セブの山・ブサイエリアに出かけよう!山で楽しむアクティビティ編

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

セブ島というと海のイメージが強いですが、実はセブの山も見どころ満載なんです。

セブ市の中心から1時間ほどで行けちゃう緑豊かなセブの山エリア、”ブサイエリア”。

 

最近は、このあたりに週末のお出かけにぴったりなおしゃれスポットが続々登場中!

 

大きなエリアなのでA・B・Cの3エリアに分けて順次、紹介していきます♪

 

 

前々回はブサイエリアの中でもおしゃれなカフェやレストランが集う、”ブサイエリアA”をご紹介。

詳しくはこちら「セブの山・ブサイエリアに出かけよう!おしゃれなカフェ・レストラン編」

 

 

 

 

また、前回は今話題のおしゃれなレストランが続々オープンしているトップスエリアとフラワーガーデンがある”ブサイエリアB”も紹介しました♪

詳しくはこちら「セブの山・ブサイエリアに出かけよう!今話題のトップスエリア・フラワガーデン編遊ぶ」

そして今回はブサイエリア最終編!

 

ついにジップラインやスカイバイクなど山ならではのアクティビティーが楽しめる”ブサイエリアC”へ突入。

ぜひ、山だからこそトライできるアクティビティーにトライしてみてくださいね♪

 


\セブの山、ブサイ・バランバンエリア/

セブの山ってどこにあるの!?


 

 

※クリックして拡大

 

そもそも、セブの山エリアってどこにあるんでしょう?

セブの山エリアはセブ市内の西部に位置し、「ブサイ」から「バランバン」と呼ばれる地域に続いています。

 

 

 

セブシティのビジネス街・ITパークから車で10分ほどのところにある、中規模モール「JYスクエア モール」の周辺が山のふもとです。

JYスクエアモールを左手に見て右に曲がり、マルコポーロプラザホテルに向かっていくのがブサイエリアの入り口です。

 

早速、みてみましょう!

 

 

ー ブサイエリアC ー

 

※クリックして拡大

 

今回、ご紹介するのはブサイエリアから先のバランバンエリアにも及ぶ、セブの山頂・セブ市の隣町バランバンに入った辺りまで。

「ブサイエリアC」はブサイエリアで有名なフラワガーデンがあるところからバランバンエリアまで。

 

ジップラインにスカイバイク、キャンプ場など大自然で遊べるアドベンチャーパークに、ツーリングライダー御用達のカフェ、ストロベリーファームなど盛りだくさん!

 

ぜひ、家族や友達と一緒におでかけしてみてくださいね。

 


\ジップラインが気軽に楽しめちゃうカフェ/

①Adventure Cafe and Zipline(アドベンチャーカフェ アンド ジップライン)


 

ここは、”ジップライン”に挑戦できるアドベンチャーなカフェ!

ジップラインとは、ワイヤーロープを滑車で滑り降りていくスリル満点のアクティビティーのこと。

 

 

大人も子どもも一緒に楽しめます♪

 

 

お子さんの身長によっては、大人と一緒に2人で乗ることも。

 

 

 

180フィートの高さから向かいの山の峰まで約260mの距離を一気に駆け抜けます!(ジップライン料金 P205/名)

 

ジップラインの他にも、カフェの建物の壁をつたっていくウォールクライミングや、滝や洞窟に行く探検ツアーにも参加できるんだとか。

 

 

遊んだ後は、建物内にあるカフェエリアでほっと一息。

フィリピン料理やコーヒー、パンケーキなどのちょっとしたカフェメニューが食べられます。

 

休日は多くの人で賑わう人気のスポットです!

 

Adventure Cafe and Zipline


0998-599-9722
7:00-19:00 (ジップライン 7:00-18:00)

 

 

 


\自然あふれる山に囲まれたリゾート/
②West 35 Eco Mountain Resort(ウェスト35 エコマウンテン リゾート)



セブの西部・バランバンの山を360度見渡すことができる、山に囲まれたリゾート。

 

敷地内には子ども連れに嬉しいプレイグラウンドトレッキングコース、300mのジップライン・・・

 

さらに、リゾートの最上階には展望台もあり!

 

 

リゾート内のレストランでは、ここで育てられたオーガニック野菜を使用した料理が味わえるそう。

野菜の育ちやすい、山にあるリゾートだからこそのこだわりですね♪

 

 

なんと、こんなお洒落な宿泊施設まであるんです!

大自然が一望できる客室でのんびり過ごせるのも魅力的!

 

West 35 Eco Mountain Resort


032-520-2633 

 

 


\ツーリングライダーが集う、アンティーク調の休憩ポイント/

③D’ Village Antique House(ディー ヴィレッジ アンティークハウス)


 

マウンテンツーリングライダーが集う、人気の休憩ポイント。

休日になると、建物の目の前に市内から来た多くのバイクがずらりっ!と並びます。

山のツーリングは、長旅になるのでここで休憩をとるのが彼らの通例になっているとか。

 

 

 

こちらの建物は名前の通り、昔ながらのアンティーク調の建物やインテリアが特徴的!

落ち着きのある、どこか懐かしい雰囲気が漂います。

 

 

1FにはBBQなどのフィリピンのローカル料理を販売。

売店でちょっとしたスナックやドリンクも買うこともでき、建物の中で食べることができますよ♪

 

D’ Village Antique House


0906-299-0215

6:00-22:00

 

 


\スカイバイクに乗馬からキャンプまでできる!アドベンチャーズパーク/

④Mt. Manunggal Eco-Adventure(マウント マヌンガル エコ アドベンチャーズ)


 

フィリピンルソン島北部、標高1,500の都市”バギオ”を意識して造られたアドベンチャーパーク。

そのため、Baguio De Cebu Eco Adventure Park(バギオ デ セブ エコ アドベンチャーパーク)とも呼ばれています。

 

なんと、セブで一番背の高い山・マヌンガル山の山頂近くに位置しているんだとか。

 

 

おすすめは何といっても山の絶景が眺められる、スカイバイク!   (料金 P150/名)

ワイヤロープの上を自転車で漕ぐアクティビティで、まるで空中に浮いているような不思議な感覚なんです。 

 

もちろん、お子さまもスカイバイクに挑戦できますよ♪

※ただし、身長制限があり、ペダルに足が届かないお子さまは乗れません。

 

 

他にもなかなか日本じゃ気軽に体験できない、乗馬も。(料金 P150/名)

大自然の中を馬に乗ってお散歩です♪

 

 

さらには、広々としたキャンプ場もあり!

テントを借りてのんびり過ごせます。

(料金 キャンピングP50、テントP300)

 

 

それから、キャンプ場の先にある山道を10分ほどかけて登っていくと・・・

 

 

展望台に到着・・・!

山の景色をバックに記念に1枚♪

(料金 展望台P50)
 

 

展望台からはセブ全体の景色が一望できるんです!

また、マヌンガル山の頂上まで行く、トレッキングもありますよ。

(料金 トレッキングガイド料 P400

 

Mt. Manunggal Eco-Adventure


8:00-17:00

 

 


\ブサイの隠れ家リゾート!ガーデンから畑まで/
⑤Adlawon Vacation Farm(アドラオン バケーション ファーム)


 

メインロードから離れた、山の奥にある隠れ家リゾート・・・!

ここは都会の喧騒から離れ、静かに過ごしたいという人におすすめの穴場。(料金 入場料P100)

 

 

 

広大なリゾートの中には庭園や新鮮な野菜が採れる菜園に、アスレチックスペース・・・

 

 

 

木のぬくもりあふれる、こんな素敵なレストランまであります♪

 

 
ここでは日本人好みの、ヘルシーなフィリピン料理が食べられます!

 

 

エントランス近くにある、メインの建物は2階にレストラン、1階が宿泊施設に。

 

 

 

P4,000(1部屋2名 朝食付き)で泊まることができますよ♪

 

 Adlawon Vacation Farm


0928-218-6094、0942-266-73925

10:00-2:00

 

 


\セブ市の山のふもとから21km地点にある、コーヒーショップ/

⑥21 Kilometers Coffee(トゥウェンティ−ワン キロメーターコーヒー)


 
セブの絶景を、こだわり抜いたコーヒーとともに堪能できるコーヒショップ。

セブ市内の山のふもと、JYスクエアモールあたりより21kmのところに位置していることからこの名前がついたとか!

 
コーヒー豆はセブ市内で焙煎されたもので、イチオシは日替わりの”HandBrewCoffee”。

セブの山の景色を眺めながらコーヒーを飲むことができる贅沢!

他にも、ハンバーガーや自家製ケーキ、クッキーなどもありますよ。

 

 

緑色の外観が目印です♪

 

21 Kilometers Coffee


0999-923-5477

7:00-19:00(Tue Closed)

 

 

ー 他にもあるブサイエリアCのおすすめ!  ー

 


\フィリピンの避暑地を模したフラワガーデン/

A:Florentino’s Little Tagaytay of Cebu(フロレンティーノリトル タガイタイ オブ セブ)


 



 

フィリピンルソン島にある避暑地”タガイタイ”を模したフラワガーデン。

色鮮やかな花々を見ることができます。

 

入場料P50で入れるので休憩がてらに寄ってみてもいいですね。

 

Florentino’s Little Tagaytay of Cebu


0926-296-7629

7:00-19:00  

 

 


\セブでは珍しいイチゴ農園/

B:Strawberry de Cantipla Eco Farm(ストロベリー デ カンティプラ エコファーム)


 

 

セブでは珍しい、シーズンを問わずイチゴが楽しめるストロベリーファームがブサイエリアに!

1ヘクタールの土地に5000鉢のオーガニックのイチゴが植えられているんだとか。

 

園内にあるお店では、ストロベリーパンケーキやシェイクなども味わえます♪

 

詳しくはこちら「【セブ島でいちご狩り&フラワーガーデン】休日おでかけはセブの山の手へ♪」

 

 Strawberry de Cantipla Eco Farm


0919-231-7924
8:00-19:00

 

 

 


 

いかがでしたか?

 

3編によりお届けしましたが、気になるスポットや行ってみたいカフェやレストランはありましたか?

セブの山には、山ならではのアクティビティに、大自然あふれるリゾート、フラワガーデンなど見どころがこんなにたくさん!

ぜひ、セブポットを片手にセブの山エリアに遊びに行ってみてくださいね♪

 

 
 

セブの山!ブサイエリア特集


おしゃれなカフェ・レストラン編 「セブの山・ブサイエリアに出かけよう!おしゃれなカフェ・レストラン編」

今話題のブサイエリア・フラワガーデン編 「セブの山・ブサイエリアに出かけよう!今話題のトップスエリア・フラワガーデン編」

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone