【セブ島・親子留学】とは?親子留学の魅力とメリットをまとめて解説!

親子留学アイキャッチ

 

親子留学」という言葉を耳にしたことはありますか?

フィリピン・セブ島では、お子様と一緒に保護者も語学学校へ留学し、親子共に英語を学べる「親子留学」が大人気です!

 

ヤシの木

 

フィリピン・セブ島で親子留学をする8つの魅力をまとめてみました!

 

1 . お子様と一緒に英語を学べる

2 . 幼児期のお子様でも留学ができる

3 . 子どもに慣れている語学学校も多く、安心して親子共に勉強に集中できる

4 . 海外親子移住の事前体験にもなる

5 . 期間も1週間〜1年までと自由度が高い

6 . カナダや、オーストラリア、その他の外国に比べ留学、生活面共にコスパが高い

7 . 住居、食事つきなので、日ごろの家事から離れることができる

8 . お休みの日は、リゾートやビーチも気軽に楽しめる

 

などが挙げられます。

また、お子様連れの海外旅行の新しいスタイルとしてであったり、上記にもあるように近年人気の高まっている親子移住の視察として、親子留学を利用する方が急増中!

 

あわせて読みたい!関連記事一覧


・子どもの英語習得にセブ島親子移住が人気!フィリピン・セブ島海外移住6つの魅力
・【ECCセブ校】社会人におすすめ!海外・フィリピンが初めてでも安心なECCセブ校

・【Howdy English Academy】シニアや親子の初セブ島留学におすすめ!リピーターも続々!
【First English】セブ島留学ブログでお馴染みの語学学校に潜入!
・【春・夏!セブ島ジュニアキャンプ】小学生~高校生まで対象!子どもだけで行く超おすすめ英語留学
・【ミライズ留学】これを読めば完全攻略!フィリピン唯一の社会人専門の語学学校・ミライズ留学の魅力に迫る!

 


【セブ島・親子留学】とは?

親子留学のメリット


 

親子

 

・マンツーマンレッスンで親子で英語力を高められる

世界的にグローバル化が進む中、お子様だけではなく親子で英語を話すことができるようになれば一石二鳥!
日本で高い英語学習を支払っても、英語力はなかなか身に付きませんが、セブ島の英語レッスンはマンツーマンが基本!
優しい先生としっかりマンツーマンで授業を受けることによって、英語が圧倒的に早く身に付きます。


英語が話せるようになるだけで、お子様の将来の選択肢も広がり、海外での生活や旅行などもぐっと快適になりますね♫

 

・親子で共通のゴールを持ち、絆が深まる

共通の目標を持つことで、お子様と一緒に勉強をしたりと親子の絆を深めるチャンスとなります。
特に小さいお子様であればあるほど成長も早い!負けないように一緒に切磋琢磨しましょう。

 

ハンモック

 

・勉強もリゾートも両方楽しめる

英語が公用語であるフィリピン、更にその中でもセブ島は観光地としても世界的に人気のスポット。
平日はしっかりと勉強して、週末は気軽にビーチやアイランドにバケーションも可能です!

セブ島には、ジンベイザメウォッチングや、美しい離島を回るアイランドポッピング、パラセイリングなどのマリンアクティビティなどがたくさんあります!
また日帰りで、高級リゾートを利用できる「デイユーズ」は特に人気で、気軽にリゾートライフが堪能できます。

 

 

・コスパ高く英語を学べる

アメリカやその他の英語圏で親子で学校へ通いながら現地で生活するのにはお金もかかってしまいます。
その点、フィリピン・セブ島であれば圧倒的コストパフォーマンスの高さで親子留学が実現します。

 

グローバルな子供のイメージ

 

 

・小さいお子様連れもOK! 

たとえばお子様お二人のうち、下のお子様がまだ小さく、上のお子様のみ英語教育をさせたい!という場合も問題ありません。
語学学校によっては、なんとベビーシッターさんが学校に常駐し、まだ英語学習ができない小さなお子様の面倒を見てもらえます。

 

・自由度が高い! 

親子留学にいく人の中には、親御さんも英語を学びたい!というご希望にも、親は英語なしで、お子様のみレッスンを受けるという選択肢も自由にできる学校があります。

 

・日ごろの家事から解放される! 

通常のセブ島の親子留学は、住居、食事、レッスンが料金に含まれています。
お部屋のお掃除や、お洗濯も他人の手を借りられるので、親子留学中は日ごろの子育てから少し開放されて、自分の時間をもてるのもお母さん、お父さんにとっては嬉しいですね。

 

・海外の生活で視野を広げたい

海外生活を通じてこそ得られるグローバルな視野は、日本で英語を勉強しても身につきません!
親子留学を通じてお子様の将来性を広げる機会を与えてあげませんか?

 

・気軽に海外の生活を体験してみたい

一度は憧れる海外生活ですが、実際に行動に移すには準備も費用もかかってしまいます。
親子留学の良い点は、気軽に1週間からでも参加できること!
フィリピンは日本から飛行機で約4時間半、時差も1時間と気軽に渡航できます。

 

また、フィリピン人の性格「ホスピタリティの高さ」「フレンドリー」さも暮らしやすさのポイント!

 

フィリピン人の子供達

 

違う国の人と街中で気軽におしゃべりしたりする経験は、お子様にとっても社交性を高める素晴らしい機会になる事は間違いありません。

 

では、気になってきたところで、具体的に親子留学とは?

どこに留学するの?費用は?など、詳しく紹介していきたいと思います!

 


【セブ島・親子留学】とは?

そもそも親子留学ってどんなもの?


 

親子留学のイメージ

 

保護者とお子様が一緒に参加するプログラムを、一般的に「親子留学」といいます。

諸外国では、保護者は語学学校などに通い、お子様は託児所・保育園・幼稚園・小学校などに通学するのが一般的ですが、

フィリピン・セブ島では親子留学に対応した語学学校で親子共に同じ学校に通うことも可能になりました!

 

参加するお子様の年齢は平均2〜12歳となり、高校生くらいの年齢になるとお子様単身留学になるケースも多いです。

 

費用はどれくらい?

お金の計算イメージ

 

親子留学にかかる費用は期間や学校、選ぶ生活環境によって異なります。

語学学校の親子留学プランは、宿泊施設もセットになっている場合がほとんどなので、楽々&安心です!

親子留学でかかる費用は、目安として親子2人、1週間で約20万円〜、1ヶ月で約40万~、半年で約120万円〜ほどとなります。

(上記料金は授業料のみならず、滞在費、食費、現地での交通費を含むおおよその目安です)

 

滞在中のビザはどうするの?

パスポート

 

親子留学に対応している語学学校では、滞在中に必要なビザや許可証の手続きは基本的に学校が代行してくれます!

 

①SSP:6,500ペソ(約15,000円)

SSP(就学許可証)は、滞在期間は関係なく学生であれば必ず取得しなければいけない許可証となります。

 

②観光ビザ

日本人はフィリピン入国後、30日間まで観光ビザ(事前手続き不要)での滞在が許可されています。
滞在が30日をこえる場合は、学校から観光ビザの延長申請をおこないます。

 

滞在期間 観光ビザ延長費用
30日未満 無料
5週間~8週間 3,140ペソ(約6,700円)
9週間~12週間 7,550ペソ(約16,000円)
13週間~16週間 9,990ペソ(約21,500円)
17週間~20週間 12,430ペソ(約27,000円)
21週間~24週間 14,870ペソ(約32,000円)

 

③ACR I-Card

ACR I-Cardは「Alien Certificate of Registration Identity-Card」の略で「外国人登録証」のことを指します。
滞在期間が59日(2ヶ月)を超える場合に取得義務が発生します。
学校の代行手数料を含め、3,500ペソ(7,500円)が相場となっています。

 


【セブ島・親子留学】とは?

セブ島でオススメの親子留学対応の学校


 

上記でも紹介したように、セブ島で親子留学をされるなら親子別々の学校に通うよりも、一緒の学校で授業を受けられる親子留学に対応した語学学校を選ぶのがオススメ!

ここでは、セブ島でオススメの親子留学対応の語学留学を紹介します。(五十音順)

 

ECCセブ校

ECCセブのキッズ教室

 

日本でも有名なECCといえば社会人などの大人向けの英会話スクールだけでなく、「ECCジュニア こども英会話教室」も有名ですよね。

日本に母体がある学校なら、安心感も一層アップ!

もちろんECC セブ校でも小学校1〜6年生を対象とした、子ども用のコース「Kids’ English Course」が用意されています♪

夏休みや春休みなどの長期休暇を使って、親子で留学される方もとっても多いんですよ!

 

▶︎あわせて読みたい!ECCセブ島について詳しくはこちらをチェック!
【ECCセブ校】社会人におすすめ!海外・フィリピンが初めてでも安心なECCセブ校

 

Howdy English Academy

Howdyのキッズ教室

 

親子留学で人気のHowdy English Academy(ハウディ イングリッシュ アカデミー)では、オーナーさんが日本で社会福祉法人檸檬会として認可保育園・認定こども園の運営を行なっています。

親子留学は不安なことも多いですが、Howdy English Academyはこのように日本で児童保育についての専門家が行なっているので、安心です!

ちなみにキッズ用教室のピングーのデザインは、プログラムの1つの子ども向け英語教材「ピングーイングリッシュ」に由来するもの。

日本での使用権を独占契約しており、セブでも使用できるのはHowdy English Academyのみ!

 

▶︎あわせて読みたい!Howdy English Academyについて詳しくはこちらをチェック!
【Howdy English Academy】シニアや親子の初セブ島留学におすすめ!リピーターも続々!

 

First English Global College

ファーストイングリッシュのキッズスペース

 

First English(ファーストイングリッシュ)は通常の留学コースだけでなく、親子で留学できる「親子留学コース」や、小学生から参加できる子ども向け留学「ジュニアキャンプ」などもあり、大人から子どもまで老若男女関係なく人気と評判の語学学校。

オーナーの本多さんは、日本の大手学習塾の1つ「明光義塾」を広島で複数教室経営している「学習のプロ」なんです!

また、ファーストイングリッシュでは親子留学用のファミリールームも2部屋用意しています♫

ファミリールームは、他の部屋と違い小さなお子様向けの机やおもちゃが置いてある、早い者勝ちの部屋!

▶︎あわせて読みたい!ファーストイングリッシュについて詳しくはこちらをチェック!
【First English】セブ島留学ブログでお馴染みの語学学校に潜入!

▶︎お子様だけの留学、ジュニアキャンプについて詳しくはこちら!
【春・夏!セブ島ジュニアキャンプ】小学生~高校生まで対象!子どもだけで行く超おすすめ英語留学

 

MeRISE English Academy

ミライズ校舎内

 

2019年に新築校舎で生まれ変わったMeRISE(ミライズ留学)は、施設の綺麗さやバラエティ豊かな親子留学のコースが魅力!

パパ・ママはニーズに合わせたオーダーメイドレッスン、お子様にも年齢に応じた英会話レッスンを。

それぞれの英語漬けの体験ができます。

また、帰国後も日本の姉妹校で留学前&留学後も勉強を続けることが可能です!

 

▶︎あわせて読みたい!ミライズ留学について詳しくはこちらをチェック!
【ミライズ留学】これを読めば完全攻略!フィリピン唯一の社会人専門の語学学校・ミライズ留学の魅力に迫る!

▶︎ミライズの日本姉妹校についてはこちら!
【ミライズ英会話】オシャレな英会話スクールで留学前後に英語力を伸ばす!

 


【セブ島・親子留学】とは?

まとめ


 

親子留学中の家族

 

現在セブ島では、語学学校の多くが親子留学に対応しており、スタイルや勉強内容なども様々!

是非、ご自身にあった学校・プランを選んでくださいね♫

どの学校を選べば良いかわからないなど、親子留学について気になる点や質問などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

 

あわせて読みたい!関連記事一覧


・子どもの英語習得にセブ島親子移住が人気!フィリピン・セブ島海外移住6つの魅力
・【ECCセブ校】社会人におすすめ!海外・フィリピンが初めてでも安心なECCセブ校

・【Howdy English Academy】シニアや親子の初セブ島留学におすすめ!リピーターも続々!
【First English】セブ島留学ブログでお馴染みの語学学校に潜入!
・【春・夏!セブ島ジュニアキャンプ】小学生~高校生まで対象!子どもだけで行く超おすすめ英語留学
・【ミライズ留学】これを読めば完全攻略!フィリピン唯一の社会人専門の語学学校・ミライズ留学の魅力に迫る!

 

ご予約・お問い合わせ

※Eメールについての注意事項

■携帯メール(@docomo.ne.jp)(@ezweb.ne.jp)(@i.softbank.jp)のドメインで、下記例のようなメールアドレスの場合、弊社及び催行店舗よりメール送信ができないことがございますので、お手数ですがPCメールアドレスなどをご利用くださいませ。
・@の直前に「.」(ドット)がある。(xxxx.@xxxxxx)
・@の左側に「.」(ドット)が連続している。(xx..xx@xxxxxx)

■お問い合わせ送信後48時間以内に催行会社からメールが来ない場合
迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑メールフォルダにもメールが届いていない場合は、再度お問合せフォームからお問い合わせをお願いいたします。