【2019年夏!セブ島ジュニアキャンプ】小学生~高校生まで対象!子どもだけで行く超おすすめ英語留学

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

フィリピン・セブ島で子ども向け英語留学のジュニアキャンプがあるのをご存知ですか?

 

「夏休みは子どもが不規則な生活をしたり、宿題をやらなかったり・・・」

こういった悩みを持つお母さん、お父さんに自信を持っておすすめしたいのが、セブ島での「英語留学ジュニアキャンプ」!!

 

英語学習+学校の宿題まで見てくれる!

そして、海外から帰国した子どもは何倍も人として成長している!?

そんな素敵なジュニアキャンプをご紹介します。

 

 

 INDEX 

●セブ島ジュニアキャンプとは?
●1日8時間の英会話レッスン
●日本人スタッフの引率付き
●宿泊はフィリピン人スタッフ同室
●宿泊先はどんなところ?
●実際にどんなことするの?(1日目)
●いよいよ勉強スタート(2日目)
●どんな英語レッスン?
●気になる授業内容
●1日のスケジュール
●ケータイ禁止!
●宿題タイム
●土日の過ごし方
●最終日
●ケガや病気をしたとき
●参加者の体験談
●持ち物
●夏のジュニアキャンプ詳細
●まとめ
●予約・お問い合わせ

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

セブ島ジュニアキャンプとは?


 

 

セブ島ジュニアキャンプとは、セブ島で親子留学としても有名な語学学校”ファーストイングリッシュ”が主催している、毎年春休みと夏休みに小学生・中学生・高校生を対象とした子どもだけで参加する英語留学です。
(春休み:約8日間 / 夏休み:約18日間)

 

催行している語学学校「First English Global College」について詳しくはこちら
【First English】セブ島留学ブログでお馴染みの語学学校に潜入!

 

なんと、このジュニアキャンプには毎年、日本全国から100名以上の子ども達が参加!
日本にいると会う機会のない、日本全国にお友達ができるきっかけにもなります。

さらに、参加者リピーターは60%以上年々増加中!

 

セブ島ジュニアキャンプのポイント


●1日8コマの英会話レッスン

●日本人スタッフの引率付き

●お部屋にフィリピン人スタッフが同室

●週末は充実のアクティビティ

 

 

 

英語留学でなぜフィリピン・セブ島?と思う方も多いかもしれませんが・・・

★フィリピンは、東南アジアで最も英語が話せる国
★ビジネスイングリッシュで5年連続世界No.1!!!

 

しかも、セブ島はアメリカやカナダ、イギリスに比べると断然近い!

日本からセブ島へ、たったの4時間半で行けます。
時差もたったの1時間です。

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

1日8時間の英会話レッスン


 

 

英語学習にはマンツーマンレッスンが最も効果的

特に消極的な性格の日本人は英語が話せないのに、急にグループレッスンに投げ込まれても発言・質問することができない子が多くいます。

マンツーマンレッスンであれば、自分のペースで英語学習を進めていくことができるので、周りの子と比べて焦ったり、間違えても恥ずかしくない。
マンツーマンレッスンは、英語習得の最短の道と言えます!

 

もし、このマンツーマンレッスンをアメリカやカナダなどで受けようとしたら莫大な費用になってしまいますが、セブ島ジュニアキャンプでは安い費用で受けられます。

 

 

レッスンは、1日8コマ

4コマはマンツーマンレッスン
2コマがグループレッスン
+2コマ・サイエンスクラス

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

日本人スタッフの引率付き


 

ジュニアキャンプは子どものためになるけど、1人で海外へ行かせるのは不安ですよね。

 

 

でも、安心!

ファーストイングリッシュジュニアキャンプは、行き帰りともに各空港に1~2名の日本人スタッフが引率!

出発地も成田空港・関西国際空港・中部国際空港から選べるので、最寄りの空港からセブ島に向かうことができます。

初めての海外や、初めての飛行機という子も日本人スタッフがしっかりとサポートしてくれるので、親御さんも本人も安心してジュニアキャンプに参加できます。

 

 

フィリピンは15歳未満の子どもは、親の付き添いなしではフィリピンには入国することができないので、親が一緒でない場合は事前にWEGというものを申請する必要があります。

 

WEG(Waiver of Exclusion Ground)とは、フィリピン大使館に「親ではなく代わりにこの人と一緒にフィリピンに入国します。」という渡航同意の申請です。

これなしでは、15歳未満の子どもはフィリピンに入国することができません。

 

WEGの申請方法は、ファーストイングリッシュよりご案内があるので初めてのことでも安心です。

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

宿泊はフィリピン人スタッフが同室で滞在するから安心!


 

 

ジュニアキャンプは小学生から参加が可能。

初めての海外の上に、知らないお友達との共同生活になるので、初めは不安を感じる子ももちろんいます。

 

しかし、ジュニアキャンプでは各お部屋にフィリピン人のスタッフ(ガーディアンティーチャー)が一緒に滞在してくれるので、24時間大人がついているから小さな子どもも安心して参加させられます。

さらに、スタッフとのコミュニケーションは全て英語になりますので、英語力の向上にも繋がります!

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

宿泊先はどんなところ?


 

 

夏のジュニアキャンプの宿泊先は、「Pacific Cebu Resort Hotel(パシフィックセブリゾートホテル)」。

 

こちらのホテルは2014年に改装を行い、白を基調としたモダンなデザインに生まれ変わりました。

ホテル内には、プールが3つあり、水深の浅いプールがあるので小さい子どもも安心して遊べます。

 

 

お部屋の中も白で統一していて、明るく清潔感のある印象。

こちらのホテルも、エアコン・冷蔵庫・温水シャワー・セーフティーボックス・バスタオル・ドライヤー・アメニティなどが揃っています。

 

 

ご紹介した2つのホテルは、リゾートエリアにあるので治安もよく快適で安全な環境です。
セブ・マクタン国際空港からは約30分ほど。

英語のレッスンはホテルのファンクションルームにて行ないます。

 

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

実際にどんなことをするの?(1日目)


 

各空港から出発し、セブ・マクタン国際空港へ。

宿泊先ホテルに到着後、すぐにウェルカムパーティーが始まります♪

 

 

食事をしながら、さっそく先生からの自己紹介タイム。
もちろん英語です。

 

お母さん方は、「うちの子供は全く英語ができないですが大丈夫ですか?」という質問がよくありますが・・・

全く問題ありません!
英語ができない子もたくさんいます。最初は誰もが全く話せません。

 

 

ジュニアキャンプの先生は優しいフィリピン人。

気さくで、世話好きのフィリピン人は子どもの先生にぴったり♪

陽気な先生達は英語が分からない子どもにも、たくさん話しかけてくれるので、英語ができなくてもすぐに先生との距離を縮められます。

 

英語はこれからのジュニアキャンプで学んでいけば、少しずつ話せるようになってくるので大丈夫^^

 

1日目はウェルカムパーティーが終わったら、おやすみなさい。

2日目から勉強が始まります!

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

いよいよ勉強スタート!(2日目)


 

2日目の朝はレベルチェックテストからスタート!

レベルチェックのあとは、オリエンテーション(避難訓練や、両替)をします。

 

 

ジュニアキャンプ中は、さまざまな学年の子ども達が1つのグループになります。

小学生など小さい子には、同じグループの中学生や高校生のお兄さんやお姉さんがサポートしてくれます。

普段はあまり人前に立つこがない子も、このジュニアキャンプをきっかけにリーダーシップ性が発揮されるかも!?

 

 

午後は、サイエンスクラスからスタート!

 

サイエンスクラスは、科学の実験などをする授業。

もちろん授業内容は全て英語ですが、みんなで何かを作ったりするので楽しみながら英語を学ぶことができます。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

どんな英語レッスン?


 

 1日8時間の英語レッスン 

 

ジュニアキャンプでは、小学生から高校生までの子どもたちみんな1日8時間の英語レッスンを受けます。

 

●マンツーマン 4クラス
●グループ 2クラス
●サイエンス 2クラス

 

 

 マンツーマンレッスン 

 

英語は勉強ではなく、コミュニケーションツールの1つなので、話す機会が多いことが大切です。

「読み」「書き」は日本の学校でも勉強できますが、「話す」「聞く」は日本人の先生からではそこまで学ぶことができません。

しかし、東南アジアで最も英語が話せる国”フィリピン”のジュニアキャンプのマンツーマンレッスンなら「話す」「聞く」を徹底的に繰り返しやることで、生きた英語が身につきます。

 

 

英語学習にはマンツーマンレッスンが1番効果的!

 

なぜマンツーマンレッスンが効果的かというと・・・もちろんグループレッスンでも英語は学べますが、先生1人が生徒20人に話しかけていても生徒は真剣に聞いていませんよね?

大人も同じです。
会議で上司が部下に話していても、どれだけの人が真剣に聞いているでしょうか?

 

人は自分のみに話しかけられている場合は、真剣に聞きます。

大勢に対して話していることには真剣にはなれないんです。

 

大人ができないことを子どもに求めるのは間違っています。

なので、英語学習にはマンツーマンレッスンが1番効果的なのです!

 

 

 グループレッスン 

 

グループレッスンの内容は2つ。

●状況に応じた英語(SBT)
●プレゼンテーション

 

この2つは、グループレッスンでなければならない内容のもの。

 

 

マンツーマンとグループを組み合わせることでレッスンに連続性が出て、より効果的な英語学習になります。

マンツーマンで習った内容をグループで・・・

グループで習った内容をマンツーマンで・・・

こういった連続性があるレッスンが子どもの長期記憶に効果的です。

 

 

 サイエンスクラス 

 

マンツーマンレッスンばかりだと、子どもは疲れてしまうので、適度にグループレッスンを入れます。

さらに、サイエンスクラスで好奇心を刺激し、子ども達が毎日の英語レッスンで退屈しないよう工夫しています。
ジュニアキャンプでは、毎日違った科学の実験の授業を行います。
この授業ももちろん全て英語。

 

 

●ペットボトルで作るイカダ
●世界で1つだけのTシャツ染め
●スライム作り
●ペットボトルロケット

など・・・子ども達が興味のあるものばかり!

 

先生が英語で説明し、制作や実験を進めていきます。

各グループに小学生から高校生までの子どもがいるので、自然と中学生や高校生の子どもがリーダーとなり、小さい子のサポートをしてあげながらみんなで1つのことをやり遂げます。

 

机の上の勉強ではないからこそ学べる英語や、積極的に話すことができみんなワイワイと楽しい時間を過ごします。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

気になる授業内容(小学生・中学生・高校生)


 

ジュニアキャンプは小学生から高校生までの幅広い子どもを受け入れています。

そんな子ども達の英語力を伸ばすため、学年別にファーストイングリッシュおすすめのカリキュラムをご用意。

 

 

 グループレッスン 

●SBT(Situation Based Training)状況別実践英会話

日常のさまざまなシーンでの英会話を勉強するレッスン。
レストランや、ショッピング、空港などでの会話など実践的ですぐに英語を使うことができる内容です。

 

●オーラルランゲージ

本を使って英語の理解力を高めるレッスン。
楽しく英会話を学べる内容です。

 

●プレゼンテーション(中学生・高校生)

グループで1つの議題についてプレゼンテーションをするレッスン。
英語力だけでなく、人前で自信を持って発表する力が鍛えられると人気です。

 

 

 

 マンツーマン 

●フォニックス+デイリーフレーズ

英語学習の基礎となるレッスン。
フォニックスルールとパターンをたくさん覚えると、英単語のスペルや発音がより簡単になります。

 

●文法+単語力

レベル別の単語や文法を学ぶレッスン。
正しい構文でしっかりと文章作成ができるよう練習します。

 

●英検+デイリーフレーズ

英検対策のレッスン。
事前に希望勉強の級の単語集を購入していただき、単語集をもとに勉強します。

 

●日記(小学生・中学生)

英語で毎日日記を書いてもらうレッスン。
先生がスペルや文法のチェックをします。

 

●UE+デイリーフレーズ(高校生)

UEとはUseful Expressionの略で、イディオムを学ぶレッスン。
例えば、「get up」の2つの単語が重なって「起きる」という意味になるなど、よく使われる句動詞やイディオムを学んでいきます。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

1日のスケジュール


 

うちの子が1日8時間も英語のレッスンだけ真面目に受けれるか心配・・・。
そんな親御さんも多くいらっしゃると思います。

 

ファーストイングリッシュジュニアキャンプを催行している”ファーストイングリッシュグローバルアカデミー”の代表・本多さんは、日本で塾を9教室運営している子どもの教育スペシャリスト

子ども達が英語のレッスンに飽きないよう、さまざまな工夫を凝らしています。

 

代表・本多さんは2018年に英語学習についての本を初出版!

詳しくはこちらをチェック


 

 小学生の1日 


6:00 – 7:00 起床・準備
7:00 – 7:20 モーニングダンス
7:20 – 7:50 朝食
8:00 – 12:00 マンツーマンレッスン&グループレッスン
12:00 – 12:50 昼食
13:00 – 15:20 マンツーマンレッスン&グループレッスン
15:30 – 15:40 おやつ
15:50 – 17:00 サイエンス(科学の実験)
17:00 – 17:50 グループレッスン
18:00 – 19:00 夕食
19:00 – 20:00 日本の宿題タイム
20:00 – 21:00 シャワー、就寝準備
21:00 - 就寝

 

 

 中学生・高校生の1日 


6:00 – 7:00 起床・準備
7:00 – 7:20 モーニングダンス
7:20 – 7:50 朝食
8:00 – 12:00 マンツーマンレッスン&グループレッスン
12:00 – 12:50 昼食
13:00 – 15:20 マンツーマンレッスン&グループレッスン
15:30 – 15:40 おやつ
15:50 – 17:00 サイエンス(科学の実験)
17:00 – 17:50 グループレッスン
18:00 – 19:00 夕食
19:00 – 21:00 日本の宿題タイム
21:00 – 22:00 シャワー、就寝準備
22:00 - 就寝

 

朝のモーニングダンスって?

 

ジュニアキャンプでは、毎朝早起きをしてご飯の前にラジオ体操!ではなく、ダンスをします。

フィリピン人はみんなダンスが得意!上手くなくてもみんな堂々と音に合わせて踊ります。

 

 

モーニングダンスでは、毎日同じ曲で同じダンスを練習するので、ジュニアキャンプが終わるころには完全に踊れるように♪

ただダンスをするのではなく、曲の歌詞も授業で勉強します。
英語の歌詞を覚えて、歌いながら体でダンスを覚える。

身体を動かして歌いながら英語を覚えるのでとても効果的!

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

ケータイ禁止!感動のコーリングタイム


 

ジュニアキャンプでは、いつも遅く寝ているかもしれない高校生も小学生と同じ時間に起きてモーニングダンスをするので、必然的に早起きになり生活習慣を整えることもできます。

さらに、ジュニアキャンプでは携帯電話を完全に預かるので、夜にケータイをいじることがなく早く寝れる!

夜中にブルーライトを眺めることがないので、親御さんも安心です。

 

 

携帯電話を預かってしまうと子どもと連絡が取れなくなってしまいますが、ジュニアキャンプ中にはご希望される保護者様に一度連絡を取れる時間があります。

 

「でも、うちの子にはケータイを持たせていない。」

そんな場合でも、親御さんに連絡が取れるよう配慮されているのでご安心ください!
学校側が事前に保護者様のLINEまたはSkypeのIDを聞いておき、子ども達がスタッフのパソコンを使用し連絡を取ることが可能です。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

親御さんに大好評!宿題タイム


 

春休み・夏休みにジュニアキャンプに参加して英語を学べるのはいいけど、宿題が心配・・・

そんな親御さんの不安もゼロ!

 

ジュニアキャンプでは、宿題タイムを設定しています。

 

宿題タイム


●小学生の場合     19:00 – 20:00
●中学生・高校生の場合  19:00 – 21:00

 

 

 

ジュニアキャンプ参加前に「宿題・課題・計画表」という用紙が送られてきます。

 

この用紙を書く際、お子様と一緒に作成、または確認の上ジュニアキャンプに持参することがポイント!

お母さんやお父さんと一緒に作成することに意味があり、子どもも納得して宿題をやっていく必要があります。

 

これは、小学生のみだけでなく、中学生や高校生も同様です。
中学生・高校生の場合は、自分で考えて宿題・課題計画を作成し、親御さんに確認してもらう。

自分で計画して、自分で宿題を進めていくということがとても大切!

 

 

英語を学べるジュニアキャンプに参加しながら、学校の宿題も終わらせられる!!!

なんて効率的なんでしょう!親御さんたちが毎度頭を悩ませる宿題問題もこれでおさらばです。

 

 

学校の宿題がない子や、もうすでに終わってしまっている子は、参考書などを持参してもらいます。
他の子どもたち同様に勉強します。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

土日の過ごし方


 

平日はしっかりと勉強。

土日はセブ島を思いっきり楽しむ!

 

土日にはさまざまなアクティビティを用意しています。
子ども達がジュニアキャンプで最も楽しみにしていることの1つです。

 

土日アクティビティ


●プール
●アイランドホッピング
●BBQ
●ボランティア活動
●ショッピング
 など

 

 

 プール 

プールでのアクティビティは、セブ島のリゾートホテルでも子どもに大人気のプールがある「Jパーク」!

子ども用のプールがあるので、小学生などの小さなお子様も楽しめます。

 

 

プールでのアクティビティも必ず先生が付くので安心!

小学生だけでなく、中学生・高校生にも必ず付きます。
また、小学低学年には4人に1人付く徹底振りです

 

プールで遊んでいる時間だけでなく、トイレや食事も必ず先生と一緒
親御さんから大切なお子様を預かって、離れた海外で過ごしているので、安全第一です。

フィリピン人の先生だけでなく、日本人スタッフも必ず同行します。

 

 

 アイランドホッピング 

セブ島で1番人気のツアーといえば「アイランドホッピング」。
アイランドホッピングとは、ボートでセブ島周辺の小さな島を周ることです。

 

ジュニアキャンプでよく行く島は「ナルスアン島」。

ナルスアン島は、セブ島からも比較的行きやすくリゾート開発された無人島で、長い桟橋が特徴の島。
ナルスアン島の周りは珊瑚礁保護区として指定されているので、シュノーケルで多くの魚を見ることも出来ます。

 

 

マクタン島から島に行くまでにはバンカーボートと言うボートに乗り、約40分ほどで到着。

 

 

シュノーケルでこんなカラフルな魚達に出会える!セブ島ならではの体験です。

 

アイランドホッピング中は、必ずライフジャケットを着用します。
ナルスアン島に到着してからもライフジャケットは着けたまま。

 

海でもアクティビティは細心の注意が必要なので、何事も安全第一。
今まで事故は当然ありません。

 

 

 ボランティア 

 

 

ジュニアキャンプでは、セブ島で現地の子ども達と触れ合う時間を設けています。

現地の恵まれない子ども達に、日本から持って来たお土産や着なくなった服などを渡します。
フィリピン人の子ども達は大喜びで受け取ってくれます。

 

 

セブ島に来たものの、フィリピンの現地の子ども達と触れ合うのは初めての生徒たち。
今まで自分が生きてきた日本とは全く違う環境で生きてきた子ども達と接します。

初めての体験で戸惑う子もいますが、フィリピン人の先生がリードしてくれるので安心です。
(事前に地元の人に承認を受けてボランティア活動を実施しています。)

 

 

ボランティア活動を終えたあとは、子ども達がそれぞれの想いを発表します。

自分で感じたことを伝え、他のみんなの話を聞き、様々な考え方を知るのはとても大切なことです。

 

 

 ショッピング 

土日アクティビティのショッピングは、セブ島で庶民に人気のSMモールへ。

ショッピングでも必ず先生が引率します。

 

 

ショッピングは、レッスンで習った英語を実際に使える場!

カフェでの注文は、先生ではなく子どもが自分で注文します。
習った英語を実際に使って通じたとき、相手の英語が聞き取れたとき、子ども達は「もっと勉強したい!」という気持ちになります。
こういった買い物を通して成功体験をつけ、勉強への意欲に繋がります。

 

 

小学生のお金の管理は先生が行うので安心。

元々いくらあって、何にいくら使ったのか、残金はいくらかを常に明確にチェックをします。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

最終日!


 

 

 

ジュニアキャンプ最終日には、キャンプで得た英語力の成果を発揮するレベルテストが待っています。

初日のテストと比べるとみんな緊張せず、自信に溢れた顔つきです。

 

 

午後からは終了式が始まります。

その前に、ジュニアキャンプに参加させてくれたお父さんお母さんに感謝の手紙を・・・

 

 

終了式では、まずみんなのスピーチ。
英語で自己紹介、ジュニアキャンプの感想をみんなの前で発表します。

初日は全くできなかった子も、最終日にはしっかりみんなの前でスピーチができるように成長。
初日と比べてみんなたくましくなりました。

 

最後はみんなでラストダンス!

毎朝みんなで踊ったダンス、歌も踊りも完璧です♪

 

 

初めて親元を離れた子や、初めての海外だった子、初めての共同生活など・・・いろんな初めてがあるジュニアキャンプ
ジュニアキャンプを通してどの年齢の子も、またひとつ逞しく成長したに違いありません。

 

 

英語を学ぶだけでなく、多くのことを体験し感じ、たくさんのことを考える日々。

春休みや夏休みにやることがなく暇を持て余している子ども達に、ジュニアキャンプは最適です!

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

こんなときどうするの?ケガや病気


 

 

●軽い場合

軽いケガや病気の場合は、ドクターの往診があります。
ケガや病気をしないよう、普段から虫除けスプレー、日焼け止め、水分補給などをしましょう!

 

●重い場合

残念ながら高熱や大きなケガをしてしまった場合は、ジャパニーズヘルプデスク(日本人スタッフが対応)がある病院へ行きます。
そうなった場合は、保護者様へご連絡します。
治療費は海外旅行保険にご加入いただきますので、キャッシュレスで対応可能

 

安心のサポート体制


ジュニアキャンプ現地には日本人スタッフが3名常駐しているので、日本語でしっかりとサポートします。 

気になる食事は、元日本食レストランのシェフをやっていたフィリピン人シェフが作ってくれるので、日本人の口にも合う食事。

また、アイランドホッピングやショッピングなどの土日アクティビティでの屋外活動中は、小学低学年の子どもには3人に1人、小学高学年以上には5人に1人の先生が付きサポートします。

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

ジュニアキャンプ参加者の留学体験談


 

 

高校生


私は、このジュニアキャンプに参加して本当に良かったです。ここまで英語に没頭することは今までになく、本当によい機会を与えてくれたと親に感謝しています。 

私は初めての参加で知り合いはいなかったので、ジュニアキャンプ初日は非常に緊張していましたが、ルームメイトやガーディアンティーチャーに恵まれて楽しい生活を送ることができました。

授業では、最初先生の言っていることを聞き取ることがあまりできず、何回も同じことを聞いていましたが、間経つと半分以上は一度で聞き取れるようになり、毎日英語を聞くことで耳が慣れると実感しました。フィリピンの先生の授業は非常に分かりやすく、なおかつ面白くて、楽しく授業を受けることができました。

土日のアクティビティでは、色々な衝撃を受けました。特にボランティアでは、宿泊ホテルの近くの村に行き、フィリピンは貧富の差が激しいことを自分の目で見ることができました。

まだ一週間しか経っていないのではないかと感じるほど充実した毎日でした。高校最後の夏に今までにないぐらい楽しい日々を過ごせることができてとても嬉しいです。

 

 

 

中学生の親御さん


英語で話す機会を体験してほしいという親の勝手な希望で娘は流されるままにジュニアキャンプへ参加したので、最初は少々不安がありました。

しかし、ジュニアキャンプ中の表情を写真で見てジュニアキャンプに参加させてよかったと思いました。

セブ島から帰ってきてからは、土日アクティビティでの経験やボランティアの話など、止まらずたくさんの話を聞かせてくれました!

友達もたくさんできて、今でも連絡を取っているようです。娘は末っ子なので、自分より年下の子の面倒を見るのが嬉しくて小学生のとの交流も娘を一回り大きくさせてもらえる経験となりました。

また次回のジュニアキャンプにも参加したいと言っているほど楽しい日々だったそうです。

 

 

 

小学生(1年生)


 ジュニアキャンプに参加して、英語は心があれば通じるということが分かりました。頑張って伝えようとすると相手も待っていてくれたり、単語を並べただけでも通じたりしました。とても感動です。ジュニアキャンプに参加する前はちゃんとした英文じゃないと、恥ずかしくて話せなかったけれど、今はしっかりとした文じゃなくても恥ずかしくありません。

友達も増え、アクティビティも、部屋もとても楽しかったです。最初はフィリピン人のガーディアンティーチャーが同じ部屋ということに抵抗がありましたが、今ではいろいろ教えてくれるのでとても良かったと思っています。

またジュニアキャンプに参加したいと思います。

 

 

 予約・お問い合わせはこちら! 

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

持ち物


 

●パスポート

●航空券(e-チケット)
※個人手配の方のみ。一括手配の方は引率者が管理

●海外旅行保険証
※個人手配の方のみ。一括手配の方は引率者が管理

●おこづかい(現金)
目安:1週間 10,000~15,000円
※別途出国税 P850が必要です。

●必ずお持ちいただくもの
水着、水中メガネ、日焼け止め、水筒、洗濯ネット2枚(名前を大きく表記)

●あったら便利な持ち物
浮き輪、折りたたみ傘

●洗面用具
タオル(1人2枚以上)、石鹸、シャンプー、リンス、歯ブラシ、歯磨き粉など

●筆記用具等
ボールペン(飛行機内で入国カード記入時必要なので手荷物に入れておくこと)
筆記用具(鉛筆、色鉛筆)、ノート(英語日記用1冊)、校内用かばん

●電子辞書・参考書
高価ではない電子辞書を必ず準備して下さい。日本語で書かれた文法の本があると便利です。

●予備の服・靴
高価な洋服はお持ちにならないで下さい。

●予備薬
風邪薬、胃腸薬、解熱剤、絆創膏、ビタミン剤、便秘薬、下痢薬など

●メガネ・コンタクトレンズ

●目覚まし時計
ケータイの持ち込みは禁止ですので、日常スマホを目覚ましにしている方はご準備ください。

●スーツケース
総重量20kg(重量オーバー時は別途料金が発生します。)

●カメラ
ケータイの持ち込みは禁止となっておりますので、デジカメなどをお持ち下さい。

●食べ物
カップラーメン、お菓子など

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

夏のジュニアキャンプ詳細


 

2019年夏休みジュニアキャンプ


 日程:2019年8月1日(木)~18日(日)

出発地:成田空港・関西国際空港・中部国際空港

参加可能年齢:小学1年生~高校3年生

 

◆費用に含まれるもの
登録料、授業料、食事(3食)、宿泊費、SSP申請費用、教材費、洗濯代、部屋掃除代、修了証書、週末アクティビティ費、付き添いの先生派遣代、空港までの往復送迎費、引率者同行サービス代、専用Tシャツ代
※引率不要の場合:-10,800円(片道)、専用Tシャツをすでにお持ちの方ー2,800円

◆費用に含まれないもの
往復航空券(一括手配。指定便を自身で手配もOK)、海外留学保険(一括加入)、15歳未満はWEG申請費用(約15,000円)、フィリピン空港税(850ペソ)

 

 


ー 春休み・夏休みに子どもの英語留学 ー

まとめ


 

ジュニアキャンプの凄いポイント!


 ●子どもが飽きない充実した英語レッスン(1日8時間)

●学校の宿題も終わらせてくれる!

●英語だけじゃない海外でのさまざまな体験ができる!

 

年々人気を増しているファーストイングリッシュのジュニアキャンプは、リピーターが続出するのも頷けます。

 

夏のキャンプはすでに予約が始まってます!

飛行機や応募枠が埋まってしまうかもしれないので、早めのお問い合わせ・ご予約をおすすめします♪

 

 

ご予約・お問い合わせ




Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone