フィリピン・セブ島に移住する6つの魅力を徹底解説!

アイキャッチ

 

近年観光地としてどんどん認知度の高まってきているフィリピン・セブ島。

 

そんなセブ島に移り住む「セブ島移住」をご存知でしょうか?

海外に「移住」と聞くとなんだか大変なことのように聞こえますが、スタイルは本人次第!

日本から近いセブだからこその気軽さや、2拠点生活期間限定など自由度の高いスタイルでの移住が可能なのです!

 

今回はセブ島移住についての魅力やどんな人におすすめか、また日本語でのサポート情報なども併せてご紹介します♫

 


セブ島移住について

セブ島移住の6つの魅力とメリット!


 

① 日本から近く、親日国家

 

フィリピン人の子供達

 

フィリピン・セブ島は日本から飛行機で約4時間半時差も1時間と大変気軽に訪れることができます。

セブ島は日本から最も近いアジアンリゾートなんです!

また、東南アジアのなかで日本に対して好感をもつ人が最も多い親日国家としても有名!

なんと国民の95%が日本に対して好感を持っています。

海外で生活をする際に、その国での日本の好感度は安心して生活できるかの重要なポイントとなります。

 

② 2拠点生活・期間限定でも可能

上記の通り、フィリピンと日本は大変近く時差もほぼなく気軽に行き来ができるため、2拠点生活が可能となります。

住まいについても日本よりずっとお得に綺麗なコンドミニアムや一戸建てなどを賃貸・購入ができ、選択肢が幅広いです。

また、現在ではウィークリーやマンスリーでの入居も可能なので、期間限定という形での移住もOK!

気軽にまずは1ヶ月から!なんていうお試しが可能です♫

寒い冬の期間だけという人や、花粉の季節のみなど、時期を選んで滞在したり、

子どもの英語教育のために、数年間の期間限定で教育移住をされる方も増えています。

 

③ 都会とリゾートが同時に楽しめる

 

ビーチに座る女性

 

世界中でもリゾート地として有名なセブ島ですが、実はセブ市はマニラに次いでフィリピンで2番目に大きな経済都市。

学校やショッピングモール、行政機関、オフィス、住宅、病院などがコンパクトに集まっており、街としても便利で住みやすいエリアです。

 

また、私たちが、「リゾート」としてイメージするエリアは、お隣のマクタン島にあり、都心部のセブシティとリゾートエリアのマクタン島との距離は近く車で30分〜1時間以内!

便利な都会と、リゾート気分を両方満喫できるのが、セブの魅力です。

リゾートホテルのデイユースやプライベートビーチ気軽に楽しむことができちゃいます。

更に少し足を伸ばせば、ジンベイザメウォッチングで有名なオスロブ、世界最小のメガネザル「ターシャ」や絶景「チョコレートヒルズ」のあるボホールなどに週末の小旅行として訪れることも可能!

 

▼あわせて読みたい!

【2020年最新版】セブ・マクタン島のビーチ付プール&デイユースまとめ
【2019年最新版】セブシティのホテルを1日利用できるデイユース&ウォークイン
【セブ島観光】おすすめ!オプショナルツアーまとめ

 

④ 英語圏&わかりやすい英語

 

コミュニケーションのイメージ

 

フィリピンは英語が公用語で、国内ほぼすべての場所で英語が通じます。

ご自身やお子様に英語力を身に付けたいという方には大変おすすめ!

 

また、観光客の多いセブ島は観光客慣れしているので、カタコト英語でもほぼ理解してもらえます。

フィリピン人はネイティブスピーカーのようなスピードでしゃべることはあまりないので、日本人にとって大変わかりやすい英語となっています。

 

⑤ コストパフォーマンスが高い(人手が借りられる)

日本に比べ物価がまだあまり高くないフィリピンでは、日本よりずっと生活費を抑えることができます!

日本人は自家用車がない限りタクシー移動が主な移動手段となりますが、セブ島では交通費がとても安く、タクシーも初乗りで40ペソ(80円)!

また、マッサージなどのサービスも600円〜と格安で受けることができます♫

特に人件費は大変安く、日本ではない習慣として、ヘルパーやベビーシッター、ドライバーなど、気軽に人手を借りやすい環境にあるので、子育てや生活の負担が軽く自由な時間が増えるのは、最大の利点かもしれません。

 

⑥ アジアの中でも気候が良く、花粉症がない

 

旅する女性

 

セブ島の気候は熱帯モンスーン気候に属し、乾季と雨季の2つの季節があります。

と言っても日本の梅雨のように毎日降るのではなく、スコールのように短時間でやむ場合が多く、一年を通して平均気温が26℃〜27℃とアジアの中では過ごしやすい気候となっています。

更に、花粉症がないのも魅力の1つ!

日本の寒い時期や花粉症の時期を選んで日本とセブの2拠点生活をされる方も多いです。

 


セブ島移住について

どんな人におすすめ?


 

セブ島移住をする方の年齢層は実に幅広く、様々な方がそれぞれの目的でセブ島に訪れますが大きく分けて3つの層に分かれています。

 

ビジネス目的で単身移住

 

ビジネスマンのイメージ

 

海外で働いてみたい!会社を立ち上げたい!

セブ島に単身移住してくる方は、20代から始まり海外就職やビジネスをスタートしたい方など様々です。

経済成長の最中にある東南アジアで働くこと・ビジネスをスタートすることは、日本では得られない「経済の成長」を肌で感じられる機会となります。

 

▼あわせて読みたい!

【フィリピン・セブ島会社設立・法人設立】セブ島でビジネスの始めるなら必読!日本人サポートで安心
フィリピン・セブ島で就職するならジョブポット

 

家族での移住

 

母娘のイメージ

 

お子様の英語学習のために海外移住をされる方。

リタイアメントビザ(永住ビザ)を利用してご家族で移住をされる方も多いです。

また、セブ島では「親子留学」という、親御さんもともに英語を学べる環境も整っています。

 

▼あわせて読みたい!

【セブ島・親子留学】とは?親子留学の魅力とメリットをまとめて解説!

 

ご高齢の方のリタイアメント移住

 

プールサイドに座る老夫婦

 

老後の生活を南国セブ島でのんびりと過ごすスタイルも人気です。

メイドさんも日給300円〜と気軽にお願いすることができるので、生活面でも人の手を気軽に借りながら生活できます!

「最後の楽園」と呼ばれるフィリピン・セブ島では日本での喧騒や忙しさを忘れ、ゆっくりと流れる時間を楽しむことができます。

 

▼あわせて読みたい!

最新版【フィリピンリタイアメントビザ】35歳から取得可能!フィリピン・セブ島で永住ビザを取得する
2020年版【35歳から取得できる!フィリピンのリタイアメントビザ】Q&Aまとめ

 


セブ島移住について

セブ島移住・視察ツアーに行こう!


 

旅行のイメージ

 

セブ島での移住に興味がわいたら、まずは「セブ島移住・視察ツアー」がおすすめ!

ご希望に合わせて視察場所のコースを組ませていただき、時間内に的確にご案内いたしますので、セブ島移住・長期滞在を検討している方に最適のツアーです。

セブ島の観光名所はもちろん、気になる語学学校や病院などにお連れいたします♫

 

▼実際のツアーの一例

Aさん(65歳・男性)
【目的】賃貸物件/医療関連/生活面/安全面の視察
【コース】マクタン等内のホテルにお出迎え→マクタン島1周→日本人会訪問→賃貸物件の視察→スーパーマーケットにて生活物価視察→語学学校→私立総合病院視察→ホテルへお見送り(合計:約7時間)

Bさん(35歳・33歳ご夫婦、5歳のお子様)
【目的】賃貸物件/学校関連/生活面/安全面の視察
【コース】セブ市内のホテルにお出迎え→インターナショナルスクール視察→リタイアメントビザを取得してセブ在住中の日本人ご夫妻のご自宅訪問&お話→スーパーマーケットにて生活物価視察→賃貸物件視察→私立総合病院視察→ホテルへお見送り(合計:約7時間)

 

このような感じで、旅行に来た際などの1日を使って視察ツアーをして移住について、現地のリアルな情報や環境を知ることができます♫

 

セブ島移住・視察ツアー

1名様 7,000ペソ
※2人目以降は1名様あたり2,000ペソ追加
(18歳未満のお子様は無料)

 

お申し込みは、下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

 

▼セブ島視察・移住ツアーについて更に詳しくはこちらから!
セブ島移住・視察ツアー

 


セブ島移住について

日本語対応サポートの利用がおすすめ!


 

セブ島移住に興味がわいた、移住したい!

でも、現地で困ったことがあった時には誰に相談すればいいの…?

 

サポートのイメージ画像

 

そんな時にセブ島在住・日本人スタッフ常駐のハテナソリューションズのサポートサービス!

セブ島移住に伴う様々なお悩みにお答え&面倒な手続きを代行サポートします♫

 

例えば…

 

・セブ島で住む場所を見つけたい

・子供を通わせる最適な学校を見つけたい

・お部屋にWiFiを引きたい

・銀行口座を開設したい

・セブでビジネスをスタートしたい

・永住ビザを取得したい

 

などなど、どんな悩みでもお気軽にご相談ください!

ハテナソリューションズは、セブ島で13年以上のある現地メディア「セブポット」のグループ会社です。

 

ハテナのスタッフ

 

セブ島でのお悩みに全て日本語でご案内しますので、ご安心くださいませ。

 

こちらの記事もあわせて読みたい!


セブ島で銀行口座開設サポート【日本人スタッフがお手伝い】

フィリピン・セブ島で運転免許取得!日本の運転免許証の切り替えを日本語でサポート。

【フィリピン・セブ島会社設立・法人設立】セブ島でビジネスの始めるなら必読!日本人サポートで安心

【日本語で安心!】セブ島で賃貸物件(住居、店舗、オフィス)探しのサポート。

セブ島で最適なインターネット環境を作る方法(オフィス、店舗、賃貸)

【セブ島・親子留学】とは?親子留学の魅力とメリットをまとめて解説!

最新版【フィリピンリタイアメントビザ】35歳から取得可能!フィリピン・セブ島で永住ビザを取得する

2020年版【35歳から取得できる!フィリピンのリタイアメントビザ】Q&Aまとめ

 

 

ご予約・お問い合わせ

※Eメールについての注意事項

■携帯メール(@docomo.ne.jp)(@ezweb.ne.jp)(@i.softbank.jp)のドメインで、下記例のようなメールアドレスの場合、弊社及び催行店舗よりメール送信ができないことがございますので、お手数ですがPCメールアドレスなどをご利用くださいませ。
・@の直前に「.」(ドット)がある。(xxxx.@xxxxxx)
・@の左側に「.」(ドット)が連続している。(xx..xx@xxxxxx)

■お問い合わせ送信後48時間以内に催行会社からメールが来ない場合
迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにもメールが届いていない場合は、再度お問合せフォームからお問い合わせをお願いいたします。