インタビュー NPO法人セブンスピリット

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

act_music
インタビュー NPO法人セブンスピリット

子供たちに届けたい、音楽の力音楽の楽しさ。

セブンスピリット理事および代表 田中宏明さんにお伺いしました。

 


初めてセブを訪れたのは2009年

2009年に観光客として初めてセブに訪れました。当時はツーリストでしたので、マクタンに滞在しただけの、いわゆるリゾート旅行でした。IMG_0828

2011年の1月、2回目のセブは英語留学で5か月間滞在しました。英語を習得した後、ドイツで住み込みのボランティアを2年間、行うつもりだったのですが、英語ではなくドイツ語が必要とのことで、断念したんですね。
もともと、日本にいるときからボランティアに興味があったので、留学期間中の週末は、孤児院を訪れていたんです。そこで、日本人の方が偶然、子ども達に鍵盤ハーモニカを教えていたんですね。音楽を通して子どもたちの様子が日に日に変わっていく様子をみて、音楽の力というものを実感しました。
2012年日本NPO法人を立ち上げ

みなさんは、エル・システマをご存じですか?音楽を通じた青少年の育成を目的に、優れた社会性(忍耐力・協調性・自己表現力など)を身に着けられる、また、犯罪や非行の抑止力としての役割も果たすこのプログラム。ベネズエラで始まったこのプログラムは、今では世界50か国以上で展開されています。貧困と青少年の犯罪が深刻な問題であるベネズエラで、健全な市民を育成する社会政策の一環として推進されるようになりました。

ここフィリピンでも同じように、社会的に恵まれていない子ども達がたくさんいます。学校に行きたくても家庭の状況で行けない。子どもたちの親はあまり子どもに関心を示さず、ストリートチルドレンになる子どもがいるのが現実です。
また、学校に行けたとしても、学校教育では情操教育が不十分で、教えられる人がいない、楽器もないため、音楽を学ぶという機会があまりにも少ないのです。
フィリピンの子ども達が音楽を通して成長できる環境をつくりたい。そう思って、いまの活動を始めました。
c2セブ島の子ども達にクラシックコンサートを届けるUUUプロジェクト

UUU(トリプルユー)は、Music Unites the Worldをモットーに活動をしている日本発のオーケストラプロジェクト。当初は学生プロジェクトとしてフィリピンの子ども達にクラシック音楽を届けていましたが、2014年よりセブンスピリットの主催事業となりました。
普段、セブンスピリットではダウンタウンにて、月曜日以外の毎日、放課後の時間帯に子ども達に音楽を無償で教えています。いまは約60名の子ども達が通っていて、鍵盤ハーモニカやリコーダーからスタートした合奏も、いまでは管楽器や弦楽器をつかったオーケストラになり、下は5歳から上は16歳までの子ども達が音楽を学んでいます。
セブンスピリットではUUUを通して、いままで3万人以上のセブの子ども達にクラシックコンサートを届けてきました。子ども達に音楽の楽しさを届けて、興味を持った子ども達が音楽を学べる環境作りを行う。こういったサイクルができるように、これからも続けていきたいと思っています。

囚人ダンスとのコラボや演奏会など

セブにある刑務所(更生施設)に入っている囚人が踊るダンスというのは有名ですが、これも根本はセブンスピリットと同じ、音楽を通して人間的な成長を促すプログラム。というわけで、なにかコラボできないかなと思ってセブ刑務所に打診したところオッケーを頂き、9月に無事に子ども達とUUU、そして囚人ダンスのコラボ企画を行うことができました。
また、それ以外にもセブのオーケストラとUUUの合同演奏会、CISで音楽を始めた子ども達とのワークショップなど多くの活動を行い、少しでもセブに音楽の文化が浸透していくように活動をしています。IMG_8716
子ども達の目標ややりがいを生み出すためにも、1ヶ月に1度は大きい小さいにかかわらず、イベントや演奏会を行うようにしていきたいですね。

ストリートチルドレン

これまではセブンスピリットに通ってくる子ども達にのみ音楽を教えていましたが、今年の9月からは路上で生活をしている、いわゆるストリートチルドレンにも音楽を教えていくようにアプローチを始めました。
夢や目標といったものがないこういった子ども達が音楽を通してやりがいを感じ、夢を抱けるように、夢に向かって努力できるようにしていきたいですし、来年2月に行われるUUUでは、この子たちもステージに立たせてあげたいと思っています。
また、情操教育の機会がないという根本的な問題を解決していくために、セブ市内の小学校と連携して、週に2回、音楽の授業を導入することが決まりました。いまはまだ1校だけですが、すでに他の小学校からも依頼があり、今後はセブに、フィリピンに音楽教育を広げていけるようにしたいですね。

セブンスピリットの今の夢

多くの子ども達が音楽を通して人間的に成長してくれることはもちろんですが、2017年には子ども達と一緒に日本へ行き、演奏旅行を行いたいですね。そのためにも、どうぞ皆様、ご支援よろしくお願い致します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone