【セブ島留学】目的に合わせた英語力を伸ばそう!独自のカリキュラムを誇る語学学校まとめ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

セブ島留学での語学学校選びの際に、それぞれの語学学校がどのようなカリキュラムに特化しているか、下調べはお済みでしょうか?

 

語学学校における”カリキュラム”は、セブ島での語学留学で学べる英語力を大きく左右する要因の一つ!

それぞれの語学学校によって、TOEICに特化していたり、スピーキングに特化していたりと様々です。

 

何のためにセブ島で語学留学をするかの目標によって、選ぶカリキュラムも変わってきますよね♪

今回は語学学校の独自&自慢のカリキュラムを誇る語学学校をご紹介します!
是非、セブ島での語学学校選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

  INDEX  

・そもそもカリキュラムとは?

・Cebu English Academy(CEA)
・MeRISE English Academy(旧 MBA
・カエア

・まだまだある!

・まとめ

 


【セブ島留学】目的に合わせた英語力を伸ばそう!独自のカリキュラムを誇る語学学校まとめ

そもそも”カリキュラム”とは??


 

 

セブ島の語学留学にあたって、”カリキュラム”という言葉を聞く機会があるかと思います。
大学生の方は大学でもカリキュラムの選択など、ありますよね!

 

しかし、当たり前のように書かれていますが、カリキュラムって一体何?
セブ島での語学留学をするにあたって、重要な言葉であることは確かですよね。
ということで、まずはカリキュラムについてご説明していきたいと思います!

 

そもそもカリキュラムとは「語学学校が目指す、学生に身につけて欲しい知識・能力をどのように取得するのか示したもの」です。

つまりカリキュラムによって、身につけることができる英語の方向性は様々と言うこと!

 

例えば・・・

 

・TOEIC・TOEF・IELTS対策

 

 

TOEIC(トーイック)とは、ビジネスの場や日常生活での会話や文章でのやりとりといった英語能力を測るためのもの!
就活や転職時にTOEICスコアが大切という話はよく聞きますよね。

 

TOEFL(トエフル)は、アメリカ大学出願に有効なテスト。
アメリカ大学留学に関してはTOEICではなくTOEFLが必要となります。

 

IELTS(アイエルツ)はアメリカ以外の進学・移住を目指す人に必要な資格。
現在、イギリスへのビザ申請にはIELTSしか使えなくなりました!
IELTSは世界的に見ると受験者数がTOEFLよりも多く、多くの国で進学、移住に使うことができるテストです。
また、最近ではアメリカへの進学でも徐々に使う事ができるようになってきています。

 

英語に関する資格を取る事が目的の方は、これらの試験対策に特化したカリキュラムがある語学学校を選ぶことをお勧めします!

 

・スピーキング力を伸ばす

 

 

英語でコミュニケーションを取るため、実践的な会話力を伸ばしたい!
そんな思いで留学に来る方も多いですよね。

スピーキングに特化したカリキュラムも、セブ島の語学学校には数多くあります♪
更に、英語が第二言語のフィリピン・セブ島留学では”生きた英語”を使う機会がたくさんあるのでアウトプットにも最適!

 

このように、セブ島での語学留学の目的は人によって様々ですよね。

これからご紹介する語学学校は、どこもそれぞれこだわりのあるカリキュラムを学生の皆さんに提供している語学学校です!
是非、ご自身の目的に合った語学学校を見つけてくださいね♪

 

 


【セブ島留学】目的に合わせた英語力を伸ばそう!独自のカリキュラムを誇る語学学校まとめ

独自のカリキュラムを誇る語学学校


 

 Cebu English Academy (CEA) 

 

 

帰国後にTOEICやTOEFLなどの試験で結果を出さなくてはいけない人にオススメのCEA!

入学時の試験で苦手な分野を徹底的に分析するので、CEAなら効率的に英語を伸ばすことが可能なんです。

また、会社でも使われる英語の能力を測る指標の一つ、CEFR(Common European Framework of Reference / ヨーロッパ言語共通参照枠)を用いた評価を行っているので、学生だけではなく社会人の方にもオススメ。

早速、CEAの1番の特徴でもあり、最大の魅力でもある「結果にこだわる英語学習」を見ていきましょう!

 

1.入学時に生徒1人ひとりを徹底的に分析する

 

 

CEAでは入学時に行うテストで生徒さんの英語能力をリーディング(reading)・リスニング(listening)・ライティング(writing)・スピーキング(speaking)の4種類で評価します。

 

他の語学学校も同じようなテストを行いますが、CEAでは従来の4種類をさらに細分化して生徒さんの苦手分野を徹底的に分析!

 

例えば、リーディングスキルでは単語、文法にイディオムなど何種類にも及び分野ごとにレベルチェックを行っているとか。
そうすることで、何が苦手で点数が伸びないのかを明確にできるので、より効率的に語学力を伸ばすことができるんですね。

 

 

また、CEAでは入学時にアンケートを取り、生徒1人ひとりが目指したい目標を明確に設定ます。
スピーキングを伸ばしたい人は、スピーキングに特化したカリキュラムを組んでくれたりと、個人に合った最適なカリキュラムを組んでくれます。

 

さらに、このアンケートは目標だけではなく普段の英語に対する姿勢にも言及!
そうすることで、今まで以上に意識して英語学習に取り組むことができるんです。

 

2.生徒のレベルに合わせることができる豊富な教科書

 

 

CEAでは1人ひとりのレベルに合う最適な教材を選んでくれます。
その種類はなんと75種類以上!

 

これは豊富にテキストを用意しているCEAだから可能なんです。
最適な教材を選ぶことで、英語のスキルを最短で着実なレベルアップにつながります♪

 

また、多くのテキストはCEAの優秀な先生達がミーティングを行い、作成したCEAオリジナル。
長年に渡り教えてきた、先生たちの経験をもとに作成されたオリジナルテキストは、非常に実用的です。

 

3.定期的にテストとカウンセリングを実施

 

 

CEAでは1カ月に1度レベルチェックテストを行っています。

1カ月の間にどのスキルが伸びたのか?
どのスキルに伸びしろがあるのか・・・
などを正確に把握することができ、より効率的な学習を実現できます。

 

また、テスト結果はグラフ化され生徒さんが自分の成長を可視化できる!
成長を目に見える形で実感できるので、生徒さんのモチベーションアップにもなりますね。

テスト結果をもとに行われる1カ月に1度のカウンセリングは、何を勉強すれば自分が望む成長が出来るのかをCEAのスタッフが丁寧に教えてくれます。

 

4.義務自習時間を取り入れて、知識の定着を図る

 

 

英語の上達への近道の一つは、その日のうちに学んだことを復習すること!

そのため、CEAでは午前中に1コマ・午後に1コマと、義務自習時間を設けています。

自習時間を義務化することで必ず、毎日復習をする時間を確保しているんですね。

 

セブ島の語学学校の中には、この復習の時間を個人の裁量に任せている学校もあり、人によっては復習をしない人もちらほら。

(せっかく覚えたのにもったいないですよね…)

 

英語の定着率や上達度を研究し尽くしたCEAだからこそ、復習することの大切さを知っているんですね。

CEAではこの義務自習時間を含め、間違いない結果を出せるカリキュラムが組まれています。

義務学習時間は学習の定着率を高めるミソ。

結果にこだわるCEAでは復習を義務化し、せっかくの留学を無駄にさせない、納得いく結果を出す仕組みがあるのです。

この復習を大切にするカリキュラムこそが英語学習で圧倒的な差がつくポイントですね。

 

5.なんとオプショナルのグループクラスが受け放題!

 

 

CEAでは自分のカリキュラムの空き時間でオプショナルグループクラスに参加することができます。
スピーキング・リーディング・ライティング・グラマーの4種類を受け放題

 

自分が受講しているグループクラス以外にも好きなジャンルのオプショナルグループクラスを受講することが可能。
事前にスタッフに相談する等の手続きも必要なく、行きたい時に参加するだけなのでいつでも気軽に受けられるんです♪

 

グループクラスの良いところは、他の生徒さんと一緒に受講することで教えあったり、新しい気付きを得られるところ。
強制参加ではないので、自分のその日のコンディションやモチベーションによって参加できるところも良いですね!

 

6.完全English Only Policy (EOP)を導入!

 

 

イングリッシュオンリーポリシー(English only policy / EOP)とは、学校内で英語しか話してはいけないという制度。

 

この制度は、学んだ英語を積極的に使ってアウトプットが出来たり、日常的に英語を使う習慣が身につくのでとっても効率的!
一方で、EOPがあることで無言になってしまう人がいたり、友人の誘惑で母国語を話してしまったりと様々に問題があります。

そのため、いくつかの学校では希望者のみ参加するという形を取っているところも・・・

 

しかし、CEAはその問題をスタッフの努力により解決。
平日の日中は17時まで母国語を話してはいけない、全生徒対象の完全EOPを導入しています。

 

具体的な取り組みとしては、スタッフが積極的に英語を話せていない生徒さんに声掛けを行ったりすること。
その影響で生徒さんが活発にEOPに参加するようになっているんです。

また、全員参加型のEOPにすることで母国語を話してしまう誘惑を無くしたり、ペナルティを明確に設けることで完全EOPを実現しています。

 

7.TOEIC・TOFLEの専門コースが充実!

 

 

CEAのコースの中でも特徴的なのが、TOEIC・TOFLE専門コース

 

TOEIC・TOFLEコースは他の語学学校にもありますが、グループクラスでしか勉強しないところが多い・・・
しかし、CEAならマンツーマンレッスンもTOEIC・TOFLEの勉強ができます。

TOEIC・TOEFLコースの専門の先生が、解き方やノウハウを徹底的に教えることで、確実にスコアを上げることが可能です!

 

 

Cebu English Academyをもっと知りたい!
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック!


この記事を読めばCebu English Academyを完全網羅!
【セブイングリッシュアカデミー】セブ島でやれば上がる英語力!結果にこだわる留学で英語を伸ばそう

 

 


 

  MeRISE English Academy(ミライズイングリッシュアカデミー・旧 MBA) 

 

 

”オトナ留学”として有名な、MeRISE English Academy(ミライズイングリッシュアカデミー・旧 MBA)!

”オトナ留学”とは、今までの語学留学とは異なり、新たなキャリアアップを目的とした社会人を限定に、語学習得のみならずビジネスでの出会いや学習環境にも徹底的にこだわった新しい英語留学の形。

フィリピンの語学学校で唯一、社会人(ならびに社会人経験者)に特化した学校です。

そのため、多くの社会人が集う場所として人脈が広がっていくことも。

ここでの出会いをきっかけに卒業生同士で仕事のつながりができたり、ビジネスを始めたりするケースも多いそうです。

(社会人であれば、20代の方でも入学可能です。)

 

1.生徒一人ひとりとしっかり向き合うコアティーチャー制度

 

 

MeRISE English Academy(旧 MBA)では生徒さん一人一人に対して、留学中の英語力向上に責任を持つ、担任(コアティーチャー)制度を採用しています!

生徒さん一人に付き、専任のティーチャー(担任)が必ず一人付く制度です。

この担任の先生が他の講師の授業内容、学習状況、学習レベルなどを全て把握。

そのため、本人の要望に合った体系的な授業プランを組み立てることができます。

しかも、講師陣は外国人に英語を教える国家資格TESOLを保持し、定期的な勉強会やトレーニング等で常に最新の英語学習法を身に付けているそう。

これなら安心して授業を任せることができますね。

 

2.一人一人に合わせたフルオーダーメイドのレッスン

 

 

MeRISE English Academy(旧 MBA)では生徒1人1人に合わせたカリキュラムを作るため、教科書は用意されていません。

色々な職種があるのと同じように、英語の用途も人それぞれ。

現状のニーズや英語を使用するシーン、弱点などにあわせて一人一人へ独自のカリキュラムを作成します。

たとえば、営業職であれば取引先との会話で使えそうなフレーズや、海外の方と会議をする人は会議でよく使用する英会話などなど・・・

社会人向けの留学だからこそ、その人の目的に合った内容で授業を行うようになっています。

 

3.講師同士の連携で生徒の進行状況をシェア

 

 

MeRISE English Academy(旧 MBA)では、1時間目から6時間目まで別々の講師が担当しますが、講師同士でしっかり連携をとっているため生徒さんが前の授業で何を学んだかもシェアされています。

一人一人の進行状況を講師同士でシェアしてくれているので、状況に合わせベストな授業内容で進めることが可能です。

 

4.忙しい社会人でも留学可能な最短一週間のプラン

 

 

ビジネス英語が求められる一方、まとまった時間を取ることが難しい方も多いですよね。

そんな方のためになんとMeRISE English Academy(旧 MBA)では、最短一週間から短期留学ができます!

忙しい社会人にとって一週間という短期間から留学できるのは嬉しいポイント。

ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの連休を利用して、1週間〜10日間留学される方も多いんです。

「英語は必要だけど時間の余裕がない」と諦めていた方も、MeRISE English Academy(旧 MBA)でなら気軽に留学できますよ♪

 

5.日本の姉妹校で留学前&留学後も勉強できる

 

START-UP ENGLISH 渋谷校

 

MeRISE English Academy(旧 MBA)ではセブ島の語学学校のみでなく、姉妹校として日本でフィリピン人講師が教える英会話スクール”ミライズ英会話”(旧 START-UP ENGLISH)を東京・横浜近郊で8校運営しています。

こちらの日本の校舎で留学後も授業の続きを受けることが可能!

また、日本で “セブ島留学ってどうなの?” と不安に思っている方への入口としても最適で、セブ島留学の前後サポートをしっかりと行ってくれます。

留学前に英語を伸ばしておきたい・・・!というセブ島留学の前に通っている人も少なくないそう。

さらにはオンライン英会話もやっているので、セブ島の語学学校×日本の英会話スクール×オンライン英会話と連携が取れるのもMeRISE English Academy(旧 MBA)のポイントの一つ!

海外でも日本でもどこにいても英語に触れられる環境を提供しています。

 

 

MeRISE English Academy(旧 MBA)をもっと知りたい!
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック!


この記事を読めばMeRISE English Academy(旧 MBA)を完全網羅!
【セブ島で留学】社会人専門の語学学校”オトナ留学MBA”に迫る!

日本の姉妹校・ミライズ英会話(旧 START-UP ENGLISH)についてはこちら!
【ミライズ英会話】オシャレな英会話スクールで留学前後に英語力を伸ばす!

 

 


 

 CAEA カエア(Cebu American English Academy) 

 

 

生徒の95%が社会人のカエア(Cebu American English Academy)。
日本人経営のホテルHotel ASIAに併設しており、社会人でも満足した環境で勉強に集中できるようになっています。

カエアではあらかじめ決められたカリキュラムではなく、講師と毎週相談した上でオリジナルプランを作成するので、英語超初心者でも安心。

一人ひとりのレベルや弱点、苦手項目などに対し、より効果的なアプローチを試みます。

また、カエア独自のスピーキング中心のカリキュラムは実用性・確実性のあるカエアならではの特別カリキュラム!

早速見ていきましょう♪

 

1.広々とした教室で安心のマンツーマンレッスン

 

 

セブの語学学校では1つの広い部屋にマンツーマン用のブースがいくつも並び、そのブースの中で授業を受けるスタイルが一般。

しかし、カエアではそういったブースではなく、きちんとした教室でマンツーマン授業が受けられる形となっています。
教室内も一般的な語学学校の教室と比べると、カエアは2倍くらいの広さがあり、窮屈さを感じさせません。

 

2.スピーキングに特化した授業・設備

 

 

カエアではスピーキングに力を入れた授業が多く、会話の時間がたくさん!
 
また、カエアのすべての教室には音響対策が施されているので、他クラスからの話し声が一切聞こえません。
自分の声が漏れることもないので、発音練習の授業でも周囲を気にすることなく大きな声を出すことが出来ます。
発声の際に声量に気を使わなくて良いのは、ストレスを感じなくのびのびと学習できますね♪
しっかり”話す”(スピーキング)、”聞き取る”(リスニング)、さらにスピーキングとリスニングの両方の力を上げる”発音”(プロナンシエーション)。
この三つを軸に、カエアでは「会話する」ことに重点をおいた独自の授業を提供しています。
スピーキング力をグングン伸ばすカエアオリジナル学習法の動画が、以下の公式サイトよりご覧になれます!
https://caea-ph.com/

 

3.少人数だからこそ実現する質の高い講師

 

 

カエアの先生たちは、空き時間には生徒達に教えるための新しいカリキュラムを考えたり、トレーニングを行ったり、常に講師としての質の向上のための努力をしています。

カエアでは、完全マンツーマン授業を取り入れているため、先生1人ひとりの質を大切にしています。
厳しい採用基準を設けており、それをクリアした優秀な先生のみ採用。

 

 

各講師の毎日の指導内容やトレーニング内容は講師によって帰宅前に提出され、アドミンスタッフが翌日までに内容をチェックします。
また、生徒からの評価を基に日本人スタッフとアドミンスタッフが講師を定期的に査定します。
語学学校としては珍しく、全員参加の朝礼と終礼があり、その場で伝達事項や講師への指示・指導が直接行われます。
講師と密で頻繁なコミュニケーションを取ることで、フィリピン留学で良く言われる「先生の当たり外れ」を防ぐ対策をカエアでは整えています。

 

4.8種類+カエアオリジナルのテキスト

 

 

カエアでは、8種類のテキスト+カエアオリジナルのテキストを用いて勉強を行います。

カエアは、スピーキングを重視したカリキュラムになっているので、テキストも「英語を話す」ためのものが多いです。

 

 

画像のテキストは、スピーキング力を伸ばすことに特化した、カエアで一番人気のオリジナルの教材です。

7つのレベルに分かれているので、それぞれに合ったレベルのテキストを選び、勉強していくことが出来ます。

さらに、カエアでは日本人スタッフがいつでも親身になってカリキュラムの相談に乗ってくれるので、自分に1番合うカリキュラムを組めます。

※カエアには日本語で対応できるスタッフが常時2名以上います。
対応可能時間(月~土曜日 8~17時)

 

カエア(Cebu American English Academy)をもっと知りたい!
絶対読んでおきたいこちらの記事もチェック!


この記事を読めばCAEAを完全網羅!
【カエア(CAEA)】 スピーキング特化留学!10回以上のシニアリピーターも!フィリピン唯一、ホテルと日本食レストランも経営している語学学校!

カエアスタッフから学ぶ勉強法!
【セブ島留学】英語が話せるようになる!留学前〜留学後までの勉強法のポイント教えます。

 

 


【セブ島留学】目的に合わせた英語力を伸ばそう!独自のカリキュラムを誇る語学学校まとめ

まだまだある!独自のカリキュラムを誇る語学学校


 

・セブ島・日本人経営の語学学校のパイオニア的存在
英語脳を作る訓練をするカランメソッドを取り入れたカリキュラムが特徴!

QQ English(ITパーク校・シーフロント校)

 

・英語プラスIT、ビジネスのスキルを学ぶ日系の語学学校
就職、転職、企業サポートも提供!

ACT HOUSE CEBU

 

・セブ郊外にあるリゾートタイプ、スパルタタイプの韓国系語学学校。
会話重視のカリキュラムが特徴です♪

APiELSA

 

・アットホームな韓国系語学学校
豊富なコースが特徴で、ビジネス英語、各試験対策、スペイン語、中国語、韓国語コースまで!

NLS(エヌエルエス)

 

・高級コンドミニアム内にある設備の整った日系語学学校
マンツーマンが多めで、ビジネスや試験対策など専門学習に力を入れています。

Brilliant Cebu English Academy

 

・中規模のスパルタ・韓国系語学学校
スピーキング専門のスパルタ校で、母国語禁止ルールも徹底されているハードな内容が特徴!

Cebu English Language Center

 

・設備の充実した韓国系語学学校
マンツーマンに特化したカリキュラムで、ネイティブ講師のレッスンが必修科目となっているのが特徴です。

CIJ Academy Classic 

 

・設備の整った韓国系語学学校
こちらの校舎はリゾートタイプとなり、テスト対策やビジネス、進学対策など多彩なコースがあります。

English Fella 1 

 

・セブで数少ないアメリカ系の小規模語学学校
必ずネイティブマンツーマンが含まれ、またセブで唯一アメリカ人講師宅にホームステイできるのが特徴!

Ethos Language School

 

・医療英語に強い日系の語学学校
一般英語からビジネス英語やIELTS など専門コースに力を入れています。

Happy Life Cebu Academy 

 

・ホテル一体型の日系語学学校
日本人向けの TOEIC 学習を意識したカリキュラムが特徴!

ZEN English

 

・セブに三つのキャンパスを持つ日系語学学校
キャンパス毎に特徴が異なる、日本人に特化した実践的な内容、特にTOEIC に強いカリキュラム♪

Souspeak(オロジナル校、プレミアム校、EOP校)

 

・大規模な韓国系語学学校
3校舎にてTOEIC・TOEFL の試験対策、IELTS の試験対策・親子留学、欧米進学用と分かれています!

SMEAG(キャピタル校、クラシック校、スパルタ校)

 

・マンツーマンレッスン重視の日系語学学校
マンツーマンを自由に組み込め、会話中心のカリキュラムです♪

NILS(ニルス)

 

・英語でITが学べるセブで日系唯一の語学学校
WordPressやHTML、CSSなどのウェブ系知識からグラフィックまでを英語で学べます!

Kredo

 


【セブ島留学】目的に合わせた英語力を伸ばそう!独自のカリキュラムを誇る語学学校まとめ

まとめ


 

いかがでしょうか?

語学学校と一言で言っても、それぞれの語学学校こだわりのカリキュラムがあります!

是非、ご自身のセブ島留学の目的に合った語学学校を選んで、充実したセブ島留学にしてくださいね♪

 

 

今回の記事で紹介した語学学校一覧


・Cebu English Academy(CEA)

この記事を読めばCebu English Academyを完全網羅!
【セブイングリッシュアカデミー】セブ島でやれば上がる英語力!結果にこだわる留学で英語を伸ばそう

 

・MBA(Master of Business English Academy)

この記事を読めばMBAを完全網羅!
【セブ島で留学】社会人専門の語学学校”オトナ留学MBA”に迫る!

 

・CAEA カエア(Cebu American English Academy)

この記事を読めばCAEAを完全網羅!
【カエア(CAEA)】 スピーキング特化留学!10回以上のシニアリピーターも!フィリピン唯一、ホテルと日本食レストランも経営している語学学校!

カエアスタッフから学ぶ勉強法!
【セブ島留学】英語が話せるようになる!留学前〜留学後までの勉強法のポイント教えます。

・QQ English ・ITパーク校
この記事を読めばQQ English・ITパーク校を完全網羅!
【QQEnglish ITパーク校】セブ島留学の最大手が見せるこだわり。人気の秘密を徹底調査!

 

・QQ English ・シーフロント校
この記事を読めばQQ English・シーフロント校を完全網羅!
【QQEnglishシーフロント校】留学もリゾートも楽しめる、贅沢セブ島留学をするならココ!

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone