留学生必見!セブ島留学に必要な持ち物リスト

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

 

英語を勉強しにいざ、セブ島へ!

でも、先進国である日本とは環境が全く異なる東南アジア、フィリピンに何を持っていけばいいのか悩みますよね。

そこでセブ島留学に必要な持ち物をリストアップしてみました!

 


持ち物一覧

 

パスポート 航空券(Eチケット)
現金 (日本円・フィリピンペソ) クレジットカード
海外保険の契約書 着替え
日焼け止め ビーチサンダル
カメラ
サングラス 洗面用具(歯ブラシ・洗顔など)
常備薬(酔い止め、鎮痛剤など) 雨具
充電器 トイレットペーパー
英語辞書アプリ 虫よけスプレー
配車アプリ 日本食
筆記用具 電子辞書
日本語の教科書 英語勉強アプリ
ミニバッグ/ショルダーバッグ ドライヤー
目薬 化粧品
生理用品 水着
日本のお土産 レターセット
防水カメラ

 

黒文字の部分についての詳細はこちらをご参考下さい「【必読】セブに行くなら絶対持っていくべきものとは!?

オレンジ色の部分についての詳細はこれからご紹介します♪

 


勉強道具編


筆記用具

 

 

留学生活にかかせないノートやボールペンなどの筆記用具。

セブでも安く購入できますが、ノートの紙が薄く、裏写りしやすかったり質に偏りがあることも。
日本の質の高いノートやボールペンを準備していくことをおすすめします♪

 

電子辞書

 

 

英単語を調べる時に使用する辞書。

紙の辞書よりも電子辞書の方が持ち運びやすく、授業中に分からない単語が出てきた時もすぐに調べることができます。

 

日本語の参考書

 

 

授業で使用する参考書は英語で書かれたものを配布する学校が多いです。

まずは、日本語で理解したい!という方はフィリピンでは日本語で書かれた参考書を買うことが出来ないので、日本で購入しておくと基礎的な勉強をしたい時に役立つでしょう。

 

英語勉強アプリ

 

 

英語の勉強にアプリを活用してみては?

事前にダウンロードしておけば渡航前の予習になり、留学中にも寮から学校までの移動時間、休み時間に英会話アプリを使って勉強する人も多いんです。

おすすめはリスニングやスピーキングの勉強に役立つ「Real英会話(iPhone」と英単語を勉強できるアプリ「キクタン(Android/iPhone」。

 


生活用品編


ミニバッグ/ショルダーバッグ

 

 

放課後や休日にご飯を食べに出かける時などは必要最小限の持ち物で外出するのが安全です。

そのためにコンパクトなショルダーバックなどを持って行くと便利。

チャック付きのバッグだとより安心、安全です!

 

ドライヤー

 

 

セブでは滞在先によってドライヤーの風量が小さいことがあります。
特に髪の長い女性は乾かすのが大変な時も。

海外対応のドライヤーを購入すれば、フィリピンでも使えますよ♪

 

目薬

 

 

フィリピンでは目薬はあんまり一般的ではないので、薬局にも並んでないことが多いんです。

日本製品を扱っているお店には置いて有りますが、日本の価格の倍以上の値段がします。

コンタクトの人やドライアイが気になる人は持っていくといいでしょう。

 

水着

 

 

学校によってはキャンパス内にプールがあったり、休日に海やプールに出かけて水着を着る機会が多いと思います。

セブにもスーパーなどで安く水着は売っていますが、すぐ壊れてしまうことも。

お気に入りの水着があるなら、日本から持ってくることをおすすめします。

現地で調達したい時は、セブシティのモール内にあるH&MやFORVER21などのファストファッションブランドでも購入できます。

 


女性必見!女性が必要な持ち物編


化粧品

 

 

女性には必須な化粧品。

セブにも低価格なローカルブランドの化粧品がありますが、やはり使い慣れているものの方が肌にもいいと思います。

また、デパートなどにある外資系のブランドの化粧品は日本と値段が変わらない、または少し高かったりします。

現地で調達するよりも日本で準備しておく方が賢明です。

また、化粧落としはマスト!

セブでは、薬局に日本のような化粧落としがあんまりないのです。

 

 

生理用品

 

 

女性の方は気になる、生理用品。

ナプキンはフィリピンにも種類豊富にあります。
質は日本の製品に近いものもあります。

フィリピンのナプキンは日本のように20、30個入りではなく、8個や4個など少量で売られていることが多いので色々試してみるのもいいかもれしれません。

日本の製品にこだわりたい人は持ってきた方が無難です。

しかし、タンポンはナプキンに比べて種類も少なく、セブで見つけるのがとても難しいです!

普段使用しない人でも、セブにいると海やプールに行く機会も増えるので持って来ておくといいでしょう。

 


その他・休日を楽しくするアイテム


日本のお土産

 

 

語学学校のフィリピン人の先生や留学中に仲良くなったフィリピンの友達にあげる日本のお土産を用意しておくといいですよ♪

日本を感じられるものを!と扇子や折り紙などを持っていくと話のタネにもなります。

また、抹茶味のキットカットやチョコレート系の日本のお菓子はフィリピンの人も好きな人が多いです。

他にも日本のカップヌードルも人気なんですよ♪

それから語学学校のフィリピン人の先生は女性が多いので日本のメーカーの化粧品をあげるのもいいかもしれません。

 

レターセット

 

 

留学生活の終わりにお世話になった先生や友達に日本のお土産とセットで手紙を渡す人も多いです。

セブでは日本のように種類豊富な可愛いレターセットがなかったりするので、日本で買っておくといいでしょう。

フィリピン人の先生や友達も日本のレターセットで手紙を書いてあげると喜ばれると思います♪

 

防水カメラ

 

 

セブと言ったら海、プールを楽しみたい人も多いはず。

セブ島の留学生は土日のお休みを利用してアイランドホッピング(島めぐり)に出かける人も多いんです。

そんな中、防水カメラを持っておくと海やプールに行った時にも安心してセブでの思い出を残せます♪

 


【おまけ】日本食品、日本製品が購入できる場所


 

もっと物を持っていきたいけど、スーツケースはもういっぱい・・・

そんな時は現地で調達することもできます。

セブにも日本の食品や製品を買うことができるいくつか場所があるんです。

日本より値は張りますが、日本から持ってきた物が足りなくなった、又は忘れてきてしまった時に行ってみてくださいね。

 

Sirona Mart(マクタン島)

032-492-1953
11:00 – 21:00
1F Sebastien Hotel,  M.L. Quezon National Highway, Lapu-Lapu City

詳しくはこちら「【セブポの目】 PAPAYA SPA & SHIRONA MART に潜入調査!」

 

町屋マート(セブ島・セブシティ)

032-344-0355
17:30-22:00
Archbishop Reyes Avenue, Cebu City

 

Benten(セブ島・マンダウエシティ)

032-514-7973
10:00-22:00
219 A.S Fortuna St, Mandaue City, Cebu

 

 


持ち物がそろったらセブポットで下調べ!


留学の準備が終わったら、セブ滞在の計画を立てよう♪

ぜひ、セブポットWEBサイトセブポットアプリを活用してくださいね。

また、セブのホテル、レストラン、スパ、アクティビティショップにはセブポットマガジンを配布しているので、セブに留学した際にはぜひCHECKしてみてください。

 

セブポットWEBサイトはこちら

セブポットアプリApple Storeはこちら /  Google Playはこちら 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone