マクドナルドよりも大人気!?フィリピンのファストフードとは!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone

 

日本の人気ファストフードと言ったら、”マクドナルド”や、牛丼の”すき家”。
でも、フィリピンのファストフードって一体どんなもの?
1度は食べてみたい!

という事で今回は、フィリピンでよく見かける ”マクドナルドよりも人気のファストフードたち”をご紹介します♪


Jollibee(ジョリビー)


 

まずはこちら!
フィリピンに来たら「必ず」と言っても過言ではないほど、目にするこのキャラクター。

なにこれ?蟻?え?蜂?
そうです。赤いミツバチのキャラクター!その名も”Jollibee

 

Jollibeeとは・・。

創業は1975年、元々はアイスクリーム店であった、フィリピン華僑のトニー・タンが率いるジョリビー・フード・コーポレーションが運営する、フィリピン発のファストフードチェーン店。
現在、フィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビア等に進出しており、日本進出も予定している。(2018年予定?)

 

( 引用元:Wikipedia )

 

Jollibeeの公式Facebookによると、2016年2月にルソン島バウアンに996店舗目を出店したとのことで、まだまだ勢いが止まらない様子です!

 

 

 

いつ行ってもこの奇妙な・・笑顔で出迎えてくれる。
何度か見ているうちに愛着が湧いてくる顔です。

大きな店舗では、等身大ジョリビーが立っているので記念撮影は必須!

 

 

では、メニューをチェックしてみましょう♪

1番人気メニューはど真ん中にドーンッと出ているフライドチキン

 

Chikenjoy P82(約187円)
ドリンク付きの場合はP90(約206円)

 

フライドチキン(オリジナル or スパイシー)と、右の包みは”RICE”です
間にある、丸い容器はチキンに付けるグレイビーソース。
(私は、ご飯にグレイビーソースをかけて食べるのがおすすめ)

 

日本人の感覚では、「え!?ファストフードでご飯?」というイメージですよね。

フィリピン人の主食はで、1人当たりの年間消費量は日本人70kgに対し、フィリピン人145kg!!
そう、フィリピン人はをこよなく愛する人々なのです。

 

 

また、ジョリビーではこのマスコットキャラクター「ジョリビー」を呼ぶことが可能!!
(子どもの誕生日会などで利用されています。)

お値段はまさかの、P1500!(約3418円)なんて破格!
しかも、こいつはものすごくダンスがうまい!

この値段なら1度は呼んでみたいものですね♪

 


Mang INASAL(マンイナサル)


 

”Mang”はタガログ語でミスター、”INASAL”は丸焼きの意味。
要するに「ミスターBBQ」とゆうことなのです!

それでは、「ミスターBBQ」でどんなBBQが頂けるのかメニューを見てみましょう。

 

 

真ん中にあるのが人気メニュー!

こちらでもチキンですね。
フィリピン人はチキンとライス無くしてご飯と言わないのか、と疑ってきます。

 

PM1(paaunli rice ドリンク付 P121(約277円)

 

こちらのPM1の”paa“というのは、もも肉。
PM2の”pecho“は手羽先から胸肉のこと。(P133 ドリンク付)

 

チキンの味は日本人好みで、ディズニーランドのチキンレッグのような程よい甘さ♪
それに、醤油、辛い油、ビネガー、唐辛子、カラマンシー(レモンのようなもの)をお好みでつけて食べます。

 

 

マンイナサル最大の魅力がこちら!!
Unlimited RICE(ご飯おかわり無料)なのです。

先ほどの値段を覚えていますか?
日本円で約277円で、飲み物まで付いてきてご飯おかわり無料
何度も言いたくなるほど安くてお得!

 

 

おかわりをしたい際は、手をあげればバケツを持ったスタッフが席まで来てくれます♪
(カップを持っているので、半分でいい場合は「ハーフライス」と伝えてください。)

男性は5杯ほどおかわりするのが普通だそうです・・さすがお米大国。

 

「ご飯は1杯で十分だよ!」という女性には、もちろんあります!「PM1 1rice P99」
※普通に「PM1」と注文すると、自動的にUnli riceになってしまうので注意してください。

 


Chowking 超群(チョウキン)


 

フィリピンの中華ファストフードといえば、「チョウキン

実は、前述の「マンイナサル」と「チョウキン」はジョリビーと同じ会社!
フィリピンはジョリビーに完全に支配されています。
そりゃあ、マックの入る隙なんてありませんね。

 

 

チョウキンのメニューはこちら!

またしても、フライドチキンがありますが・・今回はチキンではないものを紹介しますw

 

PORK CHAO FAN with Siomai ドリンク付き P92(約209円)

 

こちら炒飯に(乱雑に)揚げシュウマイが乗っている「Chao Fan」

炒飯は濃すぎず日本人好みの味で美味しいですが、シュウマイは日本のシュウマイとは違い、肉肉しい感じがあります。

 

Meaty Wonton Mami P58(約132円)

 

私が好きなのはこちら!

塩ラーメンに茹でシュウマイが入ったようなもので、あっさりとしたスープがクセになります♪
量が少ないので、他にも何か頼むのがおすすめ。

 

Halo-halo P53(約120円)

 

チョウキンの1番のおすすめが「ハロハロ」!

ハロハロとはフィリピンのカキ氷で、紫芋のアイスクリームにマンゴー、バナナ、ナタデココ、ゼリー、プリン、豆などがトッピングされたものです。
ファストフード店にはそれぞれハロハロがありますが、チョウキンのハロハロが1番美味しいとローカルの人もおすすめするくらい!

大きさもちょうどいいので気軽に試してみてください♪

 


J.CO(ジェイコ)


 

インドネシア発のドーナツ&コーヒーショップ「J.CO

フィリピンには、日本でもお馴染みの「ミスタードーナツ」や「クリスピークリーム」もあります。
この「J.CO」は日本未上陸ということなので、少しご紹介します♪

 

 

ドーナツは約30種類!
1つP42(約95円)少し日本より安いですね。

1ダースでP380(1つあたりP31)、2ダースP625(1つあたりP26)
1ダース以上買うとかなりお得です!!

 

 

フィリピンでは、誕生日やクリスマスなど、お祝い事にドーナツをたくさん買いみんなで食べます。

なので、イベントの時期はすごくドーナツ屋さんが混んで、ドーナツが無くなることも多々!
(ドーナツ屋さんでドーナツ無いって、じゃあ何売るの?って感じですが・・・。)

 

フィリピンでは、「ミスタードーナツ」「クリスピークリーム」よりも人気の「J.CO」。
日本にはないドーナツを是非♪

 


McDonalds


 

そして最後に、もちろんあります!マクドナルド!

マクドナルドは、国によってご当地メニューがあり、例えば日本だと「てりやきバーガー」がありますよね。
それでは、フィリピンのご当地メニューは何でしょう?

 

 

日本のマクドナルドでは、絶対に見ることのできないご飯とセットのメニュー!
もちろんハンバーガーもありますが、店内を見る限りハンバーガーを食べている人は2割ほど・・・

 

CHICKEN McSAVERS P99(約227円)

 

1番人気メニューは、やはりフライドチキンです。
(ハンバーグとライスのメニューもありローカルには人気ですが、日本人好みの味ではないのでおすすめしません。)

 


まとめ


▷ フィリピンのファストフードは「ジョリビー」の会社が8割を握っている!

▷ フィリピン人のごはんは、お米とチキン無くしてあらず!

▷ とにかく安く美味しく満足できる!

 

旅行・留学に来た際には1度お試しください♪

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone