・立地 ー


 

 

フィリピン・セブ島にあるHowdy English Academyは、2014年に設立された日本人経営の語学学校です。

場所はセブ・マクタン空港から近く、車で約15~20分ほどマンダウエ市内にあります。

 

 

ダウンタウンから離れている場所なので治安も良く、セブ市内中心へも車で約20~30分ほどで行けるちょうどいい立地です。

 

 

さらに、学校の敷地内にはInsular Square Mall(インシュラースクエアモール)というショッピングモールが隣接

 

 

モール内には、Save moreというスーパーマーケットがあり食品から日用品までが揃い、トイレットペーパーやスナックなど、日常的に必要なものをすぐに買うことができます。

 

 

また、スーパーマーケットの中には両替所があるので、両替もすぐにできてとっても便利です。

 

その他、セブ市内の両替所についてはこちらの記事をチェック。

【セブ両替所 前編】セブシティの両替所はココ!みんなが知りたいレート比較もあり!

 

 

モール内にはATMや薬局が入っていて、オムツやミルクなどお子様向けの用品も購入可能なので、子ども連れの親子留学でも安心!

 

他にもフィリピン料理や韓国料理のレストラン、ドーナツ、シェイク、餃子など小腹が空いたときに気軽に食べれるお店も入っています。

平日の授業後、遠出をする時間はないときに隣接モールで済むのがいいですね。

 

 


安心サポートのHowdy English Academy

ー 初日スケジュール ー


 

 

入寮日(日曜日)にセブに到着される場合は、Howdy English Academyのスタッフさんが空港でお出迎えしてくれます。

Howdy English Academyのボードを持って、Howdy English Academyのポロシャツを着ているスタッフが到着口で待っています。

 

 

スタッフさんを見つけたら荷物をバンに入れ、学校へ向かいます。

 

 

学校からはトイレットペーパー1つ、お水1本が提供されます。

夕方から深夜にかけて入国する場合、学校に着く頃には隣接モールや飲食店、校内の食堂が閉まっている可能性がありますので、日本から軽食や飲料水等を持参するといいですよ。

 

入学日(月曜日)スケジュール


8:30 ロビー集合

9:00 オリエンテーション

10:00 実力テスト

11:30 担任と面談

12:30 昼食

その後、自由時間

 

 


日本人のために設計されたHowdy English Academy

ー 部屋・生活環境 ー


 

お部屋のタイプは全部で3種類

 

1人部屋

 

2人部屋

2人部屋をお申し込みの場合は、親子・夫婦・兄弟・姉妹・同性のご友人のみ可能。
お子様が2人で3人の場合は、エキストラベッドを入れることができます。

 

4人部屋

 

白を基調とした部屋は清潔感があり広々と感じます。

(部屋の広さは何人部屋でも同じ広さです。)

 

 

ベッドは全てオーダーメイドで、下にスーツケースを収納できるようになっているので、邪魔な大きなスーツケースもすっきりとしまえます♪

 

 

また、各部屋には4つの施錠できるキャビネットがあるので、貴重品をしっかりと保管することができます。

 

 

そして、留学には欠かせない勉強机

意外と他の学校にはないこともある、デスクライトも各自用意されているので手元を明るく照らして勉強もはかどります!

 

 

コンセントは、各部屋とも勉強机の周りに9個。

4人部屋でも1人2つ使えます。

 

 

冷蔵庫もあるのでジュースやフルーツなどを買って冷やしておけますね♪

 

 

エアコンはPanasonicのもので、温度調節が可能でタイマー付き!
(フィリピンでは、温度調節、タイマーがついていないものが一般的です。)

 

Howdy English Academyでは、エアコン、冷蔵庫などの水道電気代が全て料金プランに含まれているので、節約のため暑くてエアコンを我慢したり、エアコンを使いすぎて高額になってしまったりしないのがいいですね。

 

 

フィリピンで一番気になるトイレは、なんと簡易ウォシュレット付き!

 

 

もちろんホットシャワーもあり、水圧も十分です。

 

Howdy English Academyでは、新しい生徒さんが入ってくるごとにシャワーやトイレ、キャビネットの鍵など、細かいところまで必ず日本人スタッフがルームチェックを行なっているのもポイント!

 

 

部屋の掃除は週に1回で、こちらの表に予約をするスタイルになっています。

掃除が入る際は所持品の紛失や盗難のトラブルを防ぐため、必ず生徒さんの立会いのもと掃除をします。

もし、どうしても立会えない場合は日本人スタッフが立ち会い、セキュリティと掃除のクオリティが徹底されていました。

 

 

洗濯は週に2回で、隣接モール内のランドリーに自分で持って行きます。

セブに滞在していると意外とかかる掃除・洗濯の費用ですが、Howdy English Academyでは全て料金プランの中に含まれているのでご安心を♪

 


子どももシニアも過ごしやすいHowdy English Academy

ー 施設・手厚いサポート ー


 

 

Howdy English Academyでは、共用スペースも日本人が過ごしやすいように工夫されています。

 

【恒例!気になるインターネットスピードチェック!】

 

 

 

Wifiの速さは、ロビーで測定したところ、ダウンロード4.84mbps、アップロード10.86mbpsでした。
※ロビーにて、2018年6月14日14:05測定
(場所や、同時にWifiを使用する人数によって変動あり。)

 

日本のWifiの速さと比べると遅いですが、島国のフィリピンでは良い方で、Youtubeで動画を見れるくらいの速さです。

またHowdy English Academyでは、”1人の人がネット回線を使いすぎて他の人のネットが遅くなってしまう”というようなことが起こらないように、1人あたり最大で5mbpsまでという工夫をされているので、安定してインターネットを利用することができます。

 

 

カフェテリア奥にある共用のトイレは、日本人にとって当たり前ですが、フィリピンではなかなかない手洗い石鹸が完備され、お湯も出るようになっています。

 

 

さらに、手を拭くペーパーも用意されています。

 

 

もちろん個室にトイレットペーパーも完備されています。

フィリピンのモールなどでは、トイレットペーパーが付いていなく自分で持参するのが普通で、多くの語学学校でも共用スペースのトイレにはトイレットペーパーが用意されていないところが多いのですが、Howdy English Academyでは”フィリピンの常識”よりも”生徒さんがより過ごしやすい環境”を重視しているので、至る所にこういった配慮がなされています。

 

 

トイレ手前には週末アクティビティ等のお知らせが貼り出されています。

 

 

 

セブ島の主要ショッピングモールの案内。

タクシーで何分くらいかかり、料金はいくらくらいになるのか、Wifiの有無等が詳しく書いてありました。

セブ島が初めての人でもタクシーの料金目安が分かっていれば、ぼったくられることがないので安心ですね。

 

ショッピングモールについてはこちらの記事をチェック!

セブ島のショッピングモールまとめ完全版!15か所から自分のお気に入りを見つけよう♪

 

 

カフェテリアのすぐ横にはオフィス(月~金 8:30~19:00)

日本人のスタッフさんが必ずいます。

 

 

オフィスの中には多くのアクティビティの紹介があり、予約もこちらで行ないます。

セブ島留学に来た際は、週末いろいろなところに行ってほしいですね♪

 

アクティビティ一覧


●ZUMBA
 月水金 18:00~19:00
 無料、隣接モールにて開催

●ジンベイザメツアー
 土(月に1.2回) 4:30出発
 6,900~6,100ペソ

●アイランドホッピング
 土(月に1.2回) 8:30出発
 5,450~2,200ペソ

●ボランティア 500ペソ

●離島宿泊体験 5,400ペソ~

●デイユースツアー 1,500ペソ~

●体験ダイビング 4,000ペソ

●ファンダイビング 4,200ペソ~

 

 

 

お子様連れや、シニアの方も安心のJapanese Help Deskの案内。

これは知っておきたい情報ですね!

 

 

具合が悪いときは毎週1回Japanese Help Deskからドクターが来るので、こちらのリストに予約をします。

ドクターはフィリピン人ですが、日本人の医療通訳スタッフの方が一緒に来られるので、難しい英語が分からなくてもOK!そして、海外旅行保険に入っている方はキャッシュレス!

 

 

 

また、Howdy English Academyではクリニックを用意しており、風邪を引いてしまった際に同室の人に移さないようクリニックで寝ることができます。

 

 

他にも、バンドエイドや氷のうなど、怪我をした際に簡単な応急処置ができます。

 

 

さらに、Howdy English Academyではオフィスの営業時間外の深夜や早朝などの緊急時でも日本人スタッフが対応できるよう、この部屋には必ず日本人がいます。

なにかあったときでも対応してくれる日本人がいると思うと、とても安心!

 

このようにHowdy English Academyでは設備が非常に充実している為、親子やシニアの方など、幅広い年齢層の方に支持されています。

 

 


日本人シェフが作るHowdy English Academyの絶品料理

ー 超好評の食事 ー


 

Howdy English Academyが幅広い世代から支持されるもうひとつの理由が「食事」

 

 

フィリピン留学でよくある食事問題に関して、Howdy English Academyでは全く心配ありません!

なぜならHowdy English Academyのシェフは、日本のフレンチレストランで修行をし、その後シンガポール、香港、台湾など海外で経験を積んだプロの日本人シェフだからです。

 

また、フィリピンの水は硬水ですが、Howdy English Academyのキッチン内の水は全て軟水になっています。

水の質によって料理の味が大きく変わり、お腹を壊す心配もありません。

 

 

日本人ヘッドシェフの下には、かわいいフィリピン人スタッフ。

栄養バランスを考えた、日本人向けの味付けの食事を提供してくれます。

 

 

ランチは、メイン2種類の中から1種類、サイド6種類の中から3種類を選ぶスタイル。

どれも美味しそうで全部食べたくなってしまいますね。

 

 

メインとサイドの他に新鮮なグリーンサラダがついてくるので、フィリピンではなりがちの野菜不足も防げます。

 

 

さらに、ご飯につけるふりかけや高菜などが置いてあります。

日本人ならではの嬉しいポイントですね♪

 

 

色とりどりで見ても美味しさが分かりますね。

さらに、Howdy English Academyのすごいところは毎日違うメニューが出るというところ!

毎日の食事が楽しみになること間違いなしです。

 

Howdy English Academyの他の食事はこちらからチェック!

 

 

各テーブルには、七味や醤油など日本人に馴染みのある調味料が置いてあるのも嬉しいですね。

さらに、朝食・昼食時には無料でコーヒー・紅茶を飲むことができます。

 

 

Howdy English Academyのレベルの高いこの食事は、朝昼(毎日)は料金プランに含まれていて、朝食は和食・洋食どちらもありビュッフェスタイルとなっているので、お子様連れやシニアの方でも、好きなものをチョイスできます。

もちろん、和食も洋食もどちらも食べたいという方もOK!

 

夕食は週替わりのメニューがあり有料(P180~P300)ですが、オーダーが入ってから作るレストランと同じスタイル。

(高校生、50プラス、親子留学コースは毎日3食付き)

 

こんなに充実した食事なら、勉強も頑張れそうです!

 


教師採用からトレーニング、カリキュラムまで徹底!Howdy English Academy

ー 担任制度・教師の質 


 

 

Howdy English Academyでは、アドバイザー制度(担任制)を設けています。

 

生徒1人に対し、先生1人が担任として付き、学習面から生活面まで様々な相談に乗ってくれるという制度で、担任のアドバイザーが生徒の全ての授業内容や、進行状況などを管理します。

テキストに沿った授業ではなく、生徒の「やりたいこと」をベースにカリキュラムを組みます。

 

 

担任の先生の決め方は性別・年齢などの情報から、一人ひとりの特徴に合うようにマッチングを行なっていて、150人いる先生の中でも、経験が半年以上の先生のみ担任が持てるようになっています。

(Howdy English Academyの先生は4年制大学の教育学部卒業者のみ。)

 

初めての語学留学でも、経験のある先生がアドバイザーとして担当してくれると安心ですね。

 

 

そんな先生たちを採用しているのが、フィリピンで著名な教育学博士であり、Howdy English AcademyのアカデミックヘッドのDr.Tampus(タンポス博士)。

Howdy English Academyの先生たちのトレーニングや、カリキュラムの設計を担当しています。

 

Howdy English Academyのカリキュラムは、ドクターが教育学を研究してきたノウハウ、「知性を8つに分類して、それぞれに最適な教育方法を適用する」という考え方”マルティプルインテリジェンス”という理論を適用しています。

 

 

テキストは約30種類の中からその人のレベル、やりたいことに沿ってアドバイザーが選んでくれます。

TOEICのコースはありませんが、TOEICのテキストもあるのでリクエストしたらカリキュラムを組んでくれます。

 

 

マンツーマンの教室は全部で82個のブースがあり、授業中はスタッフでさえも出入りできないようになっています。

さらに、驚いたのが教室内にはスマホ・電子辞書の持ち込み禁止!

自分の力で英語を話せるように徹底されています。

 

 

教室は完全個室ではありませんが、見回りの先生がこのようなプレートを出して、「声を小さくしてください。」や「授業終了まであと5分です。」と先生同士でアイコンタクトがとれるようになっています。

 

 

グループクラスは5~8人のグループで、レベル別にはなっていません。

通常、語学学校ではグループレッスンは同じレベルの生徒と同じクラスになりますが、Howdy English Academyではあえて別のレベルの生徒とのグループレッスンにしています。

 

実際に英語を使う場面に出た際、周りの人は自分と同じレベルというわけではありませんよね。

自分よりも上、下の人がいるグループの中で勉強することでより深く考え理解することができるのです。

 

 

Howdy English Academyの自習室は24時間利用可能

4人部屋でルームメイトが寝て部屋が暗くなってしまっても、自習室で自分のペースで勉強することが出来ます。

 

 

各机にはコンセントが付いているので、パソコンやタブレットなどを使って学習する方も安心。

 

 

さらに親子留学で人気のHowdy English Academyでは、ピングーの教材を使って子どもに英語を教えています。

 

実はHowdy English Academyのオーナーは、日本で社会福祉法人檸檬会として認可保育園・認定こども園の運営を行なっています。
深刻化する待機児童問題に対し、その解消を法人の使命と考え積極的な施設運営を進めており、
日本で保育園・こども園・小規模保育園・プリスクール・障害者関係施設合わせて計78の事業所を運営しています。


親子留学は不安なことも多いですが、Howdy English Academyはこのように日本で児童保育についての専門家が行なっているので、安心して留学できますね♪

 

その檸檬会の取り入れているプログラムの1つの子ども向け英語教材ピングーイングリッシュ」
日本での使用権を独占契約しており、セブでも使用できるのはHowdy English Academyのみ!

 

檸檬会のHPはこちら

ピングーイングリッシュについて詳しくはこちら

 


24時間手厚いサポートをしてくれるHowdy English Academy

ー 日本人スタッフ ー


 

 

現在Howdy English Academyには、社員4名、インターン6名が常駐。

いつでも日本人スタッフがフレンドリーに対応してくれます。

 

 

シニア留学も人気のHowdy English Academyには、シニアスタッフが常駐!

初めての留学、初めての海外・・・相談事があっても若いスタッフさんには言いづらいそんなときに同世代のスタッフさんがいると安心しますよね。

 

シニアスタッフの松岡さん(67歳)は、幼い頃から英語に興味があり、19歳の頃から独自で英語学習をしていたそうです。

現役時代は香港、中国、インドで駐在員として働いていました。
退職後、話題となったシニアがインターンをする映画「マイ・インターン」をきっかけに娘さんがシニアインターンをネットで検索。
そこで出てきた、Howdy English Academyにシニアインターンとしてフィリピン・セブ島に初めて来られました。
そのままセブ島が気に入り、セブ島で働くことにされたそうです。

 

英語が堪能で、若者にも負けないアクティブな松岡さんが、初めての留学・海外で不安を抱えているシニア世代の方もしっかりとサポートしてくれます。

 

松岡さんのようなスタッフがいる語学学校は本当に珍しく、Howdy English Academyは留学に来られる年齢層やニーズに合わせた学校作りをされているのが分かりました。

 


Howdy English Academy

ー 留学コース・費用 ー


 

Howdy English Academyのコースは全部で7つ

高校生向け、アクティブなシニア向け、親子留学など幅広い年齢層の方が満足できるコースとなっています。

 

◆スタンダードコース
(マンツーマン5時間、グループ2時間)

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1人部屋 $722 $1,304 $1,806 $2,108 $3,984 $5,928 $7,872 $9,840 $11,808
2人部屋 $626 $1,112 $1,518 $1,724 $3,216 $4,776 $6,336 $7,920 $9,504
4人部屋 $575 $1,010 $1,365 $1,520 $2,808 $4,164 $5,520 $6,900 $8,280

 

◆高校生コース(18歳未満、高校生対象コース)
(マンツーマン5時間、グループ2時間)※夕食、帰国時送迎付き

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1人部屋 $802 $1,454 $2,026 $2,398 $4,554 $6,778 $9,002 $11,250 $13,498
2人部屋 $706 $1,262 $1,738 $2,014 $3,786 $5,626 $7,466 $9,330 $11,194
4人部屋 $655 $1,160 $1,585 $1,810 $3,378 $5,014 $6,650 $8,310 $9,970

 

◆マンツーマン9コース
(マンツーマン9時間、グループなし)

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1人部屋 $872 $1,604 $2,256 $2,708 $5,184 $7,728 $10,272 $12,840 $15,408
2人部屋 $776 $1,412 $1,968 $2,324 $4,416 $6,576 $8,736 $10,920 $13,104
4人部屋 $725 $1,310 $1,815 $2,120 $4,008 $5,964 $7,920 $9,900 $11,880

 

◆マンツーマン7コース
(マンツーマン7時間、グループなし)

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1人部屋 $772 $1,404 $1,956 $2,308 $4,384 $6,528 $8,672 $10,840 $13,008
2人部屋 $676 $1,212 $1,668 $1,924 $3,616 $5,376 $7,136 $8,920 $10,704
4人部屋 $625 $1,110 $1,515 $1,720 $3,208 $4,764 $6,320 $7,900 $9,480

 

◆マンツーマン4コース
(マンツーマン4時間、グループなし)

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1人部屋 $672 $1,204 $1,656 $1,908 $3,584 $5,328 $7,072 $8,840 $10,608
2人部屋 $576 $1,012 $1,368 $1,524 $2,816 $4,176 $5,536 $6,920 $8,304
4人部屋 $525 $910 $1,215 $1,320 $2,408 $3,564 $4,720 $5,900 $7,080

 

◆50プラスコース(50歳以上対象)
(マンツーマン5時間、グループなし)※夕食付き

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
1名様 $732 $1,334 $1,856 $2,178 $4,134 $6,158 $8,182 $10,230 $12,278
2名様 $1,272 $2,284 $3,136 $3,588 $6,732 $10,012 $13,292 $16,620 $19,948

 

◆親子留学コース(親御様1名(父or母)+お子様の人数)
※夕食付き

部屋 1週 2週 3週 4週 8週 12週 16週 20週 24週
2名様 $1,102 $2,000 $2,769 $3,219 $6,086 $9,062 $12,038 $15,052 $18,067
3名様 $1,718 $3,087 $4,241 $4,854 $9,112 $13,553 $17,994 $22,500 $27,006
4名様 $2,040 $3,672 $5,048 $5,784 $10,866 $16,165 $21,464 $26,840 $32,216

 

上記コース費用に含まれているもの


●授業料
●宿泊費
●食事1日2食(朝昼)
●水道
●光熱費
●掃除
●洗濯
●空港ピックアップ(日曜のみ)

 

※ピークシーズンは各コース、各部屋それぞれに上記料金+$50/週が加算されます。
(親子留学の場合は人数分)

 

上記費用以外に現地で必要なもの


●SSP発行費用:6,500ペソ
 SSP(Special Study Permit)は、フィリピンの学校で勉強するための許可証。

●ACR I-Card:3,000ペソ
 外国人登録身分証明カード。滞在期間が60日以上の場合必要。

●夕食オプション:200~300ペソ
 現地にて1食あたり180~300ペソで夕食をお選びいただけます。事前お申し込みも可能。

●教材費:約1,500ペソ~
 授業内容によって異なります。

●ビザ延長費:3,440ペソ~
 30日以内の滞在の場合はなし。

●学生証発行費:300ペソ
 学校で使用する学生証の発行費用。

 

その他、詳しくはHowdy English Academyのホームページをチェック!

 

 

 


Howdy English Academy

まとめ


 

Howdy English Academyはこんな方におすすめ!

 

・初めての語学留学
・初めてのフィリピン・セブ島
・食事にこだわりがある
・日本と同じような施設環境がいい
・子どもと一緒に留学してみたい

・リタイヤしたけどまだ元気!シニア留学に挑戦してみたい

 

Howdy English Academyは、生徒さんの「やりたいこと」をアドバイザー(担任)が1人ずつカスタマイズしてカリキュラムを組んでくれるので、英語が全く話せない留学初心者の方も安心

また、子ども連れでの親子留学や、アクティブなシニアの方向けのシニア留学の方も、日本人シェフが作るハイクオリティな食事を毎日食べられるので、栄養不足になったり、体調を崩す心配もありません。

さらに、ダウンタウンから離れた場所でショッピングモール隣接の便利な立地なので、両替や買い物は学校施設内で済み遠出をする必要がなく、初めてのフィリピン・セブ島でも安全な日々を過ごせます。

 

日本人シェフによる美味しい食事、サポートが厚い担任制度、安全・便利な立地、全室日本製のエアコンにウォシュレット・・・あなたもHowdy English Academyに1度留学したらリピートしたくなる理由が分かります!

 


Howdy English Academy

ー 学校基本情報 ー


 

 

 

学校名 Howdy English Academy
住所 Insular Square, Rizal St., Mandaue City 6014
電話番号 032-268-4701
規模 最大142人
国籍比率 日本人90~100%、台湾人0~10%
年齢層 20~30代、50代以上も。
春・夏休みは高校生、親子留学が多い。
門限 日~木 22:00 / 金土休校前日 26:00
校則 寮内での炊事、飲酒、喫煙禁止(校外に喫煙所あり)
異性の部屋への出入り禁止
特色 ・日本人シェフによる絶品料理が無料!(朝昼)
・ショッピングモール隣接!
・シニア留学向けにシニアスタッフが在中!
・勉強面・生活面、何でも相談できる担任制度!
・Howdyだけ!子ども向け英語教材「ピングーイングリッシュ」

 

2017年6月17日放送、毎日放送「ちちんぷいぷい」フィリピン・セブの英語学校特集にてHowdy English Academyが紹介されました。

ちちんぷいぷいの動画はこちら

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone